1
彼女と恋人期間を長続きさせる、ちょっとしたコツ10選

彼女と恋人期間を長続きさせる、ちょっとしたコツ10選

2,762 views

せっかく恋人同士になっても、なぜかいつも長続きしない……そんな人も多いのではないでしょうか。恋人期間を長続きさせるには、ちょっとしたコツが必要なのです。今回はそんなコツをpanpanがしっかりまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。


恋人期間を長続きさせるコツ1:「ありがとう」を忘れない


恋人期間を長続きさせるコツ1:「ありがとう」を忘れない

付き合い始めて最初の頃は、何をするにも楽しくて、ちょっとした相手の行動にも感動したりするものですよね。付き合いが長くなるにつれて、感謝の気持ちをつい忘れそうになることがあります。何かしてもらった時や、食事代を払ってもらった時、送ってもらった時など、だんだん日常化してくるいつものことだからこそ、「ありがとう」という言葉を忘れないようにしましょう。相手から感謝の言葉をもらうと、嬉しい気持ちになり、また何かしてあげたいという気持ちになるのです。


恋人期間を長続きさせるコツ2:すべてをさらけ出さない


恋人期間を長続きさせるコツ2:すべてをさらけ出さない

付き合い始めた時は、「この人が考えていることを知りたい!」と一生懸命話を聴きたくなるものですよね。それが付き合いが長くなると、だんだん相手のことが分かってくるので、謎の部分は減っていきます。ところが「相手が何を考えているのか分からない」部分があるからこそ恋する気持ちは高まっていくのです。いつも一緒にいるからと言って、すべての感情を伝える必要はありません。振り回さない程度に、ちょっとツンデレな態度をするのも良いでしょう。相手にすべてをさらけ出してしまわないことで、もっと近づきたいという気持ちになるのです。


恋人期間を長続きさせるコツ3:たまにはサプライズを


付き合いが長くなってくると感じる「マンネリ感」。これを打開するには、サプライズが一番です。プレゼントのサプライズだけではなく、いつもは料理を作らない彼が料理を作ってあげたり、突然デートに連れ出すのも良いですね。いつもと違うことをどちらかが計画し、相手を喜ばせるために頑張る姿は、キュンとします。特に男性が少し強引な感じでサプライズに連れ出してくれると、彼女は惚れ直すこと間違いないでしょう。


恋人期間を長続きさせるコツ4:相手のプライベートも大切に


付き合っているからと言って、ずっと一緒にいるわけではありませんよね。お互い楽しみにしている趣味や、友達と出かけることもあるはずです。そんな楽しみを取り上げられたり、束縛されるようなことがあると、相手は疲れてしまい、結局付き合いが終わってしまいます。相手のことを尊重し、一人になる時間も意識して作っておくと良いでしょう。そうすることで、二人の時間もより楽しいものへと変わるはずです。


恋人期間を長続きさせるコツ5:我慢しないで言うべきことは言う


ケンカをしたいというカップルはいませんよね。お互いのことを想うからこそ、言いたいことを我慢してしまうということはあると思います。けれど、言いたいことを何でも溜め込んでしまうのは危険です。結局ストレスになってしまい、最後には別れることになってしまうからです。相手の何が嫌なのか考えて、言葉を選んで相手に伝えるようにしましょう。その結果ケンカになってしまっても、相手のことを知るために必要なケンカなのだと考えることです。言うべきことはきちんと言って、二人で解決していくようにしましょう。


恋人期間を長続きさせるコツ6:時々相手を褒める


付き合い始めは「かわいいね」など褒めていたけれど、だんだん言わなくなってしまった、という人もいるかと思います。確かにいつも一緒にいると、飽きるというわけではないけれど、それが普通になってしまいますよね。けれど、女性にとって褒められるということは、とても嬉しいものであり、好きな人に言われたい言葉なのです。「最近言ってないな」と思ったら、意識して彼女を褒めるようにしてあげましょう。


恋人期間を長続きさせるコツ7:適度にヤキモチを妬く


お互いのプライベートを尊重するとは言っても、全くヤキモチを妬かれないと「この人本当に私のこと好きなのかな?」と不安になってしまいます。束縛するほどのヤキモチは困りますが、適度なヤキモチは「私愛されてるな」と感じて女性は幸せに感じるものなのです。冗談っぽく可愛くヤキモチを妬くと、女性としてはキュンとしてしまいます。


恋人期間を長続きさせるコツ8:一緒に何かを始める


付き合いが長くなってきたからこそ、何か新しいことを始めるのがおすすめです。共通の興味のあることだったり、友達のカップルと一緒にグループで始めてみたり、二人で始められるものを見つけてみましょう。相手のすべてを知っている、と思っても、新しい体験をすれば、相手の新たな一面が見れるはずです。そのことによって、お互いよりいっそう愛しい気持ちが芽生えます。普段から、面白そうなことがないかアンテナを張っておきましょう。


恋人期間を長続きさせるコツ9:お互いの譲れないポイントを知る


これだけは譲れない、というこだわりが人にはそれぞれあると思います。どうでも良いようなこともあるでしょうし、裏切りだけは許せない、といった真剣なこだわりもあるでしょう。そのことに関する会話をして、相手が何を譲れないポイントとしているのか知っておくと、深刻なケンカにはなりにくいです。お互いに何を一番重要視していて、何が許せないことなのか、普段の会話の仲でさりげなく聞いておき、そのことをなるべく理解してあげましょう。それだけで、別れるような深刻ないざこざはなくなるはずです。


恋人期間を長続きさせるコツ10:相手の家族を大切にする


相手の家族が近くに住んでいるのか、遠くに住んでいるのかにもよりますが、どちらの場合でも、相手の親を気遣ってあげるような発言は素敵です。彼女のことを大切にして、きちんと将来も考えているような印象を与えますし、親を気遣うような余裕のある感じを与えます。相手の家族や環境も理解しようとする姿勢が、大人な男性の余裕を感じさせるのですね。


いかがでしたか?恋人期間を長続きさせるコツは、意外と身近なことだったのですね。相手に長く好きでいてもらえるよう、思いやる気持ちが大切なのですね。

【編集部秘話】たった数千円でセフレが作れる「セフレマッチングサービス」がヤバすぎる件…

風俗やウリ専の女を捕まえると1~2万は安くても掛かってしまいますよね。エッチ大好きな私は、毎週末エッチなお店に行っては金欠になる日々を繰り返していました。

毎月のお金も痛いのですが、プロの女性ってやっぱり飽きてしまうというか、本当にエッチがしたくて相手をしてくれるわけではないので、なんだか物足りなくなってくるんですよね。

願わくば、自分の好きなときにエッチが大好きなエロい女性と好きなだけエッチがしたい…

そんなときに発見したのが、数千円使うだけでセフレができるサービスです。

セフレができるサービスとは、大手出会い系アプリのひとつなのですが、アダルト掲示板があり得ないくらい盛り上がっていて、そこに毎晩女の子からのセフレ募集の投稿が大量にアップされているんです…!

はっきり言ってこれには衝撃を受けました。。

そのセフレが出来るサービスというのが、PCMAX(R18)というサイト。

PCMAXバナー
老舗のサイトなのですが、大人の出会いを求める女性が集まっているサイトは、実質国内でココしかないです。セフレ募集専用の2ちゃんねるという感じですね。

私はガラケー世代の人間なので、出会い系サイトと言ったらサクラが多くて迷惑メールなどがたくさんくるイメージを持っていましたが、PCMAXはかなり健全に運営されているのも驚いたポイント。24時間対応で運営が監視して、なりすましやサクラが徹底的に排除されています。

10年前の出会い系と、今の出会い系とでは思い切りイメージが変わりました。実際に、現代の若者の2人に1人は出会い系サイトを使って異性と出会っている時代です。ネットでの出会いは若い世代を中心に一般的なものとなりました。

PCMAXは現在、東京の若い世代の女性中心に、急速に人気が広がっているサイトで、登録者数はなんと900万人にもなったとか…!


アダルト掲示板を使っている女性ユーザーの人数が多いので、サイト内の「スグ会いたい」の掲示板機能を使えば、最短1時間でセックスすることも可能です。

実際に筆者自身は、2000円使って1日で3人の女の子と連絡先を交換し、全員と会ってセックスをしてます。(うち2人は今でもずっと関係が続いてます)

もちろん、女の子にはビタ一文払っていないです。セックスしたい男と女が楽しくタダでセックスできるサイトがPCMAXなのです。


風俗なんてアホらしくなっちゃって使わなくなりました。様々な出会い系サイトやアプリを使いましたが、やはり純粋にエロい子とセックスできるという意味ではPCMAXが最高なんです。アダルト板を見てみるだけなら無料なので、ぜひみなさんも下記リンクよりPCMAXを登録してみてください。

PCMAXボタン
※無料会員登録後のプロフィール設定と認証は忘れずに!(法律を守ってるサイトなので、アダルト機能を使うには年齢確認が必須になってます)

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る