我慢汁でも妊娠する?精子との決定的な違い(味・成分・しくみ)を解説

我慢汁でも妊娠する?精子との決定的な違い(味・成分・しくみ)を解説

635,373 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
セックスやオナニーをした時、男性のペニスからは「我慢汁」と「精子」という2種類の分泌物が出てきます。この2つの分泌物の違いを詳しく知っている方は、男性でも少ないのではないでしょうか。そこで本記事では我慢汁と精子における味や成分などの決定的な違いについて、徹底的にまとめていきます。知っておいて損はない知識なので、ぜひ覚えておいて下さいね。


我慢汁=カウパー腺液のこと。精子との違いは?

精子って何?


興奮するとペニスの先端から出てくる、無色透明でネバネバした我慢汁。別名「先走り汁」と呼ばれる物質の正体は、尿道球腺(カウパー腺)液という射精前に尿道へ分泌される液体です。

エロ動画でAV女優が人差し指と親指で、糸を引かせている様子を思い浮かべる人も多いでしょう。我慢汁はその名の通り、男性が我慢できないくらい興奮した際に出る液体です。

我慢汁と精子は同じ尿道口から放出されますが、大きな違いは出るタイミングと色。先走り汁は透明で粘度が高いですが、精子は白濁~やや黄色がかった色です。精子は性的なオーガーズムに達さないと、放出されない特徴もあります。

性的に興奮して勃起するとまず我慢汁が滲みだし、射精の瞬間までジワジワと出続けます。言い換えると我慢汁は射精へのカウントダウンであり、準備段階といえるでしょう。


我慢汁でも妊娠する可能性はある!妊娠確率は5%とも

よく「我慢汁で妊娠した」といった話を聞きますが、それは本当なのでしょうか?結論からいうと我慢汁だけなら妊娠確立は0%。なのになぜ我慢汁で妊娠した人がいるのか…その謎を調査してみました。


我慢汁と一緒に精子が漏れ出している

実は我慢汁単体には、妊娠の可能性を高める精子は全く含まれていません。しかし我慢汁=射精が近づいているサインなので、知らずに睾丸から少しずつ精子が染み出す場合があります。

我慢汁と妊娠の関連性を調査した論文等は、現時点で存在しません。データがないのでハッキリした数字は不明ですが、排卵日や精子の量により最大で5%以上の妊娠確立があるとする医師も存在します。

はじめはナマで挿入、射精寸前でコンドームを付ける男性は、かなりのリスクを冒してセックスしているといえます。望まない妊娠を避けたいなら、我慢汁の中には精子が含まれる事実を覚えておきましょう。


我慢汁を触った手×手マンの妊娠確立は0ではない!

精子は空気に触れると短時間しか生きられません。しかし我慢汁を触った指ですぐに手マンすると、精子が生き続けて妊娠する可能性が出てきます。

我慢汁に含まれた精子の寿命は、オーガズムにより射精した精子と同じだけの寿命をもちます。一般的に3~4日は膣内で生き続けるといわれ、もし排卵日等と重なれば十分妊娠する場合が考えられるのです。

パンツがグッショリ濡れるほど、我慢汁を出す男性はとくに要注意!ナマでの挿入以外にも、妊娠する可能性があると認識しておきましょう。


我慢汁と精子の決定的な違い1:成分

我慢汁と精子の違いは、いったいどんな所にあるのでしょうか。まずそれぞれに含まれている成分に大きな違いがあります。我慢汁の主要な成分は尿です。尿に少量の精液が加わると、我慢汁やカウパー腺液と呼ばれるようになります。

一方で精子の主要な成分は精嚢腺から出る分泌物と、前立腺から出る分泌物といわれます。我慢汁と精子は作られる場所、含まれる成分が決定的に違うのです。


我慢汁と精子の決定的な違い2:味

我慢汁と精子は味にも多いな違いがあります。先ほど説明した通り、我慢汁の主な成分は尿です。尿には少量の汗も混じっているため、ほんのり塩味がします。

反対に精子は基本的に無味です。しかしその人の体の具合や生活習慣などにより、味は変わると考えられています。例えば一般的に、ヘビースモーカーの精子は苦身を感じるといわれます。

「精子って飲んでも大丈夫なの?」

このような疑問を抱いている女性は多いと思います。基本的に精子自体は飲んでも問題がありません。しかし男性側が性病などの感染症を持っていた場合、精子から女性にうつるケースがあり注意が必要です。


我慢汁と精子の決定的な違い3:色

3つ目の我慢汁と精子の違いは色です。男性ならよく知っていると思いますが我慢汁は尿が主成分のため透明、精子は白みが濃い色をしています。

余談ですが精子の色が薄く透明に近い色の方が、活発に働いている証といわれます。もし本当なら妊娠を望む女性にとって、男性の精子の色は薄い方が確立が高いといえるでしょう。


我慢汁はなんのためにある?

我慢汁はなんのために分泌されているのでしょうか?

「ガマン汁っていうくらいだから、精液を出すのを我慢するために出ているんでしょ…」

このように思ってはいませんか?しかしこれは謝った情報。我慢汁にはれっきとした役割があるんです。

我慢汁の役割はズバリ「精液の保護」。男性の精液は酸性に弱く、酸性の環境におかれると簡単に死滅します。反対に我慢汁は弱アルカリ性。精子の死にやすい尿道内や膣内の弱酸性の環境を、我慢汁が見事に中和してくれるわけです。言い換えると我慢汁のおかげで、精子の寿命が長くなるといえます。我慢汁にはこういった重要な役割があるのです。


また我慢汁はペニスを膣内へ挿入するときの、潤滑油的な役割があります。確かに我慢汁はヌルヌルしているので、ペニスに塗りたくれば滑りがよくなりそうですね!女性の膣内があまり濡れていなくても、我慢汁が多い男性ならそれだけでスルリと挿入できるかもしれません。

我慢汁・先走り汁の量は生存本能の強さや、男性力の強さに関係していると考えられます。我慢汁が出ているのをみると、女性は「我慢しちゃって〜かわいい♡、ウフフ」なんて思うかもしれません。しかし男性サイドからすると、我慢汁の分泌は「精子を残す」戦略なのです。実は我慢汁に関する研究は、そこまで多くありません。しかし我慢汁が多い男こそ繁殖力の強い男であり、真の勇者といえるのではないでしょうか。

射精をどのくらいガマンすると我慢汁が出るの?

みなさんが何気なく日々放出している「我慢汁」。この我慢汁は勃起してからどのくらいで出てくるか知っていますか?

「そんなの気にもしたことねーよ」といわれる方も多いかと思います。そりゃそうでしょう。はっきりいってどうでも良いですよね。とはいえ一応ご紹介しておくと、我慢汁は勃起後3〜10分程度で出始めるといわれています。

我慢汁の量は人によりさまざま。多い人もいれば少ない人もいます。長時間勃起すると我慢汁の量が増加、パンツにシミができた経験がある男性も少なくないでしょう。中には女性と話しているだけで我慢汁が出ちゃう…なんて人もいるみたいですね。

女性の皆さんは「我慢汁が出るのって気持ち良さそう!」と思うかもしれません。しかし我慢汁が出ているからといって、別に気持ちよくはありません。精子と違って「出てる…」という感覚すら感じない場合が多いです。


女性にも我慢汁はある?

あまり知られていませんが、女性の身体にも「我慢汁」と呼べるような分泌物があります。男性の我慢汁はアルカリ性で、精液を保護する役目を担っていると先ほど紹介しました。実は女性の膣内にも、全く同じ働きをする液体があります。

それは一般的に「愛液」と呼ばれているものです。


「ほ〜ら、もうこんなに濡れちゃって…」

「もうこんなにビチョビチョになってるよ…」

こういった時のヌルヌルの正体こそ、女性の我慢汁なのです。

「愛液」の正式名称は「膣分泌液」です。膣壁やスキーン腺、子宮頸管などから分泌された各種粘液で膣分泌液は構成されています。この膣分泌物はアルカリ性で、膣内の酸性度を下げ、妊娠しやすくさせるという働きがあることが分かっています。

「我慢汁たっぷり&膣内が愛液でヌルヌル」な状態でセックスすれば、それだけ妊娠の確立がアップ。お互い好き同士のラブラブなセックスこそ、最も妊娠に近い行為といえます。


我慢汁で妊娠しないための避妊法は?

「我慢汁がいっぱい出ると、妊娠しやすくなる」

この事実は裏を返すと、避妊なしのセックスは危険という意味。次からは我慢汁で妊娠しないための、おすすめ避妊法をご紹介していきますね。


コンドームをつける

まず一番にやっていただきたいのは、コンドームをつける避妊方法です。言わずと知れた避妊方法の定番中の定番ですが、昔も今も一番手軽かつ確実な避妊法といえます。

コンドームをつけるタイミングは勃起した直後。我慢汁には精液が含まれているため、「一旦生で挿入して、射精しそうになってからコンドームをつけよう…」といった浅はかな考えは危険。勃起したらすみやかにコンドームを装着しましょう。


低容量ピルを飲む

より確実に避妊したいなら、女性に低容量ピルを飲んでもらう…という選択肢があります。低容量ピルの成分は「エストロゲン」と「プロゲステロン」。2つの女性ホルモンが複雑に働き、女性の体は妊娠中のような状態になります。その結果排卵が抑制され、精子が膣内に入っても妊娠しなくなるのです。

ピルを毎日忘れずに飲んでいれば、我慢汁が膣内で大量に出たとしても妊娠の確率は限りなく低くなります。膣内で射精しても、卵巣に精子が着床する可能性は限りなく0に。我慢汁が多めの方は、彼女や奥様にピルを飲んでもらう選択肢も考えられるでしょう。


アフターピルを飲む

「勢いでセックスしてしまった…」

「膣外射精したけど我慢汁は彼女の膣内に入ってしまった…」

このような場合どうしても妊娠が心配なら、アフターピルを飲む方法があります。

アフターピルを日本語に訳すと緊急避妊薬。アフターピルは女性のホルモンバランスを崩し、強制的に生理状態に持っていきます。そのため妊娠の可能性が心配なセックスの後にアフターピルを飲むと、精子の着床を防げるという仕組みです。

ただしアフターピルが効果を発揮するのは、セックスの3日後(射精後72時間以内)まで。それ以降は十分な効果が見込めないので気を付けましょう。またアフターピルを飲むと辛い副作用がでる人も。身体的負担の大きい緊急避難的な薬といえるでしょう。アフターピルは通販で手に入りますが、個人で購入するのはおすすめしません。欲しい人は病院で処方してもらいましょう。

その他の「我慢汁」や「精子」についての素朴な疑問まとめ

最後に我慢汁や精子のよくある疑問とその答えをまとめました。我慢汁や精子の理解を深めれば、性生活の充実につながります。ぜひ3つの豆知識を覚えておいてくださいね。


我慢汁や精液の分泌量を増やすためには?

「我慢汁をもっと出したい!」

「精液の分泌をもっと増やしたい!」

このように思っている方は多いと思います。そんなあふれる性欲を持つ方のために、我慢汁と精液それぞれの分泌を増やす方法をまとめました。

まずは我慢汁です。オナニーやセックスの時に 我慢汁の分泌を増やすためには、「とにかくペニスへの刺激を増やす」方法が必要になります。少しでも我慢汁を多く出したいならば、色々な角度からペニスに刺激を与えるようにしましょう。

・手コキ

・フェラ

・オナホ

こういったペニスへの刺激を強めれば、我慢汁の分泌が増加する可能性が高まります。たくさん我慢汁を出したいなら、強めの刺激をペニスに与えましょう。強い刺激であればあるほど、我慢汁の分泌量は増えていきます。

精液の分泌量を増やす方法は、我慢汁ほど簡単ではありません。なぜなら精液の分泌量を増やすためには、体内で製造される精液の量自体を増やす必要があるからです。体内に貯蔵される精液量を増やすためには、以下の行動が有効といわれます。

・1週間程度のオナ禁

・禁煙

・筋トレ

・十分な睡眠

・亜鉛などの十分な栄養摂取

精液を増やすには、オナ禁や筋トレなど生活習慣の改善が必要になります。健康的なライフスタイル=精子が増加、といった図式が成り立つのです。精力サプリなどもありますが、土台となるのは栄養と健康管理。できる範囲から生活習慣の改善を行うようにしましょう。


我慢汁が多い男性は早漏って本当?

「我慢汁が多い男性って早漏な気がする…」

このように思っている女性が多くいるようです。しかし厳密には「我慢汁が多い=早漏」というのは正しくありません。正しくは、「我慢汁がたくさん出るほど興奮しているから、挿入してもすぐに射精してしまう」といった方が正確です。

大量の我慢汁は、男性が性的興奮を感じてるサインに他なりません。つまり我慢汁の分泌が増えるほど、強い性的刺激を受けている証拠といえます。

我慢汁が大量に分泌されている時、男性はMAXに近いレベルで興奮しています。いざ膣に挿入すると、すぐ射精するのも仕方ないのです。

少しでも挿入時間を伸ばしたいなら、我慢汁が分泌される前にセックスをスタートさせまましょう。興奮が高まっていない状態でセックスを開始すると、必然と挿入時間も長くなるはずです。


我慢汁と精子はそれぞれどこで作られる?

ともにペニスから分泌される我慢汁と精子。しかしこの2つはそれぞれ体内の別の場所で作られています。

我慢汁が作られる場所は尿道球腺 です。別名カウパー腺とも呼ばれます。我慢汁の正式名称がカウパー腺液なのは、尿道球腺(カウパー腺)で作られるからに他なりません。尿道球腺はペニスの奥深くの、前立腺付近にある豆粒大の器官です。

一方精子は精巣で作られます。いわゆる「金玉」にあたるところですね。ここで精子が作られ、精管や前立腺を通って尿道から射出します。また精子の通り道には、我慢汁が作られる尿道球腺が存在。ここで精子と我慢汁が混ざり合うのです。


まとめ:我慢汁でも妊娠の可能性あり!挿入時にはゴムを付けよう

いかがだったでしょうか。ここまでまとめてきたように、我慢汁と精子はさまざまな違いがあります。今まで我慢汁も舐めていた女性は、「我慢汁が尿だったなんて…」と驚く人もいるかもしれません。さらに我慢汁には、少量の精子が混ざっている事実も見逃せません。これからセックスをする時は、勃起をしたらしっかりとコンドームを付けるようにしましょうね!以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


〇関連記事

我慢汁で妊娠した!→実はそんなことは100%ありえない真実

我慢汁が止まらない!彼をおかしくさせちゃう焦らしのテク 4選


【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人とセックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。


たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る