1
遠距離恋愛から結婚するためのコツ 8選

遠距離恋愛から結婚するためのコツ 8選

553 views

付き合っている相手と仕事や引っ越しが理由で、やむを得ず遠距離恋愛になっているカップルはたくさんいます。好きな人となかなか会えないのは辛いことですよね。遠距離恋愛を早く終わらせるには、結婚が一つのゴールの形です。今回は遠距離恋愛から結婚するためのコツをご紹介します


遠距離恋愛から結婚するためのコツ①:離れる際に、将来について話し合う


遠距離恋愛から結婚するためのコツ①:離れる際に、将来について話し合う

遠距離恋愛は、離れる時の話し合いが大切です。遠距離になることで、これから付き合っていくには多くの不安と、会うたびに多額の交通費などが必要になることが予想されます。精神的にも金銭的にも負担を抱えても交際を続けるということは、「将来一緒になるため」というはっきりした目標がないと、遠距離恋愛は続きません。

離れる際、しっかり話し合う機会を持ち、お互いの将来に向けた思いを確認し合っておきましょう。言葉に出して確認し合うことで、お互いへの信頼感や絆が強まり、遠距離恋愛を乗り越える糧になります。


遠距離恋愛から結婚するためのコツ②:共通の目標を決める


遠距離恋愛から結婚するためのコツ②:共通の目標を決める

遠距離恋愛でとても危険なのは、恋人と離れて生活することになり、束縛の無い自由な生活が楽しくなり、心が少しずつ離れてしまうことです。それを防ぐために、二人で決めた将来に向けて共通の目標を決めましょう。

結婚に向けて目標を決めるのであれば、お互いに貯金額を決めて貯めていくのが一番です。一緒に貯金すると、最悪別れる事になったときにややこしいことになるので、お互いがそれぞれ月の貯金額を決め、それぞれの口座に貯めていきます。貯金するという縛りを設けておけば、お互い羽目を外さず、節度のある生活を送ることにもなるでしょう。


遠距離恋愛から結婚するためのコツ③:続けることが可能なルールを決める


遠距離恋愛は、毎日が不安の連続です。連絡がつかないと、たとえ仕事が長引いているだけでも、連絡を待っている方は良からぬ疑いを想像してしまいます。そしてそれが重なれば、お互いにとって恋愛がストレスになり、遠距離恋愛自体が続行不可能になってしまいます。

そこで、毎日続ける二人だけのルールを作りましょう。例えば、寝る前に一日何があったか電話で報告する、朝はモーニングコールをするなど、少し面倒かもしれませんが、何とか続けられることを決めます。そうすれば、そのルールを守り続けること自体が相手への信頼につながりますし、ルールだらけの結婚生活の予行練習にもなるのです。


遠距離恋愛から結婚するためのコツ④:共通の知り合いを増やす


遠距離恋愛では、いかに相手を信じ続けられるかが鍵となります。その強力な手助けをしてくれるのが、共通の知り合いです。転勤や引っ越しなどで遠方に行った人は、その土地で出来た知り合いをパートナーに紹介しましょう。そうすれば、紹介された方は「ここにも、彼(彼女)に恋人がいることを知っている人がいる」ということで、浮気などの心配を少し薄めることが出来るのです。


遠距離恋愛から結婚するためのコツ⑤:会う時には、1度は結婚の話題に触れる


結婚というのは人生の中の大きなイベントで、決断するにも時間がかかりますし、結婚の準備にも時間がかかります。ボヤボヤしていたら、数年があっという間に経ってしまうでしょう。そのため、遠距離恋愛から結婚しようと思えば、会えた時に、少しずつ結婚への意識を高めていかなくてはなりません

いつ頃に結婚するか、時期はどれくらいがいいか、場所はどこでするのか、新居はどうするかなど、お互いが楽しんで話せる雰囲気の中で話を進めていきましょう。但し、こういう話を進める中では、どちらかが前のめりで結婚話をしてしまい、もう一方がストレスを抱えてしまうことがよくあります。お互いの気持ちを揃えながら話をするようにしましょう。


遠距離恋愛から結婚するためのコツ⑥:お互いのお金事情を把握する


遠距離恋愛は何かとお金がかかります。そして、結婚資金にもお金がかかります。この2つを二人で乗り越えようと思えば、お互いのお金事情を知っておくべきです。お給料がいくらで、どれくらいの生活費が必要なのか、現在の貯金額はどれくらいで、毎月どれくらいの貯金が可能なのかなどをお互いに見せあいましょう。

そうすると具体的に結婚費用としてどれくらいをゴールにするかも設定できますし、会う頻度や内容も見栄ナシで話すことができます。何よりお金というのは、誰にとってもとても大切なものなので、それを相手に包み隠さず見せることで、信頼関係が更に強まるのです。


遠距離恋愛から結婚するためのコツ⑦:親に紹介する


結婚することをより確実にしようと思えば、親は最大の協力者となってくれます。なぜなら、どの親も子供が結婚して幸せになることを願っているからです。遠距離恋愛をしていると、たまに会える日は二人でまったり過ごしたいのが本音かもしれませんが、そこは二人の将来のために我慢し、お互いの両親に「将来的に結婚しようと思っている」ということを伝えて紹介しましょう。

そうすれば、結婚の弊害になっているものを親も一緒に取り除こうとしてくれますし、二人の結婚がより具体的になってきます。金銭的なものも、もしかすると協力してくれるかもしれませんよ。


遠距離恋愛から結婚するためのコツ⑧:デートで結婚式場を見に行く


遠距離恋愛では会える機会が少ないので、その機会を結婚に向けて使うことが大切です。デートで結婚式場とまで行かなくても、素敵な教会を見に行ったり、結婚雑誌を一緒に見て「これ、いいね!」と話し合ったり、二人の間の結婚に対するボルテージを上げていくことが大切です。

大抵、こういうことには女性の方がテンションが上がってしまいがちですが、男性も負けずに自分の理想の結婚スタイルを頭の中に構築していきましょう。

いかがでしたでしょうか。遠距離恋愛というのは誰もがマイナスに受け取りがちですが、実はお互いにとって大事なものが見えやすくなる絶好の機会でもあります。相手となかなか会えなくなることで、自分の中の相手に対する気持ちを再確認できたり、結婚に対して決断が出来たりするのです。二人でしっかり話し合い、素敵な将来に向けて手を取り合い歩いていってくださいね。

【編集部秘話】たった数千円でセフレが作れる「セフレマッチングサービス」がヤバすぎる件…

風俗やウリ専の女を捕まえると1~2万は安くても掛かってしまいますよね。エッチ大好きな私は、毎週末エッチなお店に行っては金欠になる日々を繰り返していました。

毎月のお金も痛いのですが、プロの女性ってやっぱり飽きてしまうというか、本当にエッチがしたくて相手をしてくれるわけではないので、なんだか物足りなくなってくるんですよね。

願わくば、自分の好きなときにエッチが大好きなエロい女性と好きなだけエッチがしたい…

そんなときに発見したのが、数千円使うだけでセフレができるサービスです。

セフレができるサービスとは、大手出会い系アプリのひとつなのですが、アダルト掲示板があり得ないくらい盛り上がっていて、そこに毎晩女の子からのセフレ募集の投稿が大量にアップされているんです…!

はっきり言ってこれには衝撃を受けました。。

そのセフレが出来るサービスというのが、PCMAX(R18)というサイト。

PCMAXバナー
老舗のサイトなのですが、大人の出会いを求める女性が集まっているサイトは、実質国内でココしかないです。セフレ募集専用の2ちゃんねるという感じですね。

私はガラケー世代の人間なので、出会い系サイトと言ったらサクラが多くて迷惑メールなどがたくさんくるイメージを持っていましたが、PCMAXはかなり健全に運営されているのも驚いたポイント。24時間対応で運営が監視して、なりすましやサクラが徹底的に排除されています。

10年前の出会い系と、今の出会い系とでは思い切りイメージが変わりました。実際に、現代の若者の2人に1人は出会い系サイトを使って異性と出会っている時代です。ネットでの出会いは若い世代を中心に一般的なものとなりました。

PCMAXは現在、東京の若い世代の女性中心に、急速に人気が広がっているサイトで、登録者数はなんと900万人にもなったとか…!


アダルト掲示板を使っている女性ユーザーの人数が多いので、サイト内の「スグ会いたい」の掲示板機能を使えば、最短1時間でセックスすることも可能です。

実際に筆者自身は、2000円使って1日で3人の女の子と連絡先を交換し、全員と会ってセックスをしてます。(うち2人は今でもずっと関係が続いてます)

もちろん、女の子にはビタ一文払っていないです。セックスしたい男と女が楽しくタダでセックスできるサイトがPCMAXなのです。


風俗なんてアホらしくなっちゃって使わなくなりました。様々な出会い系サイトやアプリを使いましたが、やはり純粋にエロい子とセックスできるという意味ではPCMAXが最高なんです。アダルト板を見てみるだけなら無料なので、ぜひみなさんも下記リンクよりPCMAXを登録してみてください。

PCMAXボタン
※無料会員登録後のプロフィール設定と認証は忘れずに!(法律を守ってるサイトなので、アダルト機能を使うには年齢確認が必須になってます)

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る