1
女性が男友達を異性として意識する瞬間 10選

女性が男友達を異性として意識する瞬間 10選

20,865 views

男女の仲とは面白いもので、初めから異性として意識する関係もあれば、最初は異性として意識していなくてもあることをきっかけで異性として意識し始める場合もあります。今回は女性が貴方を異性の男性と意識する瞬間をご紹介します!


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part1】メールや会話などのやりとりが増えたと気づいたとき


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part1】メールや会話などのやりとりが増えたと気づいたとき

職場や学校等で同級生や同僚として出会い、何かあったときに備えて軽い気持ちでお互いの連絡先を交換することはあると思います。男性側は気になる女の子という意識は多少あるかと思いますが、女性は最初から異性として意識しているのでなければ深く考えてないことが多いです。何かあったとき、一緒にどこか出かける約束をしていたけど電車が遅れて遅刻するとか、急用でいけなくなったとき等にメールや電話をしなければというマナーや業務連絡の面を考えてる場合が多いです。

しかし、何かをきっかけにお互いの共通の趣味とか関心事をメール等で話した場合に、彼女はふと貴方に共感し、異性として意識する場合があります。この場合、話しが盛り上がるのに伴って連絡の回数も増えていきますよね。

女性は右脳が発達していて感情や感性で物事を受けとける傾向があるため、「好きな趣味」などの話は女性の心によく響いて、これが異性として認識するきっかけになりやすいのです。メールや会話のやり取りが増えて彼女が嫌がる素振りがなければ、彼女は貴方を異性として意識し始めていると考えてよいでしょう。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part2】男性が自分に好意を持っていると知ったとき


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part2】男性が自分に好意を持っていると知ったとき

女性は男性を異性として意識するまで鈍感な生き物です。貴方が彼女に対し好意を持っていることを彼女が気がついたとき、彼女はあなたが自分に共感できる異性だと認識していれば、彼女は貴方に異性として好意的に意識します

この段階の女性はまだまだ貴方を冷静に観察していますので、貴方は彼女に対するだけでなくすべての人に対して親切丁寧に誠実に接するように心がけましょう。この段階の女性はシビアに貴方の一挙手一投足を観察しています。

彼女が貴方を異性として意識したタイミングを知ることは結構難しいと思います。知る方法としては、体の距離を物理的に近づけて彼女が体をそらすかどうかなど、直接的な反応で探ってみましょう。但し、この段階の女性心理は複雑なので確実に知ることは難しいです。お酒を一緒に飲むとかお茶を一緒に飲むとか彼女が構えないところからアプローチして彼女の反応を見ていきましょう。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part3】苦しいとき、悲しいときに優しくされたとき


女性は感情の生き物ですので、貴方と比べて苦しいとか悲しいといった感情に振り回されているときは意外と多いです。時には感情を抑えて普段生活している女性もいますが、大抵男性より女性は感情に左右されて生活しています。

女性は感情の生き物ですので、苦しいとき、悲しいときに優しく共感してもらえたらそれだけで、彼女の貴方に対する気持ちは大きく変わります。正直面倒くさいと思うかもしれませんが、このときこそがチャンスです。面倒くさい気持ちは隠して彼女に対して優しく接してあげましょう。必ずしも彼女の感情を理解する必要はないのです。「よくわからないけど悲しんでいるようだから慰めよう」という気持ちで優しい声をかけ、話を聞いてあげましょう。

ここでのポイントはあくまでも悲しんでいる、苦しんでいることに対し共感して、自分は受け止めているという気持ちを彼女にアピールしたらいいのです。彼女は自分の事をわかってくれたと気持ちが軽くなり、貴方に好意を持ちます。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part4】周りから「付き合えばいいのに。」と勧められたとき


女性は異性として男友達を見るまでは鈍感な生き物ですから、貴方が好意をもっていてもなかなか気づきません。ですので、貴方と彼女を知る共通の友人等から「付き合うこと」を勧められると急にはっと気づきます。

周りから付き合えばと勧められる前に貴方のよさを女性にアピールしておきましょう。貴方に対する彼女の気持ちが少しでも好意的なものであれば、周りの人の言葉で彼女は貴方を異性として意識して見るように気持ちが変わります。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part5】急に手を繋がれたとき


感情の繋がりよりも体の繋がりと申しましょうか、男性の手は女性と比べて逞しく頼りがいがあり、つなぐと安心するものです。貴方に急に手を繋がれたとき、彼女の体は気がづきます。「お友達ではなく異性とである」ということをまず「体が意識する」のです。

そのあと、これまでの貴方とのかかわり方が彼女にとって好意的であった場合、彼女の気持ちは貴方を異性として意識するように変わるのです。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part6】二人で力を合わせて仕事をしたとき


一緒に共同して仕事をするということは、貴方を異性として彼女に意識させる大きなきっかけとなります。仕事は難しい局面もあれば簡単な局面もあります。難しいときも難しくないときも、貴方がリードしつつサポートしていることを彼女に気づかせることができれば、貴方に対する彼女の気持ちは「仕事の関係」から異性として意識するように変わってきます。

女性は男性に保護されたいという欲求を潜在的に持っている生き物です。その特徴を最大限に生かすようにしましょう。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part7】視線がやたら合うと感じたとき


「目は口ほど物を言う」と言います。貴方は彼女の目をしっかりと見るようにしましょう。意味ありげな深い眼差しで見ることが肝要です。深い眼差しで見られると、女性は最初は驚き、そして考えます。女性は感情や感性で物事を捉える傾向にあるため、その深い眼差しの意味を感性で捉えます。何度も見られているうちに彼女は貴方を異性として見るように気持ちが変わっていきます。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part8】細身なのに筋肉があるなどのギャップを感じたとき


女性と男性の体は大きく異なります。女性の体はよほど鍛えてない限りやわらかいです。女性は男性に保護されたいという欲求を潜在的に持った生き物です。貴方の逞しい体を見た瞬間に、彼女の心はその逞しい体に守られたら自分は安心できるだろうなと気づきます。その瞬間彼女の貴方を見る目は、異性を見る目へと変わっていきます。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part9】普段強がっている男性に弱いところを見せられたとき


女性は感情や感性で物事を受け止める生き物です。普段強く見えて全く弱いところが見えない貴方がふと弱い貴方を見せると、女性は自分の持ってる弱い自分と重ね合わせて共感し、何とかしてあげたいと思うのです。その瞬間彼女の気持ちは貴方を異性として見る目に変わってくるのです。

女性は貴方を異性として意識するまで鈍い生き物です。貴方の良さをアピールするためにも強い頼れる自分ばかり見せるのではなく、たまには弱っている自分もアピールしてください。逞しい貴方に既に好意的に思っている彼女の気持ちは目覚め、貴方を異性として意識するようになるのです。


【女性が男友達を異性として意識した瞬間part10】一人の女性として扱ってくれていると感じたとき


女性はいくつになっても女性です。普段日常生活を送っていると、忙しさのあまり女性として扱ってもらえる瞬間は意外とないものです。女性も女性として扱われることを意識することすら忘れているときに、ふと思い荷物を運んでいたら代わりに運ぶとか、高い位置の書類を取ろうとしたら代わりに取るとか、それだけでも女性は一人の女性として扱われていることを意識します。

彼女は貴方を頼りがいがある異性であると意識するように変わります。女性は男性に守られたいという保護欲があります。この特性をしっかり活かす様にしましょう。


いかがでしたか。女性は異性の友人関係として始まった場合、貴方を異性として意識するまで時間がかかりますし、鈍感です。女性は男性に守られたいという保護欲が潜在的にあること、感情や感性で物事を捉える傾向があること、ギャップがあるとふと気がつくこと等の特徴を意識して彼女に接していれば、貴方を異性として意識し始める日は遠くないでしょう。

※出会い系アプリ「PCMAX(ピシマ)」で出会いたい方必見!下記記事を読んでみてください!↓↓

■関連記事:出会い系歴20年の筆者がピシマを神アプリ認定する6つの理由


【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかります。プラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかります。お金持ち以外だと高いですよね。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、もっと安く簡単にエロい女とセックスができます。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

女性は男性以上に性欲があるんです。女性は社会性が高く、友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人

最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。
jmail

Jメールがいわゆる”出会い系”と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。”セフレ探し”、”不倫相手探し”、”一晩だけエッチする相手探し”など、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てみてください。
Jメール

「池袋か新宿で、2時間だけ癒やしてくれる人、即ハメ希望」
「Gカップです。おっぱいにたくさん精子を出してほしい。。」
「今池袋のトイレでオナニーしてます。誰か男の人来て。早く挿れてほしい」

などなど、全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱい写メなど、エロ写メもかなりアップされて、エロい女が選び放題です。もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会って即セックスもいいですし、カラオケなどでキスや乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しいです。

女の子の新着投稿に対してメッセージを送れば、だいたい1~2000円でアポが取れて、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます。

筆者の場合は、メッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、そのままホテルで即セックス。ホテル代も3~4000円程度でできちゃいます。

相性が良ければそのままセフレもアリですが、次から次へと会えるので、可愛くて、エロくて、軽いノリの子をセフレにしましょう。メンヘラーは即リリースで。ガンガンセックスしちゃいましょう。


※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。


今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

Jメールスタートダッシュキャンペーン

無料ポイント1000円で、十分女の子と出会うことは出来ますが、4人5人と連絡先を交換して好みの女の子を吟味するなら、無料ポイントだけでは厳しいです。
1発目のアポで、必ずしも理想のヤリマン美女とアポが取れるとは限らないので、Jメールで遊び尽くすには、できれば課金して複数の女とヤリまくったほうが良いです。

そこでオススメなのが、現在開催中の600万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、かなりオトクにポイントが買えます。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするのがポイントです。

特に今は、クリスマス・年末年始が近いため、女の子のログイン率がかなり増えているので、スタートダッシュキャンペーンを利用してがっつりマッチングしまくるのが圧倒的に効率的です。(初心者は3000円~5000円程度の課金で十分。月額制ではないので、これだけ買えば来年4月くらいまで十分すぎるほど遊べます)

たった3000円程度の投資で、年末年始セックスし放題。セフレだらけの一年をスタートできるなら最高です。セフレなら、一生タダでセックスできますし、オプション代なんてけち臭いものを払う必要もありません。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

スタートダッシュキャンペーンはいつまで続くかわからないので、オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。


※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る