江戸時代の驚愕の避妊方法6選(魚の浮き袋コンドームなど)

江戸時代の驚愕の避妊方法6選(魚の浮き袋コンドームなど)

1,723 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
性に解放的だった江戸時代。でも、望まれない妊娠はしたくない。そんな江戸時代の驚愕の避妊方法をご紹介しましょう。


江戸時代の避妊方法①とにかく洗浄


江戸時代の避妊方法①とにかく洗浄

男と女はが激しくまぐわった後、あまりにも気持ち良すぎて、男が中出ししてしまった!なんて時は女は急いで膣洗浄するのが一般的でした。遊郭のトイレには遊女たちが膣洗浄ができるコーナーが設けられ、エッチの後はそこでゴシゴシ膣洗浄をしていました。でも、中出しされた精液はそんな簡単に洗い流されるはずもなく、元気な精子はアッというまに子宮に到着し子供が孕んでしまうはめになってしまうんです。


江戸時代の避妊方法②甲形(かぶとがた)などのカバー


江戸時代の避妊方法②甲形(かぶとがた)などのカバー

江戸時代の避妊方法で男側が避妊するのには甲形というペニスカバーのようなものがあったようです。なんと!素材は薄くのばしたなめし皮や、べっ甲、水牛の角などを加工してペニスに被せていたんだとか。どうするん?!て言ってしまいたくなるでしょう。そんないかにも痛そうなもの被せてエッチする〜??まあ、実は大人のオモチャ的な使い方をしてたかも?という説が濃厚ですけどね。避妊の効果以前に痛すぎて中出しするに至らなかったはず。


江戸時代の避妊方法③魚の浮き袋


こちらは今のコンドームの原型ともいえる魚の浮き袋。コレをペニスに被せて膣内射精していたようですが、この魚の浮き袋はとにかく薄くて弱い。だから膣に挿入後上下運動したとたんアッという間に破れたため避妊効果はなかったようです。でも、コンドームの原型に近かったのは事実。


江戸時代の避妊方法④和紙タンポン


男側が避妊するばかりじゃなく、女側が避妊する方法もありました。薄い和紙のような「御簾紙」というものをまるめて膣に入れる避妊方法。特に遊郭の遊女たちは「御簾紙」をエッチする前に口に含んで湿らせてサッと膣に押し込んで男を喜ばせていたみたいです。「御簾紙」は今でいうペッサリーのような役割を果たしてたんでしょうね。でも、しょせん紙ですから薄過ぎてペニスが入ったとたんにペリペリ〜。いやいや、膣に入ったとたんに破れてるのかもしれませんね。とにかく、精子をキャッチすることはできなかったのは確かでしょう。


江戸時代の避妊方法⑤避妊薬


江戸時代にも避妊薬と呼ばれるものが存在していたのには驚き!!「朔日丸」(ついたちがん)と呼ばれる避妊薬が人気でした。「朔日丸」という名の通り毎月の1日に一錠飲むだけでその月の避妊効果が期待できるというピルのような薬だったんです。当時女のトイレには「朔日丸」の効能が書かれたポスターのようなものが貼られていたようで、口コミで広がっていました。でも、実際はその効果は疑わしくサギまがいな方法で売られていたんです。そもそも、成分は何?!って感じで怖すぎ。


江戸時代の避妊方法⑥へそお灸


江戸時代特に遊郭の遊女たちの中で行われていた避妊方法はお灸をすることでした。その方法がユニークで「2月2日にへその下にお灸をすると妊娠しない」というおまじない的な方法が実際行われていたのです。2月2日になると遊郭の遊女たちは一斉にへそお灸をしてたという話しですが、もちろん迷信で医学的にもなんの根拠がなかったとか。お灸ならそんなに危険でもないから手軽にできるため、やりやすい避妊方法だったんでしょうね。でも、モクモクとへそから煙りを出してる遊女たちの姿は面白い光景ですよね。

いかがでしたか?江戸時代の避妊方法にはビックリですが、それでも女たちは自分の身体を守るため必死だったんでしょう。以上panpan(パンパン)編集部からお届けしました。

関連記事:コンドームの本当の避妊率は80%?!完璧に避妊出来ない理由

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。


そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

課金額も最低1000円からなので、ラーメン1杯ぐらいの金額でセフレが作れると考えればお得ですよね。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は3000円課金して5人のセフレが作れました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で5人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る