1
ペニスの大きさを地球上の動物達で比較してみた

ペニスの大きさを地球上の動物達で比較してみた

50,786 views

男性にとってペニスの大きさって気になるものですよね。自分のペニスは平均より大きいのかな~なんて。ヒトのペニスの大きさだけが気になりますか?動物たちのものは気になりませんか?まさかあの動物より自分の方が小さいなんてこと…。今回は動物達のペニスの大きさを比較していきましょう!


ペニスの大きさ①:人間(14cm)


人間のペニスのサイズは国によって結構違います。ここでは、2016年版の平均サイズをご紹介します。

せっかくなのでまず、日本人の平均を少し細かくご紹介しましょう!アダルトグッズ「TENGA」を販売している、「株式会社典雅」の調査によると、日本人のペニスの平均は、

ペニス全体の長さ13.56cm 亀頭の直径3.53cm、竿の直径3.19cm
引用:ペニスサイズ増大メモ


でした。約50万人が調査対象なので信用性の高い情報ですよ。

また、一番大きい国はアフリカ「スーダン」の約18cm、二位は「ゴンゴ共和国」約17.9cmと続いていきます。逆に一番小さい国は「タイ」の約9cm。なんと一番小さい国と一番大きい国では、約2倍も大きさが違うなんて驚きですね!日本人は真ん中くらいなので、まさに世界の平均といえるのではないでしょうか。





ペニスの大きさ②:ラッコ(15cm)


人によっては自分より大きいものを持っているラッコ様。水族館の人気者で、いつも老若男女から「かわいい~!」と愛されていますよね。そんなラッコの体長は120cm前後ですが、それに対して体長が小さいのに14.8cmとは大きくないですか?事実を知ると、愛らしい姿とのギャップに驚きが隠せませんね。





ペニスの大きさ③:ゴリラ(3cm)


人間とは「兄弟」のはずのゴリラですが、なんとも小さい3cmなんです!体長オス180m、体重180kg、握力にいたっては推定500kgといわれている彼らですが、まさかペニスが3cmだなんて…。これには理由があります。ゴリラは一夫多妻制のため、いわゆる「ハーレム」状態。たくさんのメスと交尾するために、ペニスが大きい必要はなかったとされているのです。





ペニスの大きさ④:ボノボ(14cm)


見た目は人間よりゴリラの方が似ているのでは?と思った方も多いのではないでしょうか。確かに見た目はゴリラ寄りですが、ペニスの大きさは人間とほぼ一緒なんです。体長80cm、体重40kgと、体はゴリラよりもだいぶ小さく感じますね。

実は、正常位は人間だけが行うと考えられていましたが、ボノボが正常位で交尾を行っていることが発見されています。動画にも何件か残っているので信憑性が高い情報です。なんでも、ボノボは発情期が長く、盛んに交尾を行うので、オスが交尾を誘うときに勃起させたペニスをメスにアピールするのだとか。そういった理由があるならこの大きさにも納得ですね!





ペニスの大きさ⑤:シロナガスクジラ(3m)


まさかの3m!?動物で一番大きなペニスを持つ「シロナガスクジラ」です。体長30m、体重170t。ただし、30mもの巨体は数少なく、26m未満は別の亜種に分類されています。最大直径は60cmと太さもあります。にしても、3mとは約人間2人分の大きさもあって恐ろしいですね。

シロナガスクジラではありませんが、クジラのペニスはアイスランドにある「ペニス博物館」でホルマリン漬けされて展示されているので、興味のある方は一度行ってみてください。写真で見ただけでも衝撃的で、夢に出てきそうですよ。





ペニスの大きさ⑥:トド(21cm)


アシカの仲間のトドです。体長330cm、体重オス1t、メスは305kg。オスはメスの体より3倍以上も大きく、数頭~数十頭のメスとハーレムを築くことで有名です。たくさんのメスと子どもを周りに従えています。まさにハーレム!このくらいのペニスの大きさあってこそのハーレムだとも感じられますね。





ペニスの大きさ⑦:ウェッデルアザラシ(21.80cm)


こちらもかわいい顔して中々のものを持っていますね。ウェッデルアザラシはほとんどの時間を氷の下で過ごし、最大45分間も海中にいることができるというツワモノです!体長は280cm、体重は420kgと結構小柄です。やはりかわいい顔で結構なものを持っているとギャップがあってすごい!と驚いてしまいますね。



  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る