世界的エロイベント?ノーパンツデーがやっぱりエロい

世界的エロイベント?ノーパンツデーがやっぱりエロい

7,389 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
ノーパンツデーと聞いてあなたは何を真っ先に思い浮かべますか? やっぱり、スカートやズボンの下の下着が無いのかな、なんて考えてしまいませんか。私は考えました。そしてそんなイベントが許されるのか、と……。しかし、その正体は、もっと陽気で明るいエロイベントだったんです! そんなノーパンツデーを詳しくお伝えします。


エロイベント!ノーパンツデーを知っていますか?





ノーパンツデーというのは、決して「いわゆるノーパン」で過ごす日ではありません。むしろ、女性の下着が好き、男性の下着が好き、な紳士淑女の皆さんに是非知っていただきたいイベントです。お祭り好きな人にもお勧めですね! 正式名称はNoPantsSubwayRideと言い、「ズボンなし地下鉄乗車」をする日。そう、男性も女性も上は着衣、下はパンツ一丁で地下鉄に乗るというのが、ノーパンツデー、なんです!


エロイベント!ノーパンツデーはこうして始まった





そもそもの始まりは、2002年1月に起こりました。ニューヨークの「インプルーヴ・エヴリーウェア」といういたずらパフォーマンス集団がきっかけでした。ニューヨーク市の地下鉄である6ライン列車内で上はコートを着込んだ厚着、下が派手な柄のパンツ一枚という出で立ちで乗客の反応を隠し撮りしたという所から始まっています。

うっかりを装って、最後には7人になるようにインプルーヴ・エヴリーウェアのメンバーはパンツ一丁で乗り込んだそう。その日の気温はマイナス1度! 極寒の中、自分の身を削ってはじめたパンツ一丁のいたずらは最後には乗り合わせた乗客の笑いを誘って大成功しました。その様子を、あの有名なプレゼン番組「TED」で発表したのがこの動画です。



日本語字幕はありませんが、ノーパンツデーの最初の様子を観るには充分です。言葉がわからなくても笑えて、ちょっとエッチなイベントが観る事ができます。この動画は男性のみですが。そして、TEDのプレゼンテーションをきっかけに、非日常的な遊びとして規模が大きくなっていきます。2006年には150人が参加、そして世界に広がっていったんです。




そして、2015年には日本でも公式開催されました! 今年、2016年の1月にも、第二回が開催されています。まずは参加したい、というあなた。是非女友達をお誘い合わせのうえ、来年の告知を待ってご参加くださいね!


エロイベント!何の為のノーパンツ?


なぜノーパンツデーは始まったのでしょうか? 最初に始めた「インプルーヴ・エブリーウェア」の創始者であるチャーリー・トッドは、TEDの中でこう語っています。

これは非日常的なバカバカしさを共有することで、お金をかけずに集団でユーモアが得られる効果的な遊びである
引用:wikipedia


この考えで始まったイベントなので、TEDのプレゼンテーションの最中も笑い声が絶えません。そして、2002年に始まってから10年以上愛されるイベントは、この気持ちが元になってずっと続いているのでしょう。決してエロイベントでは無いのです。決して。えぇ本当に。……でも、セクシーな女性がきわどい下着一枚で目の前に座っているのが見れるイベントでもあります。エロイベントではありませんけどね!


エロイベント!楽しいノーパンツデーの画像


世界で開催されているノーパンツサブウェイライドの画像を紹介します。いいお尻が多くて見ているだけでもテンションあがりますよ!




親子連れとカップルが平然とすれ違っていますが、よく見なくても、ノーパンツです。(笑)




この大胆な姿では顔を隠したくなるでしょうね……。ブロンドと素晴らしいプロポーション、ありがとうございます!




究極の見せパンですね。ヒップラインに崩れる猫の顔、凝視してしまいそうです。




この位置、私が立ちたい……。厚手の上着からちらっと見えるパンツ、最高ですね!




こんな素敵なお尻と下着を見ながら、自分の乗りたい電車を待つのは……ある意味生殺しです! 一緒に乗りませんかと声を掛けたくなりました。




お姉さま方4人の脚の美しい事。きっと下着もセクシーなんだろうなぁと思わせてくれる一枚。靴がブーツなのも、なにやらエロスを感じます。




後ろのやんちゃそうな集団と、手前の男性の対比もおもしろいですね。男性も女性の前でパンツ姿を見せる事ができて、もしかしたら出会いのチャンスに繋がるかもしれませんよ!




ノーパンツ、みんなでやれば、怖くない。一人ぽつんと地下鉄を待つパンツ姿の女性を見かけたら、自分もパンツ1枚で声を掛けてみてはいかがでしょうか。理想のヒップの女性と親しくなれる大チャンス!


エロイベント!ノーパンツデーに参加したいなら……


日本でも開催されているので、参加自体は簡単に行えます。ただ、仲間内でやろう、というように自分で主催したい場合は、インプルーヴ・エヴリーウェアへの開催申請と承認が必要です。勝手に初めては駄目ですよ! ただし、日本ではまだまだ定着していないイベントですし、文化としても難しいものかもしれません。本当に楽しみたいなら、是非海外のイベントで参加してみましょう! 女性も多いしね!


ノーパンツデー=ノーパンツサブウェイライドをご紹介しましたが、私は参加以上に「見てみたい」と思いました。一度は海外旅行に行ってみたい、そして、海外旅行で是非こんな光景に遭遇したい……!読んで、そう思っていただけたなら幸いです。
以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

■関連記事
エロすぎる「猫パンツ」が話題に!じわじわ来る…【画像あり】
パンチラなんて簡単だ!0円で楽しめる公共スポット15選

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る