狙っているキャバ嬢を確実に落とす方法4選

狙っているキャバ嬢を確実に落とす方法4選

3,637 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
キャバ嬢はやはり男にとって魅力的な女性が多いですよね。華やかで洗練された美しさは普通の女性にはない魅力もあります。男なら一度くらいはキャバ嬢を落としてみたいもの…。そう思うあなた、こんな方法を試してみてください。狙っているキャバ嬢を確実に落とす方法4選です。


狙ったキャバ嬢のタイプを知る


狙ったキャバ嬢のタイプを知る

キャバ嬢とひとくちに言っても十人十色です。顔が違うように性格や好みもそれぞれですから、まずはそのキャバ嬢がどんなタイプなのか観察しましょう。指名の多い売れっ子のキャバ嬢なのか、それともそんなに売れっ子ではないのか、バリバリのプロなのか、昼間他の仕事をしているのか、学生なのかでも落とし方が変わってきます。共通して言えることは、キャバ嬢は男にチヤホヤされることに慣れているので、お世辞を言っても通じないということです。お金持ちも沢山見ていますから、お金を使ったら落とせると思うのも間違いです。お金がモテているだけで使った本人がモテているわけではありません。


売れっ子キャバ嬢を落とす場合


売れっ子キャバ嬢を落とす場合

売れっ子キャバ嬢を落とすのはかなりハードルが高いと思って、慣れていない男は敬遠しがちになりますが、確かに普通のお客のやり方では落とせません。相手の方が1枚も2枚も上手です。でもウィークポイントは必ずどんな女にもあります。こういうタイプを落としたければ普通の調子の良いお客ではなく、ちょっと気になる男になりましょう。指名はするけど、お世辞は言わない、誘おうともしない、連日のように通わない、ただの彼女のファンにならないなど、色々テクニックはあります。相手にあなたの考えを読まれてしまうようでは負けです。彼女の方が気になってあなたのことを興味を持てばしめたものです。


売れてないキャバ嬢を落とす場合


キャバ嬢の中には顔はまあまあ可愛いのに、あまり人気のないキャバ嬢もいます。そんな嬢は空気が読めない女か、上手にお客をあしらえないか、少し変わり者か、はたまた全くキャバ嬢に向いていないのに仕方なくやっているかですね。どちらにしてもプロの意識が薄いですから、普通の女性として接してあげるのがいいですね。売れていないことで存在感もなくストレスを溜めている嬢も多いので彼女のストレスを解消してあげるためにも話しやすい男になりましょう。「こんな仕事って大変だよね」なんて言葉から彼女の心を掴み、色々話相手になってあげましょう。この人にもっと色々聞いて欲しいと思ったら彼女の方から店の外で会うように誘ってくるかもしれません。


昼間、他の仕事をしているか学生キャバ嬢を落とす場合


はっきり言ってこのタイプのキャバ嬢を落とすのが一番大変です。何故かというと物理的に彼女が忙しくて会う時間がないという場合と、昼間は普通の女性ですから、昼間の世界で彼氏がいる女性も多いのです。キャバ嬢をしているのは短期間にお金が貯めたいなどという自分の夢や何か理由があってのことなので、ある程度の収入があると無理に売れなくていいわけです。普通の女性ですから警戒心も強いですね。でも望みがないわけではありません。警戒心をなくすためにも良い人になって彼女の良き理解者、彼女の夢を応援してあげるような男になると、次第に心を開いてくれると思います。そこから先はあなたの腕しだいですね。


確実に落とす方法なんて偉そうなタイトルですが、確実かもしれないと直した方がいいかも…。でもこれで実際落としたキャバ嬢もいるのですよ!あなたも頑張ってみてくださいね。以上PanPan(
パンパン)編集部からのお届けでした。

○関連記事
片思いのキャバ嬢を口説き落とすためのステップ
キャバ嬢を会ったその日にお持ち帰りする裏ワザ4選

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。



そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、月額1000円ぐらいの課金で驚くほど簡単にセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

課金したらセックスしやすくなる理由がJメール裏機能の新人ブースト。実は新人会員が課金すると女性会員画面に目立つように表示されるんです。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

慣れてる人なら最低課金額の1000円で3人、初めての人でも1~2人ぐらいのセフレが作れますよ。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は1000円課金して2人のセフレが作れました。1人目こそ1500円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で2人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが2人どころか5人ぐらい欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今ならポイントもお得に購入できるうえに新人ブーストもされるので、1ヶ月で5人以上のセフレを作ることも簡単ですよ。

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る