1
『おっぱい』は、何であんなに柔らかいの?おっぱいの構造に迫る!

『おっぱい』は、何であんなに柔らかいの?おっぱいの構造に迫る!

15,489 views

今回は、男性紳士諸君が日々追い求めているおっぱいについて話していこうと思います。なぜおっぱいはあんなにやわらかいのか!おっぱいはどうなっているのか?おっぱいについて説明していきますよ。


なぜおっぱいはあんなにやわらかいのだろうか?


なぜおっぱいはあんなにやわらかいのだろうか?
なぜおっぱいがやわらかいのか?それは主に二つの理由があります。

1.おっぱいは誰のためにある?


おっぱいは本来赤ちゃんのためにあるものですよね、生まれたての赤ちゃんにお乳を上げるために本来おっぱいというものはあるものです。つまりおっぱいは赤ちゃんのために母乳を蓄え、赤ちゃんが飲みやすいようにあんなにやわらかくなっているわけですね。

2.おっぱいのほとんどは脂肪でできている


おっぱいの構造を簡単に説明すると、たくさんの脂肪とおっぱいを支えて美しい形を保つための筋肉でできています。おっぱいの柔らかさはほとんどが脂肪で構成されているからでしょう、あんなにやわらかいのですから当然といえば当然です。


おっぱいを大きくする2つの方法


おっぱいを大きくする2つの方法
次におっぱいの構造を説明しながら、大きくするための方法も解説していきます。

1.おっぱいを揉む


おっぱいを構成している部分の一つに乳腺というものがあります。この乳腺はお乳を作る部分です。おっぱいを大きくするにはおっぱいの役目であるお乳の生成能力をあげる必要があるんですね。そのためおっぱいを大きくするには揉むのがいいといわれています。

ですがおっぱいはちゃんとした形を保つための筋肉も備わっていますから強引に揉むと垂れてしまい、いい形のおっぱいでなくなる可能性が出てくるので、彼女のおっぱいをもむときはあまり強引に揉まないようにしましょう。

おっぱいを大きくする揉み方を簡単に説明すると、おっぱいを両サイドから優しく包み、内側に寄せるように揉みます。そして小指でおっぱいと体の境界線の部分をなでなでしましょう、間違っても強く揉んではいけません。

2.血行を良くしよう


血行を良くすると全身に栄養が行きやすいことからおっぱいが大きくなるといわれています。彼女の体調に気を使い、マッサージをしてあげたり食事に気をったり、日々の生活習慣でもおっぱいは大きくなりますよ。


おっぱいを大きくするために気を使わなければいけないこと


ストレスはおっぱいを大きくするときにすごく悪い影響を与えてしまう要素の一つです。もし、あなたの彼女が日々たくさんのストレスを抱えているのであればそれをきちんとケアしてあげるのも大切ですね。

なぜストレスがおっぱいに悪影響を与えるのかというと、おっぱいを大きくするためには、女性ホルモンが大きな役割を果たします。ストレスは女性ホルモンの分泌に悪影響を与えてしまうので、おっぱいを大きくしたい方はストレスをあまり抱えないようにした方がいいというわけですね。


高校生のおっぱいを大きくするための生活習慣


最後に、これからおっぱいが大きくなっていく若い世代のために、おっぱいを大きくするための生活習慣を簡単に説明していこうと思います。

おっぱいを大きくする要素として、女性ホルモンは大きな役割を果たします。そのためゴールデンタイムと呼ばれるホルモンが活性化する時間帯の23時から深夜2時には必ず睡眠をとるようにしましょう。

そしてあまりストレスをためないようにしながら食生活もきっちりさせることでペチャパイの未来を変えることができますよ!

最後まで見ていただきありがとうございました。いい体を作ることはまずちゃんとした生活から始めないといけないということと、ちゃんとした揉み方でおっぱいは大きくなるということですね。

以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
彼女を喜ばそう!実に効果的なおっぱいの褒め方4選
乳輪も倍に?妊娠中の女性のおっぱいはどう変わる?

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかります。プラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかります。お金持ち以外だと高いですよね。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、もっと安く簡単にエロい女とセックスができます。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

女性は男性以上に性欲があるんです。女性は社会性が高く、友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人

最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。
jmail

Jメールがいわゆる”出会い系”と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。”セフレ探し”、”不倫相手探し”、”一晩だけエッチする相手探し”など、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てみてください。
Jメール

「池袋か新宿で、2時間だけ癒やしてくれる人、即ハメ希望」
「Gカップです。おっぱいにたくさん精子を出してほしい。。」
「今池袋のトイレでオナニーしてます。誰か男の人来て。早く挿れてほしい」

などなど、全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱい写メなど、エロ写メもかなりアップされて、エロい女が選び放題です。もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会って即セックスもいいですし、カラオケなどでキスや乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しいです。

女の子の新着投稿に対してメッセージを送れば、だいたい1~2000円でアポが取れて、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます。

筆者の場合は、メッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、そのままホテルで即セックス。ホテル代も3~4000円程度でできちゃいます。

相性が良ければそのままセフレもアリですが、次から次へと会えるので、可愛くて、エロくて、軽いノリの子をセフレにしましょう。メンヘラーは即リリースで。ガンガンセックスしちゃいましょう。


※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。


今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

Jメールスタートダッシュキャンペーン

無料ポイント1000円で、十分女の子と出会うことは出来ますが、4人5人と連絡先を交換して好みの女の子を吟味するなら、無料ポイントだけでは厳しいです。
1発目のアポで、必ずしも理想のヤリマン美女とアポが取れるとは限らないので、Jメールで遊び尽くすには、できれば課金して複数の女とヤリまくったほうが良いです。

そこでオススメなのが、現在開催中の600万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、かなりオトクにポイントが買えます。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするのがポイントです。

特に今は、クリスマス・年末年始が近いため、女の子のログイン率がかなり増えているので、スタートダッシュキャンペーンを利用してがっつりマッチングしまくるのが圧倒的に効率的です。(初心者は3000円~5000円程度の課金で十分。月額制ではないので、これだけ買えば来年4月くらいまで十分すぎるほど遊べます)

たった3000円程度の投資で、年末年始セックスし放題。セフレだらけの一年をスタートできるなら最高です。セフレなら、一生タダでセックスできますし、オプション代なんてけち臭いものを払う必要もありません。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

スタートダッシュキャンペーンはいつまで続くかわからないので、オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。


※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る