セックスした後に超絶後悔したアブノーマルなプレイ6選【閲覧注意】

セックスした後に超絶後悔したアブノーマルなプレイ6選【閲覧注意】

144,456 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
いつものセックスに飽きてきたから、アブノーマルセックスに挑戦したい・・・そのように思っている方もいるのではないでしょうか。アナルや蝋燭攻めなど、アブノーマルセックスにはさまざまな種類があります。とはいえ、やはりアブノーマルなだけあって、プレイ後に後悔している人も多いものです。そこで今回は「やらなければよかった」と思う人が多いアブノーマルセックスをご紹介していきます。


危険や恥辱まみれのアブノーマルセックスをすると超絶後悔することも…

普通のセックスばかりしていると、時にはアブノーマルなセックスに興味を持ってしまうこともあるのではないでしょうか。アナルセックスや露出プレイ、複数プレイなど、その種類はさまざまです。

しかしそのようなアブノーマルセックスを実際にした人の中には大きな後悔をしてしまった人もいます。そこでここからは、そのようなセックスをして後悔をしたポイントについて詳しくご紹介していきます。悪い部分だけではなく、魅力についてもご紹介しますので、アブノーマルセックスに興味を持っている方はぜひチェックしてみてくださいね。


超絶後悔したアブノーマルなプレイ①アナルセックス

まずご紹介するのはアナルセックスです。本来であれば出口であるはずの穴に挿入するというアブノーマルセックスの代表ともいえる行為。比較的挑戦しやすいこともあり、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。


アナルセックスの魅力は締まりの良さ

アナルセックスの魅力はなんといっても締まりの良さです。オマンコには伸縮性があるため締まりが良い人と悪い人がいますが、アナルには伸縮性がほとんどなく、どんな人でもキツキツです。

こちらの方はパートナーが処女だったにも関わらず、先にアナルを開発したとのこと。処女のキツキツオマンコを後回しにしてしまうくらい、アナルセックスは気持ちいいのです。

また男性だけではなく、女性にとっても気持ちいいのがアナルセックスの良いところ。肛門周辺には神経末端が集中しており、しっかり開発すればオマンコに挿入されるよりも大きな快感を得られます。一度アナルセックスの気持ちよさを知ったら、もう普通のセックスには戻れないでしょう。


後悔したポイント:肛門を怪我したり、痔になる可能性がある

そもそもアナルというのはペニスを激しく挿入されるという行為のためにあるわけではありません。そのため、あまり慣れていない人がアナルセックスをすると肛門を怪我してしまったり、最悪の場合には痔になったりします。

少し切れてしまったくらいであれば放置しておけば治ることがほとんどですが、痔になってしまうとなかなか治りません。特に切れ痔になることが多いのですが、切れ痔というのは便を出すだけで悪化する場合もありますので、完治がとても難しいのです。

「肛門科は恥ずかしくて行きたくない」という方も多いでしょうし、かと言って切れ痔を放置すると手術をしなければならなくなることも。肛門は一生使い続ける器官ですので、そのような事態だけは避けたいものです。


後悔せずに楽しむ秘訣は時間をかけて開発し、ローションをたっぷり使うこと

アナルセックスを楽しむコツは、とにかく肛門に優しくすることです。まず開発する際には一気に穴を広げようとせず、指1本をゆっくりと挿入しましょう。この時、ローションをたっぷり付けるのを忘れないようにしてください。

指1本がスムーズに入るようになったら指2本、3本と増やしていき、最終的にはペニスを挿入します。ペニスを挿入する際にもローションは必須です。多すぎるくらいのローションを付けることを心がけてください。そうすれば、多少の痛みはあったとしても痔などになることはありません。

ちなみにアナル開発用グッズも販売されておりますので、本格的にアナルセックスに挑戦したい方はそういったグッズもチェックしてみてくださいね。ローションもアナルプレイ用のものがありますよ。

◯関連記事
安全にお尻を開発する方法とは?アナルセックス歴10年の筆者が伝授


超絶後悔したアブノーマルなプレイ②露出プレイ

次にご紹介するのは野外でセックスをするという露出プレイ。露出プレイは特別な道具などを必要としないため、アブノーマルセックスの中では一番挑戦しやすいです。愛好者も多くいますよ。

ちなみに露出プレイは「野外プレイ」とよく混合されますが、野外プレイというのは人に見られないこと前提でセックスをします。決して「見られるかもしれない」という興奮を味わうプレイではありませんので、露出プレイとは全くの別物となります。


露出プレイの魅力は見られているかもしれないという緊張感

露出プレイの魅力は「誰かに見られているかもしれない」という緊張感です。本来であれば第三者には見られてはいけないはずのセックスを、あえて見られるかもしれない場所ですることにより、ドキドキとした感覚を味わう。これこそ露出プレイの醍醐味です。

また野外でプレイすることにより、喘ぎ声を抑えなければならないというのも興奮ポイントの一つ。気持ちいいけれど声は出せないという状況は、アブノーマル感をより高めてくれること間違いなし。

また一口に露出プレイといっても、車の中やトイレといった見つかりにくい場所や、高架下やプールといった周囲に人が多い場所など、シチュエーションはさまざま。人に見つかる可能性が高くなればなるほど、興奮度も高まります。


後悔したポイント:通報されて警察のお世話になることも

露出プレイ最大のデメリットは、警察に見つかったり、誰かに見られて通報されたりすると、公然わいせつ罪で逮捕されてしまう可能性があるという点です。実際、露出プレイをしていて逮捕されてしまった実例はいくつもあります。

いくら露出プレイ好きでも、逮捕されて自分の親族などにセックスしていた事実を知られたくはありませんよね。それにアブノーマルセックスとはいえ、逮捕されてしまっては何の意味もありません。

仮に逮捕まではされなかったとしても、厳重な注意をされることは必須でしょう。そうなってしまうととても面倒ですし、露出プレイで逮捕されるなんて世間的にも恥ずかしいので、なんとしても避けたいものです。


後悔せずに楽しむ秘訣は自分のテリトリーで露出すること

警察のお世話にならずに露出プレイを楽しむコツは、自分たちのテリトリーで露出をすることです。いくら興奮するとはいえ、他の人が実際に見たり入り込めたりするような場所は危険すぎます。

人気のない場所に止めた車の中や貸し切り露天風呂、マンションの高層階に住んでいる場合には自室のベランダなど、野外ではあるものの他の人に見つかる可能性が少ない場所を選ぶのがおすすめです。

このような場所は興奮度は減ってしまうかもしれませんが、通報されたり警察が通りかかる可能性は低いです。後の人生のことを考えるのであれば、その場の気持ちよさよりも安全性をとりましょう。

◯関連記事
女は全員露出狂?!露出プレイで感じる理由5選


超絶後悔したアブノーマルなプレイ③蝋燭プレイ

蝋燭に火をつけ、パートナーの体に蝋をポタポタと落として刺激を楽しむ蝋燭プレイ。SMの基本的なプレイですが、簡単で負担も少ないためSM未経験の人でも楽しみやすいです。とはいえそんな蝋燭プレイも間違った方法ですると後悔することになってしまいます。


次のページ
蝋燭プレイの魅力は蝋を垂らされた時の刺激
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る