1
仕事と恋愛を両方充実させるために心がけるべきこと5選

仕事と恋愛を両方充実させるために心がけるべきこと5選

2,359 views

仕事に集中していると恋愛が疎かになる、逆に恋愛に集中しすぎて仕事が散漫になる、ということはありませんか?恋愛と仕事を両立させるのは大変なことですよね。世の中にはどちらも疎かにせず、恋愛と仕事を両立させている人もいるようですが、一体どうやっているのでしょうか?仕事と恋愛を充実させるコツを紹介します。


「ありがとう」と声に出して言う

「ありがとう」と声に出して言う
一つ目のコツは、「ありがとう」と声に出して相手に伝えることを心がけることです。仕事でも恋愛でも相手がいてこそ成り立つものです。どんな些細なことでも良いので、相手が何かしてくれたと感じたら「ありがとう」と声に出して伝えてみましょう。そうすることで人間関係がスムーズに運びますよ。

特に恋愛においては、日ごろから相手にしてもらうことに慣れてしまうと、わざわざ感謝を言葉にしなくなりがちです。一日一回でも良いので「ありがとう」を伝えてみてください。


連絡はマメに

連絡はマメに
仕事関係の連絡はきちんとできるのに、彼女への連絡は疎かになってしまうことがあるかもしれません。彼女だったら少しぐらい連絡をしなくてもわかってくれるだろうとか、彼女から連絡をしてくるべきだ、なんて考えていたら仕事と恋愛の両立は難しいかもしれません。

親しい仲にも礼儀ありの言葉通り、どんなに親しくても礼儀を忘れないようにしましょう。特にマメに連絡してくる男性に対して女性は安心感を抱くことが多いので、マメな連絡は大切ですよ。


メリハリをつける


仕事と恋愛を両立させるためには、メリハリをつけるようにしましょう。例えば、バレンタインや誕生日、クリスマスなどのイベントは彼女のために時間を割けるようにしておく良いでしょう。大事なポイントを押さえておけば、他の日に仕事で忙しくても彼女は許してくれますよ

また日ごろから感謝を伝えるなど、労いの言葉をかけて彼女の不満を減らしておけば、いざイベントと仕事が重なった時でも多めに見てもらえるかもしれません。


良い・悪い以外の視点を持つ


仕事でも恋愛でも、一方が良い、もしくは悪いという視点しか持っていないと人間関係が上手くいかないことが多いです。一つの出来事に対して良い・悪いとどちらかに決めつけるのではなく、どちらも間違いではないのかもしれない、と思うことが大事な場合もあります。

私は正しい、と主張していても相手も自分は正しい、と主張することはよくあることです。そのような場合には、相手から見たら確かにそう思うかもしれないな、と思って話を聞いてみるのも良いでしょう。


たまには人に頼ってみる


仕事と恋愛を両立させようとして、自分だけで頑張ろうとしていませんか?そんな人はたまには人に頼ってみましょう。仕事と恋愛を両立させている人の特徴として、仕事の段取りが良いということが挙げられますが、同時に人に物事を頼むことが上手い、ということも言えます。

仕事が忙しい時には彼女に弱みを見せても良いのかもしれませんし、恋愛が上手くいかないのであれば同僚にアドバイスを求めての良いかもしれませんよね。


いかがでしたか?今回は仕事と恋愛を両方充実させるために心がけることを紹介しました。どちらかに偏ると上手くいかなくなってしまうので、バランスが大事ですね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


◯関連記事
社会人男性の悩み「仕事と恋愛」を両立させるコツ 5選
取引先の人に一目惚れ!仕事の関係から恋愛へ発展させる方法

1ヶ月で脂肪が消える?!アメトーク芸人が愛用している、超話題のダイエット方法とは


かわいいギャルと海に行きたい!!でも、ブヨブヨお腹が気になって楽しめない・・・。

そんなデブのアナタ!

1カ月で、細マッチョになれちゃう!?

アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットって知ってます?

アメトーク筋肉芸人DCC

1日1回“あるもの”を飲むだけで、

・強制的に代謝をあげ、痩せてマッチョになる!?

・誰でも必ず筋肉がつけられる!?

方法なんです。

しかも、実質0円(タダ)で・・・!

1カ月で痩せて、細マッチョになりたいアナタは、ぜひ以下をクリックして詳細をチェックして!

⇒ 1ヶ月で細マッチョ!?アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットが凄すぎ

※実質0円で、試せるのは上記リンクからだけ(先着300名のみ)


この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る