1
お酒が飲めない女性をお持ち帰りする方法5選

お酒が飲めない女性をお持ち帰りする方法5選

6,585 views

合コンや飲み会でも、二人きりのデートでも、お酒が入っているとお持ち帰りってしやすいですよね。でも相手がお酒を飲めない女性だったら、難易度が上がります。そこは男性側の気遣いで好感度を上げるしかありません。お酒が飲めない女性をお持ち帰りするために必要なテクニックを5つご紹介します。


自分もあまり飲まない

自分もあまり飲まない
お酒が飲めない女性と食事に行った場合、自分ばかり飲んでしまうと女性は肩身が狭い思いをしてしまいます。片方がベロベロに酔っているのに、片方が素面というのは、あまり良い雰囲気になりません。素面で冷静な状態の女性から見て、飲みすぎて酔っ払っている男性は頼りなく見えるものです。

数杯飲むのは問題ありませんが、酔いが回る手前で止めておくようにしましょう。女性をお持ち帰りしたいのに、逆に介抱されるような状態にはならないように気をつけてください。


食事の注文に気を配る

食事の注文に気を配る
お酒が飲める人にとっては、食事は二の次という場合も多いはずです。でも、お酒が飲めない人にとっては、食事がメイン。居酒屋のような場所でもしっかり満足できるように、おいしそうなメニューを注文してあげるようにしましょう。

お酒のツマミのようなものばかり注文すると、飲めない人にとっては味が濃く感じられてしまいます。女性好みのサラダや、デザートなどを注文すると喜ばれます。そういう配慮ができる男性だと、女性も好感を持つはずです。


テンションを合わせてあげる


お酒が入った人のテンションに、お酒が飲めない人はいつも合わせています。お酒を飲むだけでストレス発散になりますし、明るい気持ちになれますよね。でも飲めない人にとっては、テンションを上げるスイッチが入るきっかけがありません。自分ばかり飲んで盛り上がるのではなく、相手のテンションに合わせてあげることが大切です。

複数での飲み会で周りが盛り上がっていても、あなたは飲めない女性に合わせてください。周りが全員飲める人だと、あなたの存在を頼もしく思ってくれますよ。


真面目な話もする


飲み会の席では、楽しい話や愚痴など、その場のノリで会話が盛り上がります。下ネタで盛り上がることもありますよね。でも、飲めない女性にとってはそういう話についていくのは大変なんです。周りがそういう話で盛り上がっていても、飲めない女性とは真面目な話をしてみましょう。

普段から飲み会で肩身の狭い思いをしている飲めない女性は、お酒の席で真面目な話ができるとは思っていないはずなので、きっと喜んでくれるはずです。二人だけの秘密の会話をするのもいいですね。


支払いは男性持ちで!


複数での飲み会でも、二人での食事でも、完全な割り勘はNGです。飲めない女性は食事しかしていないので、割り勘の場合はいつも損しているんです。そこはあなたが気を遣って「あなたはお酒を飲んでいないから、今日は僕が払うよ」と言ってあげてください。

どうしても女性が払いたいという場合は、端数だけ出してもらいましょう。支払いでかっこいいところを見せておくと、好感度がとても高くなります。お持ち帰りできる可能性もグッと上がりますよ。


いかがでしょうか。お酒を飲めない女性はいつも飲み会などで肩身の狭い思いをしているので、その気持ちを理解して気遣ってあげることがお持ち帰り成功の秘訣です。ぜひ試してみてください。
以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


◯関連記事
お持ち帰りを絶対成功させるために押さえておきたい基礎知識7選
女性を超スマートにお持ち帰りする紳士のテクニック5選
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る