【映画「蛇にピアス」の濡れ場】吉高由里子の官能シーンでオナニーできるか、ズバリ解説します

【映画「蛇にピアス」の濡れ場】吉高由里子の官能シーンでオナニーできるか、ズバリ解説します

18,589 views

2008年に公開された映画「蛇にピアス」は第130回芥川賞を受賞した金原ひとみの小説を原作に制作された映画です。当時はまだ新人でハタチだった人気女優の吉高由里子が大胆で激しすぎる濡れ場を演じたとしても話題になったのですが、彼女の演技がエロすぎて「この映画をオカズにしてヌイた!」という人もいるんです。実際にヌケるほどエロいのか、見どころや口コミを見ながら検証してみましょう。
面白そうと思ったらイイネ⇒⇒
⇒記事の続きを見る



TOPに戻る