【映画「蛇にピアス」の濡れ場】吉高由里子の官能シーンでオナニーできるか、ズバリ解説します

【映画「蛇にピアス」の濡れ場】吉高由里子の官能シーンでオナニーできるか、ズバリ解説します

41,522 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
2008年に公開された映画「蛇にピアス」は第130回芥川賞を受賞した金原ひとみの小説を原作に制作された映画です。当時はまだ新人でハタチだった人気女優の吉高由里子が大胆で激しすぎる濡れ場を演じたとしても話題になったのですが、彼女の演技がエロすぎて「この映画をオカズにしてヌイた!」という人もいるんです。実際にヌケるほどエロいのか、見どころや口コミを見ながら検証してみましょう。
⇒記事の続きを見る


TOPに戻る