女性は35歳で一番エロくなる?!女性の「性欲の波」を徹底解剖

女性は35歳で一番エロくなる?!女性の「性欲の波」を徹底解剖

23,732 views

この記事を書いた人
愛の筆先
MIYABI 編集チーム
陰キャだった学生時代を経て、新卒でなぜか証券会社に就職。営業ノルマが厳しい中で、少しでもコミュ力を鍛えなきゃと思って始めたのがナンパ。それがドハマリして以来、出会いやセックスを追求するようになりました。国内の主要なナンパスポットや、アプリ、オンゲでの出会いを網羅。今は本職のディレクターとして、みなさんにガチで使える情報を提供をしていきます。
女性の性欲が高まり、最もエロくなるのはいつでしょう……。初体験から長期間かけて開発が進んだ身体に性欲が高まる時期が重なる35歳からが、女性が一生のうちで最もエロくなる時期だといわれています。詳しく調べてみました。


女性の性欲が高まるピークは35歳からの10年間

女性ホルモンが減少するので、性欲が高まる
医学的には女性の性欲のピークが訪れるのは30〜40代だといわれています。初潮を迎える10代前半の思春期から女性ホルモンのエストロゲンがどんどん増えはじめ、そのエストロゲンは20代前半までは乳房を大きくしたり妊娠出産が可能になる子宮の成長に使われます。そして女性の身体が完成した後、エストロゲンの増加は緩やかな上昇を続け、それが性欲の高まりとなって現れるようになります。

その後、エストロゲンの分泌量は、20代後半から30代前半をピークに少しずつ減少していきます。10代前半から増え続けてきた女性ホルモンが減少し始めると同時に、男性ホルモンであるテストステロンの働きが強まり、まるで10代の男性のようなガツガツした性欲が現れることがあります。

その後もエストロゲンの分泌は年齢とともに減少の一途をたどり、40代後半から50代にかけての更年期になるとほとんど分泌されなくなります。エストロゲンの分泌が無くなると同時に性欲が無くなる女性もいます。

このように、エストロゲンの分泌がピークに達する20代後半から30代前半を過ぎた、まさしく35歳前後から約10年間が女性の性欲が最も高まる時期だといえます。


より一層の快感を得られる身体に熟した35歳

性欲があまりない女性がセックスしたくなる瞬間 生理約2週間前
女性ホルモンの分泌に加え、35歳前後からより性的快感が高まる理由に女性の性の開発が進んだことが挙げられます。初体験の年齢や、セックス経験の多い少ない、またセックスパートナーの技量など、人それぞれなので一概には言えないかもしれませんが、経験を重ねるうちに性的快感を味わえるようになっていきます。

性的経験を充分に積み重ね、また精神的にも成熟した大人の女性は、セックスで大きな快感を得ることができるようになり、一度その快感を味わうと、より一層、性欲が高まっていくのです。


毎月の生理周期の中で女性が感じやすくなるのは?


女性の一生の中で最も性欲が強くなるのは35歳前後からの約10年間だということがお分かりいただけたと思います。では、続いて毎月の生理周期の期間内で最も性欲が高まるのはいつかを見ていきましょう。

医学的には排卵日の2日〜3日前に最も性欲が高まるといわれています。これは、子孫を残すための人間の生殖本能から考えても大きく頷くことができます。しかし、人によっては生理前に性欲が高まるという女性や生理中に性欲が高まるという女性もいます。これは、精神的な面が影響していることもあり、妊娠のリスクが少ない日を無意識のうちに認識している為ともいわれています。


セックスパートナーの年齢


男性の中には、いくつになっても全く性欲が衰えないという強者もいらっしゃいますが、多くの男性は10代後半から20代後半にかけての『性欲の嵐』のような時代に比べて、30歳の声を聴くと同時に少しずつ性欲が弱まっていくのではないでしょうか。その徐々に性欲が落ちていくまさにその時から、パートナーの女性の性欲がむくむくと湧き上がってくる時期だと知ると、プレッシャーを感じてしまう男性もいらっしゃるかもしれませんね……。そんな時は、いつものマンネリセックスではなくいろんなラブグッズを使ったり、女性だけを愛撫で攻め続けるスタイルもおすすめです。それが男性にとっても新しい刺激になるかもしれません。

いかがでしたか?パートナーの女性を是非、満足させてあげてくださいね!以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


▼関連記事:
最強のバイブと話題沸騰のピンクデンマの実力を徹底調査!
男は知らない「女性の性欲」の基礎知識5選

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。


そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

課金額も最低1000円からなので、ラーメン1杯ぐらいの金額でセフレが作れると考えればお得ですよね。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は3000円課金して5人のセフレが作れました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で5人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る