1
AV女優明日花キララの動画から学ぶ女性が感じるキスの仕方

AV女優明日花キララの動画から学ぶ女性が感じるキスの仕方

91 views

今回は、明日花キララさんの動画から「女性が感じるキスの仕方」を学んでみようと思います。キララさんは男のものをまんこにくわえこんだり、おしゃぶりするときには、「さすがベテラン女優」といわせるだけのテクニックを駆使しますが、キスに関してはまるで初心者のようで、そのギャップがまたたまりません。そんな彼女をつい夢中にしてしまう男優さんのキステクを学んでいきましょう。


AV女優明日花キララとは



明日花キララさんは、2007年にAVデビューしたトップ女優です。キャリア10年を超えて単体出演作品が130本程度というのは、かなり少ない数。これは彼女がデビュー当時からメーカー専属女優として活動してきたためです。

デビュー当初から注目されていたのはその抜群のプロポーション。90/58/85というスタイルに加え、股下が90cm。「モデルの女の子がAVに出ている」ということで多くの男性の心をわしづかみにしました。

そんな彼女ですが2013年に有名AVメーカー「S1」に移籍したころから、顔の印象がどんどん変わっていきます。デビュー当時はどちらかというときつめの目をしたワイルドな感じでしたが、小顔でぱっちりとした目の「お姫さま」に変身したのです。

そんな変身を遂げてから、地上波のバラエティ番組に出るようになって、キララさんは女性からも憧れの存在として見られるようになりました。しかし、AV女優としての活動も忘れていません。バキュームフェラ、潮吹き、3P、SMなどキュートなイメージからは想像もつかない激しいプレイを披露してくれています。


セックスでもっとも重要なテクニックは実はキス

キスは「前戯の王様」と言われています。セックス前はもちろん、その最中、そして終わった後、すべてにおいて重要です。どんなに立派なちんちんを持っていても、どんなにイケメンであろうとも、キスが下手では女性を夢中にさせることはできません。

キスは基本的には唇を重ね合わせることを指しますが、首筋や肩、腕、太ももなど、唇以外の場所へのキスも大切です。そのため世の男性たちは常に研究を重ねています。その証拠にGoogleが発表した「世界で最も検索された『How To トップ10』」の2位には「キスの仕方」が選ばれています。

キスの重要性は調査結果でも明らかになっています。


「前戯のうち、キスにどのくらい時間をかけてほしいですか?」
【回答】
・必要なし:7.3%
・5分未満:52.3%
・5~9分:25.7%
・10~19分:13%
・20~29分:1.3%
・30~39分:0.3%
「前戯に限らず、セックスの間は常にキスしてもらうのが基本。挿入中も射精後も当然です」(40代・パート)
引用:NEWSポストセブン



キスの最中に「キスだけではなく、エッチもしたい!」と感じた経験はありますか?一般女性を対象にアンケート調査を行なった結果、およそ9割の女性が「イエス」と回答しました。キスしてからエッチしたくなる平均時間は42秒!「長いディープキスで抱き合っているとアソコが濡れてきて、エッチしたくなる」というタイプも存在します。
引用:ラブリサーチ


キスをされることで、女性は男性の純粋な自分への気持ちを感じることができます。だからこそ気持ちのいいキスによって、女性は「もっと気持ちよくされたい、セックスしたい」と感じるようになるのです。


どうすればキスのテクニックを上達させれるのか

ではキスのテクニック、キステクをレベルアップさせるにはどうすればいいのでしょう。

基本は経験を重ねるしかありません。「いままででどんなキスが一番良かった?」と女性に聞いても、具体的にちゃんと教えてくれる人はほとんどいないでしょう。最高のキスをされているとき女性は朦朧となってしまい、何がどう良かったかなんて覚えてないのです。

ただ1つ言えることは、「気持ちのいいキスをしてあげたい」と意識しないでいると、いつまで経っても上達はしないということです。何も考えずに何万回キスしても進歩はありません。

「気持ちのいいキスをして、彼女をメロメロにしたい、今までの男の中で最高だって思わせたい」という情熱がまず必要でしょう。そんな熱い気持ちが、キス1つにもいろいろな工夫をする意欲を生み、「彼にキスされると、つい、胸が熱くなる」と女性に感じさせるようになるのです。


明日花キララの動画を見てキステクニックを学ぼう

いくらキステクを学んでも、それが女性にとって「気持ちのいい、感じてしまうキス」でなければ意味がありません。ここが難しいところで、どんなキステクもすべての女性に万能ではありません。女性の反応を見ながら、キスの方法を変えていく必要があります。

そうしたことも含めて本当のキステクを学んでいくには、AVが一番です。AV男優さんは、自分の好きなように勝手にキスをしているのではなく、さまざまな方法を現場で判断して試していきます。男優さんのキスに対する女優さんの反応で作品の雰囲気ががらっと変わってしまうので、キスの仕方がワンパターンで応用力のない男優さんは生き残れません。

また明日花キララさんは、キスについてはそれほどテクニックを持っていないので、反応も素直で分かりやすいということがあります。もし彼女が、男優さんを圧倒するキステクをもっていたら、あまり参考にはならないのですが(笑)、彼女はキスについては男性に任せるタイプなので、男優さんのキステクの効果がはっきりと確認できます。


明日花キララがキスで感じまくっている動画①

動画はこちら⇒Kirara Asuka Pretty Girl - Full HD:

この動画は「今日は何とか彼女と自宅でセックスしちゃいたい」ともくろむ男性の「教科書」のような動画です(笑)。女性は彼と2人きりになり、なんとなく「したい」と彼の気配はを察していますが、まだちょっと戸惑いがある、という感じです。

まずは微笑みながら、ソファで手を握り合って軽くキスです。キララさんは、それなりにうっとりしていますが、キスの最中によそ見をしたりして、「どうしよっかなあ・・・」と考え中。すると、男優さんはベッドルームへと誘い、隣同士に座ってキララさんを抱き寄せます。

キララさんはそんな体勢になっても彼の腕に自分の腕をからませるくらいしかしません。しかし、男優さんは、じっとキララさんを見つめつづけています。見つめられると女性は視線を意識して見つめ返します。そこで男優さんは再び軽いキスを何度も繰り返すのです。

2人の間でキスはもう済ませているのなら、軽いキスはベッドの上でも女性は受け入れやすいもの。男優さんは、キララさんを見つめ続けながら、頬や髪の毛を触りながらキスを続けます。

その後、男優さんはキララさんの胸を優しくもみ、唇を離し横を向いた彼女の耳元をキスし続けます。そうなると、キララさんも体全体で呼吸するようになり、あとは、服を脱がされブラも外されてしまいます。


明日花キララがキスで感じまくっている動画②

動画はこちら⇒人妻 明日花キララ 不倫 セックス ホテル チャ 他人棒 キス 旦那 明日花

この動画は、どうやら人妻役のキララさんが、旅先で夫以外の男性と不倫をするという設定で、最初から積極的にキララさんの方からキスを仕掛けます。しかし、ものの1分もたたないうちにキスの主導権は男性側に移ります。

男優さんは、キララさんの下唇を自分の唇でくわえるようなキスを何度もして、彼女の動きをとめてしまいます。キララさんは、男優さんが唇を離すたびに彼の目をただ見つめるだけです。そしてそのままベッドに倒れ込み、上に乗った男優さんは優しいキスを繰り返します。

このとき、キララさんはキスには応えますが、唇が離れるとすぐに横を向いてしまいます。すると男優さんは、無理に彼女の顔を戻すのではなく頭を抱きかかえるようにし、耳元にキスをします。キララさんは短く「んんっ」と声を出し、男優さんの腕にしがみつきます。

その後、キララさんは全裸にされ、乳房やまんこを手で愛撫されるのですが、男優さんはその最中にも、彼女に「きれいだ」「よく見せて」などとささやいては、キスを繰り返します。それまでは軽い「チュッ」というキスだったのですが、次第に激しく唇を重ね合うものに変わっていきます。そんなことを繰り返しているうちに、男優さんはキララさんの手を自分の股間に持っていきます。するとキララさんは我慢できないといった様子で、男優さんのパンツのジッパーを自分からおろしにかかるのです。


明日花キララがキスで感じまくっている動画③

動画はこちら⇒巨乳 ギャル 潮吹き 明日花キララ 乳首 スレンダー セックス チャ 美巨乳 濃厚

ここまで紹介した2つの動画は、軽く優しいキスが中心でしたが、最後に紹介するこの動画は、かなり激しいキスでキララさんが攻められます。最初から舌を挿入されて、激しく唇を吸われます。

キララさんは、スローな調子で優しくキスをされると、つい、横を向いたりしてしまうのですが、この動画では、男優さんの一方的なリードで息つく暇がなく、男優さんのキスのペースに黙って従っています。

セックスをするのも慣れたカップルでは、こうした激しいキスでセックスまで持ち込むパターンも女性に余裕を与えず、新しい刺激が生まれる可能性があります。実際この男優さんは、キララさんのアナルをいきなりなめたり、乳房を触りながら顔をうずめたりするなど、相手を飽きさせません。挿入後のピストンでも、キララさんは唇を何度となくふさがれ、彼女は無意識に男優さんの腕をつかみ爪を立てます。

キスは確かに「前戯の王様」ですが、手などを使って女性の感じる部分を同時に刺激し、ピストンをしているときもキスし続けると効果的です。男性はつい、挿入直前以降はキスを忘れがちですが、女性は、常に唇への愛撫を欲しています。


明日花キララの動画でキスを上達させてパートナーを「イキやすい」体に



いかがでしたか? 上手なキスに対して女性は気分をかなり高揚させます。まるで自分がドラマか映画のヒロインになったような気持ちになるんですね。そうした意味でも、素敵なキスで気持ちを盛り上げてくれる男性は、女性にとって愛情をしっかり届けてくれる存在となり、セックスでも濡れやすく、イキやすくなります。キララさんがキスでたっぷり感じている動画を参考に、セックスライフの一層の充実を目指してみましょう。
以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
2017年で最もエロかった、AV女優明日花キララの伝説のキスシーン【動画あり】
キスの仕方でわかる、セックスの傾向5選




【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗だと安くても1万円はかかります。プラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかります。高いですよね。

”ある方法”を使うとセックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。もっと安く簡単にエロい女とセックスができます。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

女性は男性以上に性欲があります。女性は社会性が高く、友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人

jmailkoukoku02

Jメールが他の出会い系と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。セフレ探し、不倫相手探し、一夜限りの相手探しなど、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てください。

Jメール

全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会って即セックスもいいですし、カラオケなどでキスや乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しい。

女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます。

筆者は、メッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、そのままホテルで即セックス。

次々と会えるので、可愛くて、エロくて、軽いノリの子をセフレにしましょう。ガンガンセックスしましょう。

deaipoint01


今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

Jメールポイント

そこでオススメなのが、現在開催中の600万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、かなりオトクにポイントが買えます。

Jメールスタートダッシュキャンペーン

新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするべきです。

たった3000円程度の投資で、10人位セフレが作れちゃいます。セフレなら、一生タダでセックスできます。

Jメールスタートダッシュキャンペーン

スタートダッシュキャンペーンはいつまで続くかわからないので、オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

deaipoint01

この記事の削除依頼はコチラ
AV女優

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る