橋本マナミの入浴シーンを実況中継!写真集『流出』のワンシーンとは

橋本マナミの入浴シーンを実況中継!写真集『流出』のワンシーンとは

1,585 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
「愛人にしたい女性ナンバー1」との呼び声高い人気グラドル橋本マナミは、これまで数多くの写真集を出版してきました。どれもサービス精神旺盛な彼女の熟したエロさが溢れんばかりの作品ですが、2017年に発売された盗撮をコンセプトにした写真集『流出』は、ひときわ過激な問題作だとSNS上でも大変話題になっています。今回はそんな橋本マナミの写真集『流出』の中でも特にエロいと評判の入浴シーンに迫ります!


色気溢れるタレント・橋本マナミとは



橋本マナミは1984年山形県生まれのグラビアアイドルです。第7回全日本国民的美少女コンテストの演技部門賞を受賞したことをきっかけに芸能界入り。その後さまざまなタレント活動をしていましたが、20代後半で熟した色気が評価され始め、現在はその豊満なボディと過激な露出を武器に、壇蜜に続く「愛人キャラ」のグラドルとして世の男性の心を鷲掴みにしています。女優としての活動が増えた今も、世の声に応えグラビアでの活動を継続しています。

橋本マナミのインスタ写真がエロすぎると話題に(画像あり)

入浴シーンが見られる写真集『流出』とは

入浴シーンが見られる写真集『流出』とは

2017年に発売された写真集『流出』は、通常タブーとされる「流出」を逆手にとって、自ら「流出風」の画像を提供しようという画期的な企画の写真集です。流出被害にあったら犯罪行為としてアウトなわけですが、自ら流出させるのであれば問題ないという、かなり攻めた内容の仕上がりとなっています。橋本マナミ本人の「ただ脱ぐだけよりも想像できる作品のほうがエロい」という考えにより実現した写真集です。

どのカットも、こっそり撮られた風で見ていてドキドキするものばかり。本人も発売記念イベントのインタビューでコメントしていた通り、「実際にどこからどう撮られているかわからなかった」そうで、かなり盗撮感の高い作品に仕上がっています。通常のグラビアの写真と違い目線も外していてポーズもとっていないので、日常の一コマを切り取ったかんじで生々しさがすごいです。中でも、入浴シーンは、覗いちゃいけないものを覗いている背徳感が興奮もの

しかも、この企画を実現させるため、なんと忙しい仕事の合間を縫って180日間の密着撮影が遂行されたそうです。より高いリアリティを求め、彼女が普段から利用しているジムなどでも撮影されたそうで、橋本マナミのエロい作品に向けた根性と気合いが伝わってきますよね。

橋本マナミ『流出』 | ワニブックスオフィシャルサイト


問題のシーンを実況中継

この写真集の入浴シーンは、一般的なグラビアにありがちな洋風のバスルームではなく銭湯を利用しているところがポイントです。橋本マナミの和の雰囲気にぴったりでエロさが引き立っています。さすがわかってらっしゃる!

それではここから具体的に、お待ちかねの入浴シーンを見ていきましょう!まずは脱衣所から風呂に入ってくるところ。真っ裸で髪をアップにした橋本マナミが、小さなタオル一枚で大事なところを隠しながら風呂場にやってきます。黄色いロッカーの鍵を手にしているところも妙に生々しくていいですね。

次は入浴前に体を洗うカットです。横乳も下乳も、肉付きの良いエロい腰回りも全て丸見えの状態です。体に泡が付いていますが、ボディラインは全く隠せていません!洗髪後、泡も全て流しきった状態で髪をかきあげるカットは、おっぱい丸見え!のはずですが手前の女性の髪で隠れてしまっているとい焦らしショットも。

でも大丈夫です。そのあとの入浴シーンは水中カメラがいい仕事してくれてます。お湯の中で、橋本マナミの豊満なボディが堪能できちゃいます。一糸まとわぬ姿で・・・これはエロすぎます!

橋本マナミの入浴シーンを見れる媒体4選|ドラマ、写真集、インスタグラムなど

おっぱいは見える?

まずは気になるおっぱいから。結論からいくと、大きなおっぱいが見えちゃってます!乳首に関してはボカされてしまっていて確認することができませんが、乳首以外は全て見えちゃってます

特に印象的なのは、湯船につかる前の体を洗うカット。椅子にこしかけて体を洗っているところを横から撮影されているのですが、少し前かがみになっただけでおっぱいが太ももに押し付けられていて、彼女の巨乳っぷりを物語るショットになっています。この画像も乳首は柔らかそうな太ももに埋もれて隠れているもの、まん丸できれいな横乳は丸見えです。

さらに、シャワーで泡を洗い流すカットがあるのですが、そこでは彼女の乳首を隠すものはありません。それなのに乳首周りだけ白っぽくなっているので、おそらく現場では丸見えになっていたものをあとから修正したのだと思います。

現場の人たちは見えていたんでしょうね。どんな乳首なのでしょう。シャワーの刺激で勃っちゃってんじゃないかと想像すると興奮しますよね。居合わせた人たちが羨ましいです。

とはいえ、たわわな胸のフォルムは画像でもきっちり確認できます。橋本マナミがどんなおっぱいをしているのかは一目でわかり、オカズとしても十分楽しめるレベルです。

また、このあたりの画像は手前や奥にも人が写っているのでどうしても他と見比べてしまうのですが、彼女の肌は周りと比べても透き通るように白くて美しいです!おっぱいも白くて綺麗だから乳首もきっとピンクなはず!なんてことを想像せずにはいられません。


マンコは見える?

残念ながら、マンコはこの写真集では拝むことはできません。後ろや横からのショットでは当然見えませんし、正面バージョンでもヘアーや割れ目はタオルなどで隠れてしまっています。

ただ、タオルは長いフェイスタオルを縦にして使っているので、彼女の豊満な腰周りは全部は隠れきっておらず、タオルの左右から股間付近のラインが見えていてとてもエロいです。水着や下着を着ていたら隠れている部分が、入浴シーンでは見られるというのは嬉しいですよね。


その他の見どころ

銭湯の盗撮といえば脱衣所。脱衣所でのカットもかなり生々しいです。着用している下着も撮影用のランジェリーじゃないとてもリアルなもの。彼女の自前の下着なのでしょうか。おしゃれな見せパンじゃない感じが、日常感が溢れていてかえってそそりますよね。

脱衣シーンでは、ベージュのショーツを半分ずり下ろして、お尻の上半分が丸見えになっているカットがインパクト大。こちらも、グラビアで「お尻の形を綺麗に見せよう」という感じではないので隙があるし、むしろちょっとだらしないお尻の肉感が、熟女感も醸し出していてたまらなくエロいです!


写真集を見たファンの口コミや感想

写真集『流出』に関してツイッターなどの口コミを見てみると、橋本マナミの狙い通り「度肝を抜かれた」「衝撃を受けた」という人の意見がたくさんありました。




過激な画像であふれた今の時代に「やばい」と言わせることのできる作品はなかなかレアなのではないでしょうか。やはり『流出』は他の写真集とは全く違うんですね。




狙ってない感じが、撮影する側の目線でも高評価のようです!この写真集を撮影したカメラマンも、きっと過去にない撮影で興奮したことでしょう。




挑戦とも言えるこの企画に乗った橋本マナミ本人の覚悟も伝わってくる、エロすぎる写真集です。『流出』はまさにリスペクトすべき過激な一冊です!

橋本マナミの入浴シーンに絶賛の嵐!口コミや評判まとめ(画像有り)

まとめ:橋本マナミのセクシーな入浴シーンを要チェック!

いかがでしたでしょうか。本来あってはならない「流出」を逆手にとって、サービス精神たっぷり「盗撮風」画像を提供してくれる橋本マナミ。「私でヌいてね」と言わんばかりの淫乱さに完全ノックアウトです!写真集『流出』の過激な入浴シーンをティッシュ片手に楽しんじゃいましょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
愛人旅行?!橋本マナミの“手ブラ”入浴シーンがエロ過ぎる!
橋本マナミのセックス事情|リアルな愛人の経験もある年上キラー

NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?



そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、ワクワクメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

ワクワクメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



ワクワクメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでワクワクメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてワクワクメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がワクワクメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も750万人います。今流行りのTikTok以上に女性登録者が多いんです。



ヤングジャンプやプレイボーイにワクワクメール公認のグラドルたちが掲載。有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


ワクワクメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとワクワクメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。



ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがワクワクメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1200円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。




本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る