1
映画「花宵道中」の濡れ場では本当にヤッてる?安達祐実のセックスシーンを徹底検証

映画「花宵道中」の濡れ場では本当にヤッてる?安達祐実のセックスシーンを徹底検証

89,296 views

2014年に公開された映画「花宵道中」。江戸時代の遊郭を舞台とするこの作品は、安達祐実がヌード姿を披露して、全力で濡れ場シーンに挑んだ作品として話題となりました。おっぱいが丸見えだけでなく、勃った乳首まで見せる濡れ場シーンはリアルすぎるエロさです。今回は、この「花宵道中」を取り上げて、濡れ場シーンの撮影中に安達祐実が実際にヤっていたのかどうかを徹底検証します。


映画「花宵道中」のあらすじ




映画「花宵道中」は、江戸時代の遊郭を舞台とする作品です。吉原の街が炎上した天保八年、火災から逃れた朝霧(安達祐実)たち遊女は、吉原の外に仮宅を作って営業を続けることになります。

*8∀8さん(@_77wrappin)がシェアした投稿 -


朝霧は、身体が火照ると花びらのような痣が出ることで有名で、遊郭でも人気の遊女でした。ある日のこと、遊女仲間と出掛けた縁日で転んでしまった朝霧は、染物職人の半次郎(淵上泰史)に介抱されます。

優しくて誠実な半次郎に、次第に惹かれていく朝霧。しかし、この半次郎は、実は朝霧が幼いころに拾われた遊女・霧里の弟でした。お互いの出自を打ち明けながらも、二人の関係はより親密なものとなっていきます。

HAL.さん(@faraway__ai__)がシェアした投稿 -


しかし、姉の霧里の仇である吉田屋を殺してしまった半次郎は、追われる身となってしまいます。離ればなれとなった二人の恋愛の行く末は……この結末は、ぜひ「花宵道中」の本編でお楽しみください。

※女優の「全身ヌード」が見られる映画はこちらからも確認できます!↓↓
濡れ場シーンで女優の「全身ヌード」が見られる映画15選【動画あり】

問題のセックスシーンを実況中継!


「花宵道中」は遊郭が舞台の映画ですので、濡れ場シーンは多く登場します。その中でも特にエロいシーンは2か所あり、ひとつ目は遊女の朝霧(安達祐実)が、思いを寄せる半次郎の前で、客の吉田屋に強引にセックスさせられるシーンです。







吉田屋は遊郭の上客であるため、断れない朝霧。染物職人の半次郎にとっても大の取引相手なので、どうすることもできません。吉田屋は朝霧の乳を揉みしだくと、バックから挿入。朝霧は救いを求めるような目で半次郎を睨みながら、ただただピストンされるのみです。

もうひとつのセックスシーンは、朝霧と半次郎が結ばれる場面です。誰もいない部屋で、二朝霧と半次郎は裸のままで抱き合い、熱烈な愛撫を重ねます。







盛り上がった二人は、騎乗位やバックの姿勢でねっとりと腰を振り続けます。最後は騎乗位の姿勢で激しくピストンしたままシーン終了。フィニッシュの場面はなかったですが、アダルト動画に勝るとも劣らない、エロいシーンです。

※関連記事:↓↓
安達祐実のセックス事情|かつての名子役も、今は男にまたがり腰振り三昧

  • 1
  • /
  • 4
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る