1
映画「無伴奏」の濡れ場では本当にヤッてる?成海璃子や遠藤新菜のセックスシーンを徹底検証

映画「無伴奏」の濡れ場では本当にヤッてる?成海璃子や遠藤新菜のセックスシーンを徹底検証

31,304 views

2016年に上映された映画「無伴奏」。昭和中期の仙台市を舞台に、大学生と出会った女子高生の成長と葛藤を描いた作品です。この映画では、モデルとしても活躍する成海璃子や遠藤新菜が演じるリアルな濡れ場シーンが話題となりました。今回は、この映画「無伴奏」で登場するセックスシーンを取り上げて、成海璃子や遠藤新菜が実際にヤっていたのかどうかを徹底的に検証します。



映画「無伴奏」のあらすじ




作品の舞台となるのは、まだ学生運動が盛んだった1969年の仙台。女子高生の響子(成海璃子)もまた、校則に囚われない自由を目指した「制服廃止闘争委員会」を立ちあげて、親友とともに過激な学園闘争に勤しんでいました。

@nakkii4040がシェアした投稿 -


運動を続ける中で、闘争に熱くなれない自分に気づくようになり、次第に葛藤するようになる響子。そんなある日、響子は友人に連れられた喫茶店「無伴奏」で、大学生の渉(池松壮亮)とその親友の祐之介(斎藤工)、祐之介の彼女であるエマ(遠藤新菜)と出会います。



響子は独特の雰囲気を持つ渉と惹かれあい、深い関係になっていきます。裕之介やエマとも遊ぶようになり、楽しい日々が続きます。月日は流れ、響子が高校を卒業して大学浪人生となった後も、渉とのラブラブな関係は続きます。



しかし、渉が本当に好きだったのは、友人の祐之介でした。響子はある日、男同士で身体を重ねている二人の姿を偶然に見てしまいます。さらに、祐之介の恋人・エマの妊娠も発覚して……この続きは、ぜひ作品の本編でお楽しみください。

※女優の「全身ヌード」が見られる映画はこちらからも確認できます!↓↓
濡れ場シーンで女優の「全身ヌード」が見られる映画15選【動画あり】

問題のセックスシーンを実況中継!



映画「無伴奏」でのセックスシーンは3回。最初は、出会って間もない響子の前で、突然に祐之介(斎藤工)とエマ(遠藤新菜)がおっ始めてしまう場面です。エマがあらわになった胸を揉まれ、祐之介に手マンで責められます。



いたたまれなくなった響子は、部屋を出てしまいます。そこでシーンチェンジしているため、ふたりの挿入の場面はありません。遠藤新菜がヌードを披露してリアルな濡れ場に挑戦しているところなので、最後まで見てみたかったところです。




続いては映画の中盤で、響子(成海璃子)が渉(池松壮亮)に初めて抱かれ、処女を喪失する場面です。女性とのエッチは初めての渉にぎこちなく服を脱がされた響子は、そのまま布団の上に押し倒されて、正常位の姿勢でふたりのセックスが始まります。




  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る