小間千代のセクシーなエロ画像30枚|ビキニ、谷間など満載

小間千代のセクシーなエロ画像30枚|ビキニ、谷間など満載

1,245 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
小間千代は、Gカップ爆乳が魅力の人気グラビアアイドルです。2013年にデビューしてすぐに、「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」にエキストラで出演したことで、一気に知名度が上がりました。現在も、グラビアやタレントとして活躍を続けています。今回は、そんな小間千代のセクシーなエロ画像をまとめて一気に30枚紹介していきます。


小間千代とは





小間千代は、兵庫県尼崎市出身。1991年3月16日生まれの27歳(2018年4月時点)。血液型はAB型です。2013年に上京し、原宿で現在の所属事務所にスカウトされて芸能界デビューを果たします。デビューしてすぐに、人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」にエキストラで登場し、話題に。

2014年からは、フジテレビ「アウトデラックス」の2代目カウンターガールとして出演。しかし、2016年には番組を突然引退。降板した理由について、番組内で「いろんなことがあり、所属事務所と揉めてカウンターガール引退を決意した」と、アナウンスされ、ネットで話題になりました。事務所と揉めた理由については、「彼氏に降板するよう言われた」、「事務所の恋愛禁止ルールを破ったため」など、男絡みではないかと噂されています。しかし、この他にも、さまざまな噂が流れているため、どれが真実なのかは謎です。

司会を務めるマツコ・デラックスや、出演者の南海キャンディーズ山里亮太が、番組終了前に小間千代の番組降板について、「交際している男に理由にあるのでは?」という話をしていた
引用:危機タイムズ



小間千代のエロボディ




人気グラビアアイドルの小間千代は、Gカップの豊満バストを武器に、多くのグラビア誌などで活躍しています。身長は162㎝で、日本人女性の平均身長よりも少し高め。体重は非公開ですが、スレンダーな体型でスタイル抜群なので大体45kgくらいだと予想されます。スリーサイズは、B88-W59-H89。おっぱいとお尻は大きく、ウエストは引き締まっていて、理想的なエロボディです。

小間千代は、セクシーなグラマーボディを維持するために、定期的にジムに通って体を鍛えているようです。マッサージが得意なようですので、自分でもマッサージをして美しい体をキープしているのかもしれませんね。

※Gカップ限定グラドルをもっと見る↓↓
究極のおっぱい!Gカップ限定でグラビアアイドルを10人紹介

小間千代のGカップ爆乳のエロ画像




セクシー過ぎる眼帯ビキニを着ている小間千代のエロ画像です。眼帯ビキニが小さ過ぎて、Gカップのおっぱいが大きくはみ出しています。おっぱいが腕に押されて、大きな谷間ができているのもエロくて最高です。変態っぽい眼帯ビキニは、乳首が見えそうでドキドキしますね。



ノーブラで、ゆるめのタンクトップを着ている小間千代のエロ画像です。タンクトップの胸元から見えるGカップ爆乳が、たまらなくエロい。ちょっと動いただけで乳首がポロリしてしまいそう…。



セクシーな谷間を大胆に披露する小間千代のエロ画像です。美し過ぎるGカップおっぱいに、目が釘付けです。こまちよは、かなりのドMとしても知られており、自ら「イエスマンです。何でも服従するタイプ」と暴露しています。Gカップおっぱいを、思いっきり攻められるのが好きなのでしょうか。小間千代は、S男の妄想を掻き立てるのが得意なようです。

プライベートは“ドM”と明かし、「(男性のことを)すべて受け止めるイエスマンです。絶対服従のドMタイプ」とドッキリ発言でわかせた。
引用:サンスポ





セクシーな姿の小間千代。おっぱいが大き過ぎるため、はみ出していてエロ過ぎます。見ているこちらがドキドキしてしまいます。



黒の大人っぽいセクシー下着をつけている小間千代のエロ画像です。大きく盛り上がっているGカップ爆乳がエロい!柔らかそうな唇もセクシーで魅力的です。

※巨乳の芸能人をもっと見る↓↓
【画像あり】芸能人巨乳ランキング!1位はやっぱりあの人…!

次のページ
小間千代のセクシーな谷間のエロ画像
  • 1
  • /
  • 5
1/5 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る