1
奇妙なSMをするラッコのおかげで人類に新たなセックス分野が開拓された!

奇妙なSMをするラッコのおかげで人類に新たなセックス分野が開拓された!

320 views

SMが好きなのは実は人間だけではありません。生物界に目を向ければ、SMを堪能している動物たちがいるものです。その一つがラッコ!彼らのセックスシーンの映像を入手しましたので、記事内で紹介しますね。そして、さらに!このラッコのSMを応用すると、実は人間界にも活かされることが分かりました。人類に新たなセックス分野が生まれたのです!これは世紀の大発見!大感動のレポートを最後までぜひ読んでみてください。


普通のセックスにマンネリしてない?

普通のセックスにマンネリしてない?

現在夫婦やカップルで日常的にセックスしている人もいると思いますが、普通のセックスはどんなに体位を変えたりしてもマンネリしてしまうものです。













少し探しただけでセックスレスやセックスのマンネリ化に悩んでいる人はこんなにも多くいました。それだけ普通のセックスに飽きてしまっている人は多いのです。


アブノーマルセックスだといえば、SMが思い浮かぶけど…

アブノーマルセックスだといえば、SMが思い浮かぶけど…

普通のセックスではないセックスと言えば真っ先に思い浮かぶのがSMです。SMは非日常感もありますし、興奮するには確かに要素を沢山持っています。








現時ではSMをこんなにも楽しんでいる人がいます。アブノーマルな雰囲気から敬遠する人もいますが、ハマってしまうとこんなにも楽しめるのがSMの魅力です。しかし、そんな中更にSMを楽しめるプレイが発見されたのです。

※SMしたい初心者はこちらをチェック↓↓
SMしたい初心者のあなたが、絶対に知っておくべき基本と始め方

超朗報!人類に新たなセックス分野が開拓されました!

人類の中でセックスというのは欲望でもあり快楽でもあり、でもあります。そんなセックスの革命とも言えるセックスの新しい分野が開拓されました。今までのセックスに新しい分野が開拓された、これはつまり歴史が変わる瞬間です!

筆者はこの発見は、ニュートンの万有引力やアインシュタインの相対性理論にも通じる大発見だと自負しております。なんといったって、人間の三大欲求の一つ、性欲における画期的な発見なのですから!これはもうノーベル賞ものですよ。


そのヒントは…ラッコ!

新しいセックスの分野…そのヒントはなんと動物にありました。動物と言えば犬や猫などを思いつく人がほとんどだと思いますが、そのヒントとなった動物はラッコです。ラッコのイメージはおなかで貝を割っている可愛らしい姿ですが、そんな可愛らしいラッコから新しいセックスのヒントが見つかったのです。


ラッコには奇妙なSMプレイをする習性あり

実は動物の世界にはSMの概念が根付いていると言えます。有名なところで言うならばカマキリのメスがセックス後にオスを食べてしまうのも究極のSMとも言えるのではないでしょうか。他にも有名なところで言えば猫です。猫はオスの性器がトゲになっていて、その痛みによってメス猫の排卵を誘発します。

このように動物は痛みを伴うことで排卵を誘発する癖があります。そして、ラッコも同じように痛みによって排卵を誘発させる行為があります。

イタチやカワウソの仲間であるラッコは、鼻に噛みつくんです。噛みついて血が出ないと排卵しません。子供を生んだことのあるラッコは、鼻に傷が残っているのですぐにわかります」
引用:ネコ、ミンク、ラッコ 動物にもSMプレイ好きはいる│NEWSポストセブン


ラッコはなんと性器などではなく鼻に噛み付くことで排卵を誘発させるのだそうです。猫などのトゲのある男性器ならばまだわからなくはないですが、鼻を噛むというのはかなり独特です。


必見!ラッコのSMシーンの映像を入手



話題となっているラッコの鼻を噛むシーンはこの動画の1分30秒あたりからです。それまではとにかく激しく動き回っていますが、1分30秒を過ぎたあたりから思いっきり鼻を噛みにいっているのがわかります。1度や2度ではなく何度も何度も鼻に噛み付こうとしています。

一見人間のキスのようにも見えますが、どう見てもキスではなく鼻に噛み付こうとしているのです。

更にもう一つこちらの動画でも鼻に噛み付いているのがわかります。



こちらの動画では最初はわかりにくいですが、20秒あたりのところでしっかりと鼻に噛み付いているのがわかります。軽く噛み付いているレベルではなく、かなりしっかりと噛み付いている様子が伺えます。

※サメの性生活に関する情報はこちらから!↓↓
サメはSMプレイをする!?水中生物たちのエロすぎる実態に迫る

これは!もしかして人間にも応用できるのじゃないか?

人間もある程度の痛みは気持ちよく感じてしまうものです。つまり…このラッコの鼻噛みは人間でも使えるのではないでしょうか!人間だって動物です!動物がしているなら人間だってしてみましょう!


鼻を刺激されて興奮するところが人間にも通じる!

人間の場合鼻をかむときに鼻をグっとおさえますが、その時に嫌な気持ちになった人と言うのは少ないと思います。あくまで持論ですが、人間の穴という穴は全て感じるという持論があります。

例えば耳かきをする時、物凄く気持ち良いですし、汚い話ではありますが鼻をほじる時も気持ちよいと思う人は多いはずです。このように人間の穴は感じやすい作りになっているのではないかと思います。

つまり、その鼻を刺激することで感じるというのは自然な話なのです。


図解で分かる!鼻噛みプレイのやり方

いきなり鼻を噛んだとしてもやはり一番先に思ってしまうのは「痛い」という感情です。いきなり脈絡もなしに噛まれれば誰でも痛いと思ってしまいますから、大事なのは徐々に刺激するということです。

01

まずは鼻の頭を舐めたり、とにかく神経の集中を鼻に集めさせます。口で刺激するのではなく、鼻を軽く指でなぞったりしてあげるのも良いですね。そこから次の展開が鼻の甘噛みです。甘噛みを何度か繰り返すことで、人はもっと強く噛んでほしいと思ってしまいます。

何度か焦らして甘噛みをしたところで最後の最後に思いっきり歯を立てて噛みます。これが意外とビクっとして感じてしまうのです。


さっそく試してみました!

新たな鼻噛みというプレイ、これを試してみない手はありません。せっかくの新しい快感を知りながらも試さないなんて目の前の宝を無視するようなものですから、さっそく試してきました。


都内の某SMバーにて、提案してみた

行った先は都内の某SMバーです。他にもハプニングバーや風俗でお願いする手もありましたが、鼻噛みはあくまで徐々に刺激に慣れさせたり焦らす部分が大事なので、その点をしっかり把握しているのはやはりSMに慣れている人です。素人にいきなり噛ませたらいきなり強く噛んできてしまいそうで、怖いですからね。

そしてとある女性と会話をし、この新しいプレイを紹介しました。最初は笑って聞いていましたが、ラッコの話などをするにあたって少しずつ信じてくれたのか、真剣な顔つきになってくれ、これが気持ち良いと証明したいという気持ちもわかってくれました。

※関連記事:↓↓
渋谷のSMクラブ 全5店を徹底調査!【ソフトSMからハードSMまで口コミ情報満載】

プレイ中の様子をレポート

やり方を伝えるとさっそく女性の方から鼻を軽く刺激してくれます。実際鼻などは関係なく、女性の顔が目の前にあるというだけでも興奮してしまうものです。また、鼻を舐められるという感覚は味わったことのないもので、意外とゾクゾクしてしまいます。

少しずつ甘噛みになっていくと、焦らされているような感覚になり、早く思いっきり噛んでほしいという気持ちに襲われてしまいます。ただ、そこを我慢することでMっ気にも火がつき、勝手に興奮してしまいます。

また、手馴れているのか鼻を甘噛みしながらも言葉で責めてくれたので、それもまた良かったです。「鼻噛んでほしい?」と言われてしまうと、鼻なんて噛まれて喜んでいる自分が恥ずかしいという気持ちになり、羞恥心をいじられます。

そしていざ鼻をガブっとしてもらうと、痛みではなくつい気持ちよさから声が出てしまいました。正直これをしながら、一人でしていたら物凄く気持ちよかったんだろうな…と思ってしまいました。


体験者たちからも絶賛の声続出…!

この成功をもとにSMバーにいた他の方にもコツを教えてあげると実際に試す人が続出しました。まさかここまで受け入れられるとは思っていなかったので驚きましたが、この気持ちよさは是非沢山の人に味わってもらいたいです。

そして、実際試した人からも絶賛の声が多数あがりました。一部紹介しますね。

「最初は違和感あったけど、途中から気持ちよくなってきました」(Sさん・31歳女性)
「ふつーのSMに飽きた頃にまたやりたい感じですね」(Kさん・29歳女性)
「M男の自分としては大満足です」(Tさん・41歳男性)
「来世はラッコでもいいなぁ」(Mさん・37歳男性)
「すげークセになりそう笑」(Oさん・27歳男性)

ラッコの場合はオスがメスの鼻を噛みますが、人間の場合は男女どちらでも感じてしまうようです。上記の他、女性の場合は顔についている男性器を舐めているみたいという感想もありました。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る