9
有名女優がヌードを解禁!乳首が見える濡れ場シーン11選【2020年最新版】

有名女優がヌードを解禁!乳首が見える濡れ場シーン11選【2020年最新版】

2,332,326 views

「海を感じる時」撮影中の裏話



「脚本を読んだときは洋の魅力がわからなかった。本当に最低な男だなと思った」と語る市川さん。しかしひたむきに洋を愛する恵美子には激しく感情移入できたようで、「女としてのどうしようもないもがき、痛さに、胸がしめつけられた」と思い入れの深さを話しています。

ちなみに濡れ場の撮影では「私に経験がなくても、池松さんはいろんな映画で経験してるから安心して身を任せた」と思いのほかリラックスして挑めたそう。「私自身が自分の代表作だと胸を張っていえる作品」というその出来をぜひチェックしてみましょう。

〇関連記事:【映画「海を感じる時」の濡れ場】市川由衣の官能シーンでオナニーできるか、ズバリ解説します

⑧「硝子の葦」相武紗季:Cカップ

⑧「硝子の葦」相武紗季:Cカップ 引用:Amazon
ヌケる度 ★★☆☆☆
濡れ場解禁の注目度 ★★☆☆☆
女優のスタイル ★★★★☆
女優の演技・喘ぎ声 ★★★☆☆
濡れ場シーンの撮影編集力 ★★☆☆☆

相武紗季さんが濡れ場に挑むのは珍しいこと。そのため制作発表でも多くの取材陣から質疑応答が殺到しました。「官能ミステリー」と呼ばれるほど激しい濡れ場の数々は必見です。

【要約・あらすじ】
親子ほど歳の離れた夫を持つ節子(相武紗季さん)。夫への恋愛感情がない節子は、夫の会社の部下である昌弘と不倫をしています。しかしある日不倫中に「夫が事故にあった」と連絡が。病院に現れた節子の実母・律子は節子に罵声を浴びせます。それもそのはず母は夫・喜一郎の元愛人だったのです。


相武紗季の濡れ場シーンの魅力

節子と昌弘の不倫セックスは「とにかく激しい」の一言。長時間舌を絡め合うキスシーンから始まったかと思えば、騎乗位での腰のくねりや正常位での高速ピストンと、AV顔負けの濃厚セックスを見ることができます。

騎乗位での腰の動きもかなりエロいですが、それ以上に生々しく感じるのが正常位中の節子の表情!「こんな顔本当に挿れてないとできないんじゃないか」というくらい、眉間に寄るシワや動きに合わせた喘ぎ声がとてもリアルですよ!


「硝子の葦」撮影中の裏話



「母親の元愛人と結婚して不倫する」というなんとも激しい役柄を演じきった相武さん。番宣のポスターを裸で撮影した際は、裸になる抵抗感よりもポージングが難しく無表情を保つのがつらかったそう。ちなみに出来上がったポスターを見た相武さんの感想は「野生児みたい(笑)」だそうです。

節子という女性に対する意見としては、「私自身は母が大好きなので、母殺しは考えられない」と嫌悪感を抱いたと言います。また「不倫も嫌です(笑)」と、最後まで節子を好きになることはできなかったそうですよ。

〇関連記事:ドラマ「硝子の葦」の濡れ場では本当にヤッてる?相武紗季のSEXシーンを検証

⑨「光」橋本マナミ:Gカップ

⑨「光」橋本マナミ:Gカップ 引用:Amazon
ヌケる度 ★★★★☆
濡れ場解禁の注目度 ★★☆☆☆
女優のスタイル ★★★☆☆
女優の演技・喘ぎ声 ★★★★★
濡れ場シーンの撮影編集力 ★★★☆☆

本格サスペンスの中にも激しい濡れ場があることでも評判になった「光」。愛と憎悪が渦巻く四角関係は「大人の醜さが見れる」と高い評価を得ています。

【要約・あらすじ】


離島で暮らしていた信之・輔・美花の3人。ある日美花がレイプされているのを目撃した信之は、犯人である男を殺してしまいます。その後津波によって島が消滅し、全てが消え去った過去だと思っていました。しかし25年後東京で生活する3人に過去の罪が迫り始めます。


橋本まなみの濡れ場シーンの魅力


信之の妻でありながら輔と不倫をしている南海子(橋本マナミさん)。抱かれるために輔の自宅を訪ねるところから、濃厚な濡れ場が始まります。

輔を強く求めるせいか着衣のままフェラを始める南海子。それだけでもエロいのに、輔にお尻を乱暴に揉まれ強引に起こされるシーンはヌキどころとしておすすめ!またその後足先を舐められたり背面側位でハメ倒されたりと、かなり濃厚なセックスが続きます。

しかもバックで激しく突かれる際には、髪の毛がボサボサになっているのが生々しくてGood!「動きに合わせた喘ぎ声」というよりも「感じているから出る喘ぎ声」のようなリアルなリアクションは最高としか言いようがありません!


「光」撮影中の裏話

記者から「過激な濡れ場がありましたが…」と質問されたとき、橋本さんはキョトンとした表情で「そんなに過激でしたか?(笑)」と返したといいます。AV顔負けの濡れ場だったにも関わらず、本人はそうは思っていなかったそう。そうなると橋本さんが過激だと感じる濡れ場がどんなものなのか気になりますね…。

ちなみに撮影時にも「ガバッて脱いですぐに撮影を始めたので恥ずかしさや緊張はなかった」というから驚きです。「この作品に対して全部出し切る覚悟だった。濡れ場のハードルなんてちっぽけなもの(笑)」と語る橋本さん。これは今後の活躍も期待できそうです!

〇関連記事:橋本マナミのセクシーなエロ画像32枚|グラビア、谷間など満載

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る