1
妻が大学生と不倫をしています。相手に慰謝料を請求出来るのか?

妻が大学生と不倫をしています。相手に慰謝料を請求出来るのか?

167 views

昼ドラの影響もあり、何かと話題の不倫。男性の中には、妻に隠しながらうまくできないか考える人もいるかもしれません。しかし、逆に自分がされる立場になったらどうでしょうか。それも自分よりも遙かに若い大学生に妻を寝取られたとしたら。そして、そのことを知ってしまったら。これは、私が妻を大学生に寝取られた体験談を元にした苦悩の話です。果たして大学生相手に慰謝料は取れるのか? ぜひ知っておいてください。


妻が不倫をしています!しかも大学生と

妻が不倫をしています!しかも大学生と
私の妻は35歳。手前味噌で恐縮ですが、非常に美人で色気もあり、まだまだ男が放っておかない現役を感じさせる女性だと思います。結婚してから5年になりますが、私も時間があれば未だに夜通しでセックスするくらいには、女性として魅力を感じています。あまりに魅力的すぎて、子作りを避けてセックスを楽しみ続けていたほど。

そんな夫婦がいるのかと思うかもしれません。セックスレスが大変話題になる昨今なら、5年もの間子供一人作らずにただセックスし続ける夫婦なんて、考えられないのも頷けます。しかし、子供ができてしまってはセックスしにくくなってしまいます。それが嫌で子供を作ろうとして来なかったのです。これは私のエゴだったのでしょう。このことが完全に裏目に出てしまったのです。

そう、妻を母ではなく、女のままにしておいたのは明らかに私のミスでした。女として現役な妻は、あろうことか大学生と浮気するようになってしまったのです。妻の不倫について分かったとき、まさか大学生相手なんてと思いました。しかし、よくよく考えて見れば、妻は大学で事務の仕事をしています。あれだけ女性として魅力的な妻ですから、学生が抱こうと思っても不思議ではないのです。彼女の不倫は、たまたま彼女の大学に仕事で寄ったとき分かりました。こんなことなら、彼女を大学でなんて働かせてはならなかったと後悔しています。


家族は子供がいないのでいつでも離婚してやります

それだけ美人の妻ですが、私としては子供もいない以上、いつでも離婚する考えです。朝まで勃起が収まらないほど性的魅力の高い女性には違いありません。彼女と離婚後、彼女ほどの美人と結婚するのはきっと難しいでしょう。しかし、私も1人の男。大学生というまだ社会経験すらない男と不倫するような女性とは、家庭生活を続けていこうと思えないのです。

まだ妻には離婚について話していません。そもそも妻は、自分の不倫がバレているとも思っていないはずです。全てもろもろの準備ができ次第、彼女には伝えようと思っています。彼女を失うのは本当に惜しいですが、私は彼女が大学生と淫らなことをしていることが許せないのです。


ところで相手は大学生、慰謝料を請求できるのか

ところで、今回の離婚について、私はできれば大学生の方にも慰謝料を請求したいと考えています。どちらから不倫を持ちかけたのは分かりませんが、不貞行為を働いたことには違いありません。たとえ大学生であろうと、社会的にやってはいけないことをすればどうなるか、それを理解すべきだと考えるのです。しかし、ここで一つ疑問を感じたのは、果たして大学生に慰謝料の請求ができるのか? ということ。

大学生だから、慰謝料請求ができないということではありません。
ただ、働いていないということであれば、どこまで相手に資力があるか分かりませんので、実際に支払ってもらえるかという問題はあると思います。
引用:弁護士ドットコム


弁護士の見解を読む限り、大学生相手でも慰謝料の請求はできるようです。これを知って、私はいくらかほっとしています。ただ、ここで気になったのは、相手が未成年の場合です。今のところ相手の年齢までは分からないのですが、大学生ということは未成年の場合も考えられます。その場合、慰謝料の請求ができるのか気になりました。

未成年についても、18歳というのであれば責任能力がありますので、慰謝料請求に何らかの問題があることもありません。
引用:弁護士ドットコム


どうやら、相手が未成年であっても18歳以上ならば慰謝料の請求ができるようです。大学生である以上、18歳以上なのはほぼ間違いないので、一安心です。


結論は「大学生相手でも不倫の慰謝料を請求できる」

結論からいえば、たとえ相手が大学生であっても不倫の慰謝料を請求できるようです。それだけではありません。18歳以上ならば、その大学生が未成年であっても慰謝料の請求は可能とのこと。ただし1点問題があるとすれば、慰謝料を請求したところで、相手にそれを支払える能力がなければ支払ってもらうのが難しいこと。こればかりはかなり厳しそうです。

私はこのことを踏まえて、今後弁護士に相談し、離婚に向けて妻と話し合っていこうと思います。できればしっかりと慰謝料を勝ち取りたいと思いますが、どうなるかは実際にやってみなければ分からなそうです。慰謝料の請求自体はできるようなので、問題は回収できるかどうか。私は何としても、私の妻を奪った男にその償いをさせられるよう頑張りたいと思います。


まとめ:妻が大学生と不倫をしていると慰謝料は請求できる

熟女ブームが来ている昨今、大学生だからといって侮れません。あなたの妻も大学生に寝取られる可能性があるのです。しかし、安心してください。たとえ不倫相手が大学生であろうと、慰謝料の請求はできます。支払い能力の問題はありますが、泣き寝入りしなくても良いのです。もしあなたの大切な妻が大学生に寝取られるようなことがあったら、今回の話を参考にして、しっかりと戦いましょう! 以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


◯関連記事
人妻が不倫をしている現場を押さえられた時に口にした信じられない言い訳
「私、大学生と不倫しています」42歳人妻の赤裸々告白



驚きの5000円でなんと風俗約20回分セックスが楽しめちゃう!?

ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗だと安くても1万円はかかります。プラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかります。高いですよね。

そのお金を”あること”に回すだけで簡単にセフレが出来て、一生タダでセックスできるようになっちゃいます。なんと、たった5000円で風俗20回分セックスできちゃう

風俗にお金をかけるよりもお得にセックスできる方法とは

ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

女性は男性以上に性欲があります。女性は社会性が高く、友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人。

jmailkoukoku02

Jメールが他の出会い系と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。セフレ探し、不倫相手探し、一夜限りの相手探しなど、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由

Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てください。

Jメール

全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます。

筆者は、メッセージを送って即日待ち合わせをして、ホテルで即セックス。

次々と会えるので、可愛くて、エロくて、軽いノリの子をセフレにしましょう。ガンガンセックスしましょう。
deaipoint01

Jメールを使ってみたら慣れれば500円でセックスできた

sexsyouko001
結論としては筆者は5000円課金して7人とセックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

1ヶ月で7人と24回セックスしました。これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。風俗に何度行ってもセフレにはできないですよね。そう考えるとJメールに課金してセックスする方がコスパ良いですよね。

deaipoint01

今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

Jメールポイント
そこでオススメなのが、現在開催中の600万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、1000円分無料でお試し出来る上にかなりオトクにポイントが買えます。

Jメールスタートダッシュキャンペーン
新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするべきです。

慣れればたった5000円の投資で10人位セフレが作れちゃいます。セフレなら、一生タダでセックスできます。

Jメールスタートダッシュキャンペーン

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。 deaipoint01
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る