朝ドラじゃ見れない永野芽郁のセクシーなエロ画像7枚|生足や太ももなど

朝ドラじゃ見れない永野芽郁のセクシーなエロ画像7枚|生足や太ももなど

4,506 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
子役時代から多くの作品に出演するかたわら、身長163 cmのすらりとしたスタイルを武器にファッション誌モデルとしても活躍中の永野芽郁。2018年にはNHKの朝ドラ「半分、青い。」のヒロインに抜擢され、大きな注目を集めています。この記事では、そんなかわいい永野芽郁ちゃんの濡れ場シーンなど、朝ドラでは決して見られないエロ画像をまとめて紹介します。


永野芽郁とは




永野芽郁(ながのめい)は、1999年生まれ・東京都出身の女優です。小学校3年生の時に買い物中のところをスカウトされ、2009年公開の映画「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」で子役としてデビューします。





子役として多くのテレビドラマに出演するかたわら、翌年の2010年に小学生向けファッション誌「ニコ☆プチ」(新潮社)でモデルデビュー。2016年からは人気ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルとしても活躍しています。





2016年にテレビ東京系のドラマ「こえ恋」で初主演を務めたのち、後述の通り、2018年にはNHKの朝ドラヒロインに大抜擢。今後の活躍にも注目が集まる、新進気鋭の若手女優のひとりです。


朝ドラ「半分、青い。」で主演




永野芽郁が主演を務める朝ドラが、2018年の上半期に放送されている「連続テレビ小説 半分、青い。」です。トレンディドラマの女王・北川悦吏子が脚本を務めることで、放送前から話題となったドラマです。



この作品で、永野芽郁は主役の鈴愛(すずめ)を熱演。左耳が難聴のハンデを持ちながら漫画家を目指す少女という難しい役柄をこなし、その演技力が高く評価されました。



学生生活から上京、結婚に出産、そして離婚と、鈴愛の波乱万丈の半生を描いたこの作品。あどけないセーラー服姿から落ち着いた大人コーデまで、弱冠18歳ながらさまざまな年齢の女性を演じる芽郁ちゃんの変化っぷりも見どころのひとつです。


次のページ
朝ドラじゃ見れないセクシーなエロ画像を発見!
  • 1
  • /
  • 5
1/5 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る