倉科カナの濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(クンニ・騎乗位)を解説

倉科カナの濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(クンニ・騎乗位)を解説

252,539 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
癒しのベビーフェイスで人気の倉科カナ、グラマーなカラダとのギャップは堪らないですよね。セクシーなグラビア画像も多く、夜のオカズにしていた方も多いのではないでしょうか。そこで今回は倉科カナのヌケる濡れ場を紹介・解説していきます。演技力はもちろん、その魅力たっぷりの表情や声に股間を熱くすること間違いなしです。倉科カナが好きな方や、倉科カナについて詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。


ベビーフェイスな女優・倉科カナ


GINGER編集部さん(@ginger_magazine)がシェアした投稿 -



簡単なプロフィール





倉科カナは1987年12月23日生まれの30歳、熊本県熊本市出身の女優・タレントです。身長159センチで、スリーサイズはバスト89センチ・ウェスト59センチ・ヒップ87センチです。

高校3年生のときに「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを獲得、高校を卒業した後に本格的にタレント活動を開始しました。2006年には「ミスマガジン2006」でグランプリに選ばれ、講談社マガジンを中心にグラビア活動も展開します。

2006年から女優としても活動していましたが、2009年にはNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』の主役に応募、1775人の中から選ばれヒロイン約を演じました。


ドラマ・映画・CMに引っ張りだこ


人気があって可愛くて巨乳、しかも演技力もあるときたら、そりゃもう引っ張りだこになりますよね。CMでは明るい笑顔いっぱいで、見ているだけで元気がもらえます。



ウェディングドレスコレクションショーではディズニープリンセスをイメージしたウェディング姿を披露、会場からざわめきが起こるほどの美しさです。




人気ドラマに出演し色気たっぷりの人妻を演じ話題に、男女ともに魅せられ一気にファンを増やしました。







倉科カナの濡れ場が見れるのはドラマ「奪い愛、冬」


倉科カナの濡れ場が見れるのはドラマ「奪い愛、冬」

デザイン会社に務めるヒロイン・池内光は仕事も順調で、婚約者の奥川康太もいて公私共に充実した日々を送っていました。しかし光にはかつて死ぬほど愛した、忘れられない元彼・森山信がいました。ある日突然信が現れ、光はダメだと分かっていながらも信を求めてしまうのでした。

「奪い愛、冬」の詳細はこちらから


問題のベッドシーンを詳しく紹介





婚約者役の三浦翔平との濡れ場で、あまりにリアルな演技で度肝を抜かれました。濃厚なキスから重なるカラダを連想させる絡まる脚、気持ち良さそうな顔が最高です。手を握り合って営みをする姿は恋人そのもの、甘いAVを見ているかのような感覚に陥ります。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説


ヌキどころは耳をちゅぱちゅぱ舐められて敏感に反応しているシーン、快感に耐えるかのようにベッドに顔を埋める姿に興奮します。その後カーテン越しにセックスする様子が映されますが、その影も非常にエロくて男心をくすぐられます。


次のページ
実際に「ヌイた」という口コミも
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る