1
池脇千鶴の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(乳舐め・正常位SEX)を解説

池脇千鶴の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(乳舐め・正常位SEX)を解説

4,750 views

実力派女優として多くの映画で活躍している池脇千鶴。体当たりの演技が魅力とあって、これまでの出演作では、本気度の高いフルヌードでの濡れ場を披露しています。そこで今回は、綾野剛とのラブシーンが話題となった映画「そこのみにて光輝く」をピックアップして、池脇千鶴の濡れ場シーンのヌキどころをじっくり解説しちゃいます。


名作映画には欠かせない、演技派女優・池脇千鶴





簡単なプロフィール




1981年生まれ・大阪府出身の女優、池脇千鶴(いけわき ちづる)。オーディション番組「ASAYAN」の企画にて「三井リハウス」CMの8代目リハウスガールに選ばれ、1997年に芸能界デビューを果たします(妹役は、子役時代の井上真央)。




1999年に映画デビューして以降は、主に女優として活動。2001年にはNHKの朝ドラ「ほんまもん」で主役を務めたほか、2002年のジブリ映画「猫の恩返し」では声優に初挑戦しました。





2004年公開の「ジョゼと虎と魚たち」では妻夫木聡を相手にベッドシーンに初挑戦し、個性的な演技が高く評価されました。これ以降も多くのドラマ・映画に出演している人気女優のひとりです。


30代になった現在も、実力派女優として活躍!


実力派女優として成長した池脇千鶴。30代を迎えた現在も、癒し系な存在感と確かな演技力で、主演・助演を問わず多くの映画で活躍しています。



今回紹介する「そこのみにて光輝く」(2014年)では、メインキャストとして風俗嬢役を熱演。その演技が高く評価され、第38回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞や第9回アジア・フィルム・アワードの助演女優賞など、国内外で数多くの映画賞を受賞しました。




また、一時は激太りが話題となりましたが、これは2児の母親役を演じた映画「きみはいい子」(2015年)の役作りが理由。映画監督からの「太ってくれ」という指示に対して、焼肉食で必死に体重増量に取り組んだそうです。




2018年に公開された話題作「万引き家族」に出演するなど、今なお第一線で活躍する池脇千鶴。今後の動向からも目が離せませんね!


  • 1
  • /
  • 4
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る