1
中山美穂の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(全裸での激しい正常位SEX)を解説

中山美穂の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(全裸での激しい正常位SEX)を解説

11,246 views

中山美穂さんはテレビドラマや映画など多方面で活躍するベテラン女優ですが、ドラマでベッドシーンやキスシーンなどでエロさ抜群の濡れ場を披露している女優の1人です。40代後半のミポリン世代はもちろんのこと、往年の人気女優の濡れ場を見たくない人はいないでしょう。今回はそんな中山美穂さんの濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(全裸での激しい正常位SEX)をくわしく解説します!是非ご覧ください!


昭和時代のアイドルの中でもビジュアルトップクラスの女優・中山美穂





簡単なプロフィール


中山 美穂(なかやまみほ)さんは 昭和45年3月1日生まれで現在48歳です。東京都小金井市出身で血液型はO型です。身長は158 cmです。愛称はミポリンです。実妹は女優の中山忍さんです。



中学1年生の時に東京原宿でスカウトされます。1985年にレコードデビューして、同年にTBS系ドラマでツッパリ少女役で女優デビューします。このドラマは過激なシーンやセリフが多く、かつてないその鮮烈な内容が大いに注目されて当時大ヒットしました。



無名な存在であった彼女が、ドラマの重要な役柄を当時14歳にして体当たりで演じ、清純派ヒロインとは一味違ったキャラクターで世間から一躍注目を集めました。



その後はドラマ・映画に多数出演し、絶対的な人気を得ます。歌手、女優として様々なジャンルにおいて高い評価を得て、各種賞を受賞し現在に至ります。ルックスは昭和の歴代アイドルの中でもトップクラスといわれています。


40代後半になった現在も、実力派女優として活躍!


実力派女優として人気の高い中山美穂さん。40代後半を迎えた現在も、圧倒的な存在感と確かな演技力で、主演映画など映画やテレビで活躍しています。
 





2018年春に、日韓同時公開の映画「蝶の眠り」で5年ぶりの映画での主演を果たしました。




相手役は日本でも人気急上昇中で、お隣韓国で大スターのキム・ジェウクさんということで話題を呼びました。

  • 1
  • /
  • 4
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る