1
松坂慶子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(乳首丸出しSEX)を解説

松坂慶子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(乳首丸出しSEX)を解説

50,022 views

大人のセクシーさが魅力の大女優と言えば松坂慶子さん。現在は60代となり、艶感のある美しい母親役などで、落ち着いた演技が魅力ですが、若いころは激しい濡れ場のある映画に出演し、話題となりました。松坂慶子の濡れ場で、今まで余裕で20回以上抜いた私が、魅力的な濡れ場シーンをご紹介します。松坂慶子が好きな人はぜひ映画を見てみてくださいね。


艶感あふれる大女優・松坂慶子





簡単なプロフィール


松坂慶子は、1952年7月20日生まれ、東京都大田区出身、身長162cm。日本人の母と韓国人の父のもとに産まれました。高校生の時に、大映からスカウトされて映画デビューし、翌々年には、映画「夜の診察室」で、主演予定だった渥美マリの降板により代役として主演を務めました。

1972年、松竹に移籍し、翌年NHKの大河ドラマで濃姫役を演じて大評判となりました。その後、時代劇・映画・テレビドラマに多数出演・主演するとともに、歌手としても活動しました。

その後、ジャズギタリストの高内春彦と結婚し、NYで二女をもうけ、芸能活動を縮小するしましたが、2000年頃から再び精力的に活動。年齢を感じさせない美貌とチャレンジ精神のある女優として広く活躍。昭和~平成と大活躍の大物女優です。


松坂慶子は、今も昔も人気のある大女優!


2018年は、NHKの朝ドラ「まんぷく」に出演し、主人公の母親役を演じ、大好評を集めています。

40年近く前、妖艶な黒のバニー姿で「愛の水中花」を歌った松坂慶子も御年66。主人公の母親役という、歳を重ねた大物女優たちが座ってきたポジションで存在感を放っている。放送中のNHK朝ドラ「まんぷく」ではヒロイン・福子(安藤サクラ・32)の母親役を好演。連日20%を超える高視聴率の陰の立役者といわれている。(中略)松坂は今年の大河ドラマ「西郷どん」でも西郷隆盛(鈴木亮平・35)の母親役を演じており、NHK看板ドラマ双方で主人公の母親役を務めるという“快挙”を果たした。
引用:文春オンライン


若いころは若いころで好きだったが、年齢を重ねてからの松坂慶子も魅力的という声が多いです。







「まんぷく」の頑固だけど時々チャーミングな母親役はかなり好評ですね。憎たらしいけれどクセになるという声が多かったです。その美貌だけでなく演技力も高く評価されている女優です。




演じている時だけではなく、バラエティ番組で見せる普段の立ち入り振る舞いも好きという声もありました。




もちろん、若かりしときの美人さは言うまでもありません。




歳をとってからの松坂慶子しか知らず、昔の写真や映像を見て美しすぎてびっくりする人も多いようです。




松坂慶子は、数少ない、今も昔も人気がある大女優と言えるでしょう。


  • 1
  • /
  • 4
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



TOPに戻る