1
麻生久美子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(乳首丸出しセミヌード)を解説

麻生久美子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(乳首丸出しセミヌード)を解説

37,885 views

アイドル歌手志望で履歴書を事務所「ブレス」に送ったところ、全国女子高生制服グランプリを受賞し、その後で女優デビュー。日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞しており、コミカルな演技への評価も高い麻生久美子ですが、映画では様々なセクシーな女性を演じており、その中には濡れ場も含まれています。今回は麻生久美子の濡れ場で20回はヌイた経験を基に、ヌレどころを紹介します。


素朴な美人女優・麻生久美子





簡単なプロフィール


View this post on Instagram
@uninagiがシェアした投稿 -


麻生久美子は千葉県出身の女優で、以前には広田 絵美という名義で活動していたこともありました。当初はアイドル歌手志望で女優には興味がなかったようですが、当初のマネージャーに目的を知らされないままに1998年公開の『カンゾー先生』のオーディションを受けたところ、合格し出演が決定。女優の道を歩むことになります。

幼少時代にはギャンブルに明け暮れた父親のせいで貧困に苦しんでいたようです。貧困のために、同じ服を着ていると「あいついつも同じの着てる」といって虐められ、道路に押されて車に轢かれそうになったこともあるといいます。また、貧困のために食事を十分に摂られず、川でとったザリガニを茹でて食べていたことも。


11年ぶりにテレ朝ドラマにレギュラー出演


麻生久美子の映画デビュー作は1998年とかなり古いものですが、最近でも活躍を続けています。



2006年にはテレビ朝日系の『時効警察』というドラマに出演しました。そして、2007年には続編『帰ってきた時効警察』にも出演。サウンドトラック盤では役名の三日月しずか名義にて歌手デビューしています。



また、2009年には岩松了作・演出の舞台『マレーヒルの幻影』にて初めての舞台出演を果たしました。初舞台を2015年、『怪奇恋愛作戦』で麻生久美子はドラマ初主演を務めました。



その後、2011年には興行収入では1位、映画観客動員ランキング初登場第2位を記録した映画「モテキ」に出演しています。そして、その翌年にはスタイリストの伊賀大介との間に子供が生まれます。


そして、2018年には時効警察以来11年ぶりのテレ朝ドラマ「Dele(ディーリー)」に、デジタル遺品の抹消を生業とするプログラマー・圭司(山田)の姉にふんしてレギュラー出演しました。


麻生久美子の濡れ場が見れるのは映画「カンゾー先生」




間近に控えた日本の岡山県を舞台の映画です。患者を「肝臓炎」としか診断しないカンゾー先生と呼ばれる医者と、彼を取り巻く人々の人生が描かれています。

1945年に舞台の岡山で開業医をしていた、カンゾー先生は周辺住民の間で流行していた心臓病をすべて肝臓炎と診断していました。ただし、彼はただ無能な医者だったのではなく、肝臓炎の研究には人一倍熱心だったのです。肝臓炎という診断が周囲には信頼されないなかで、カンゾー先生の肝臓炎の研究が進みます。

しかし、その頃に、看護婦として雇っていた淫売癖のある麻生久美子演じる万波ソノ子が、近隣の捕虜収容所から脱走したオランダ兵を怪我人として、カンゾー先生の病院に連れてきてしまいます。

戦争中でオランダ兵にも恨みをいだいて、どうにか処分したりカンゾー先生の周囲と、オランダ兵を助けたい万波ソノの板挟みにあい、カンゾー先生は自分の開業医としてのあり方を見つめることになります。

「カンゾー先生」の詳細はこちらから


問題のベッドシーンを詳しく紹介


問題のベッドシーン

麻生久美子演じる、万波ソノ子は貧しい生活のために、売春をしています。納屋で客と抱き合ったり、芸者宿ではオッパイを剝き出しにして、客に股を撮影させたりしています。

客に股を撮影させるシーンでは、帽子を被った男に股を広げて見せるように迫られ、恥ずかしがりながらも、肘を床について上体を少し起こした態勢で、撮影をさせています。男はまじまじと万波ソノ子の股間を覗き込んでおり、股間を見られる万波ソノ子は困惑と興奮が混じった表情を浮かべています。

また、ラストシーンの船上でお尻まる出しのスパンキングシーンも忘れてはいけません。日焼けした野性味たっぷりな肢体と、若さゆえの、キュッと締まった美尻が最高です。

  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る