1
新川優愛の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(童貞にSEX指南のベッドシーン)を解説

新川優愛の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(童貞にSEX指南のベッドシーン)を解説

22,371 views

2008年に単発スペシャルドラマとして放送された「長男の結婚」に出演したことを皮切りに様々なドラマや映画に出演している女優新川優愛ちゃん。幼い頃からテレビ好きで自分も出演したいという夢を叶えた彼女は様々な役をこなしていますが、実は濡れ場があるような役もこなしていたことを知っていますか。今回は新川優愛ちゃんの濡れ場・ベッドシーンについて詳細に解説していきます。


自身の夢を叶えた女優・新川優愛





簡単なプロフィール


幼い頃からテレビが大好きで、自身も出てみたいという夢を叶えて、今や様々なドラマで演者として活躍する優愛ちゃん、女優になることについては父親に相談したところ「いんじゃない」の一言であっさり承諾してもらったそうです。兄弟はおらず一人っ子で劇場に自らの足で見に行くほどのお笑い好き、優愛ちゃん自らNON STYLE井上のファンであることを公表しています。埼玉の通っていた高校の同級生には体操男子日本代表の加藤凌平がおり、筧美和子とは親友で「美和子ちゃんと会いすぎて彼氏が作れない」と言うほどの仲です。


モデルやグラビアもこなす多忙な女優新川優愛ちゃん





すっぴんもかわいい新川優愛ちゃん、実は見かけによらず大食漢でついつい食べすぎてしまうらしく、ちょっと太ったなと思ったらすぐに食事制限などでダイエットするんだそうです。




雑誌SEVENTEENモデルもしている新川優愛ちゃん、毎年欠かさず東京ガールズコレクションには出演し堂々とランウェイを歩いています。




新川優愛ちゃん自身のセカンド写真集で水着グラビアと共に下着姿も披露、ネット上でかなり話題となっています。




日本では珍しい水球を題材としたドラマ「水球ヤンキース」にヒロイン役で出演した新川優愛ちゃん、出演者には親友である筧美和子ちゃんもおり、親友同士での共演となりました。


新川優愛の濡れ場が見れるのは短編「人生ごっこ」


新川優愛の濡れ場が見れるのは短編「人生ごっこ」

優愛ちゃんの濡れ場が見られるのは2013年にフジテレビにて放送された短編「人生ごっこ」というドラマ内です。主人公灰原洋二郎(森岡龍)は少年漫画「カメレオンファイター」の編集担当をしているが、すぐ弱音を吐くし締切は守らずなにかにつけて連載を終わらせようとする作者暗木狂四郎(池田鉄洋)に頭を悩ませていた。そんな時ストレス発散のつもりでいったガールズバーで出会ったマコ(新川優愛)に一目惚れ、しかも自分が漫画家暗木狂四郎だと嘘までついてしまいます。

「人生ごっこ」の詳細はこちらから


問題のベッドシーンを詳しく紹介




問題の濡れ場は、洋二郎(森岡龍)がガールズバーでマコ(新川優愛)と出会い、話の流れラブホテルに2人で行くところです。ラブホテルで女性を抱いたような経験がない洋二郎、しかも相手はかなり可愛いマコなので部屋で2人共バスタオル一枚巻いている姿になっただけで興奮気味、理性が崩壊しかけます。動揺する洋二郎に対して落ちつているマコは洋二郎に口づけをするとそのままベッドに押し倒しちゃいます。

このあとセックスシーンへと展開する流れなのですが、テレビで公共の電波にのって放送されていたドラマだったのでさすがに場面が転換します。その後は朝となりラブホテルを出て2人で歩いて帰っていくシーンとなるので、実際にどんなセックスであったのかは妄想するほかありません。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説


ヌキどころとしてはやはりマコ(新川優愛)が洋二郎(森岡龍)にキスをして押し倒してしまうところと、押し倒したあとに洋二郎のタオルをめくってフェラしようとするシーンです。ドラマ自体はタオルをめくった辺りで場面転換してしまいますが、タオルをめくって現れるのは勃起した洋二郎のチンポなので、そのままマコがフェラしたであろうことは明白です。ドラマの流れからマコ側が主導権を握るような形でセックスしたと考えられるので、フェラしたあとはマコ自らが跨って、自らのマンコに勃起チンポを入れて腰を動かしてのご奉仕ガチハメ騎乗位をしたと妄想でき、何度もオナニーのオカズにできてしまいます。


【オマケ】新川優愛のセクシーな画像5つ




新川優愛ちゃんの水着グラビア画像、おっぱいこそ大きくありませんがスタイルは抜群、一度でいいからこんな子を抱いてみたいものです。

  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る