斉藤由貴の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(対面立位セックス)を解説

斉藤由貴の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(対面立位セックス)を解説

32,054 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
ドラマ「スケバン刑事」で一躍有名人になった斉藤由貴さん。喋り方が独特で、笑顔が可愛く多くのファンを虜にしています。数々のドラマや映画に出演してきた斉藤由貴さんですが、あるドラマの濡れ場がエロいと話題になりました。そこで今回は、話題の濡れ場を徹底検証し詳しく解説します。ヌケるエロシーンとなっていますので、是非ご覧ください。


超個性的で魅惑的な女優・斉藤由貴





簡単なプロフィール


1966年生まれの横浜市出身の斉藤由貴さんは、1984年の18歳のときに芸能界入りし明星食品のCMでテレビデビューを果たしました。1985年には「卒業」で歌手デビューをし、現在でも歌われ続けている大ヒット曲となりました。また、歌手デビューを果たした2ヶ月後にはドラマ「スケバン刑事」で主役として女優デビューも果たしています。




その後、人気は衰えることなく数々のドラマ・映画・舞台などに出演し多くのファンを魅了し続けています。


W不倫騒動で世間を賑わせた斉藤由貴


魅惑的な斉藤由貴さんですが、2017年8月に医師とまさかのW不倫が発覚したことで世間を賑わせました。斉藤由貴さんの不倫と言えば、結婚前に尾崎豊さんと北海道の不倫旅行・川崎麻世さんとは癒し合う関係と言い、不倫報道がされてきました。不倫好きとも言われていた彼女ですが、結婚後は家庭第一になったのか一度も不倫騒動はなかった中のW不倫ということでかなり衝撃的でした。




さらに衝撃的なことが流出したのは、不倫相手である医師が斉藤由貴さんのパンティーと思われるものを頭から被っている画像です。この画像を斉藤由貴さんが撮ったのだとしたら、二人の趣味は変態なのかもしれませんね。不倫報道から1年近く仕事を控えていた彼女ですが、徐々に再開し始め2018年のクリスマスにはライブを行うそうです。




今後も、歌手や女優としてファンを魅了していくことでしょう。


斉藤由貴の濡れ場が見れるのはドラマ「同窓会」





1993年に日テレ系で放送された「同窓会」。あらすじは、高校の同級生たちが27歳になったときに同窓会を開き、再開した男女がさまざまな形で恋愛模様を描いていくドラマです。主人公の七月(斉藤由貴さん)は風馬(西村和彦さん)と恋に落ち結婚するのですが、風馬はゲイであり高校のときから好きだった康介(高嶋政宏さん)とも関係を持ち始めるという3人の泥沼恋愛がスタートします。

「同窓会」は、同性愛を主にした恋愛ドラマでゲイの濡れ場シーンが多くあることでも話題になりました。そんな中、七月を演じた斉藤由貴さんの激しい濡れ場もエロくてヌケると話題になりました。


問題のベッドシーンを詳しく紹介




上記の36分あたりから斉藤由貴さんの濡れ場シーンが始まるのですが、お相手はゲイ役を演じている山口達也さんです。七月の旦那になった風馬がゲイであることを知りショックを受けた七月。風馬のセックス相手をしていたのが嵐(山口達也さん)であり、ゲイの街新宿二丁目を歩いて行く七月に嵐がナンパのように声をかけ夜の建設現場に連れ込み野外セックスをしてしまいます。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説


ドラマ「同窓会」でみせた斉藤由貴さんの濡れ場シーンは数秒間ですが、濃厚な濡れ場となっています。建設現場に連れ込まれた七月は、対面立位で嵐に挿入され激しく腰を動かされます。洋服を着たままですが、その腰の動きと同時に揺れる七月の身体と表情がエロく映しだされています。

特に、斉藤由貴さんの痛いような気持ちいいような何ともいえなフェロモンがでている表情がエロくてヌキどころです。


実際に「ヌイた」という口コミも


野外セックスの対面立位で濃厚な濡れ場を披露した斉藤由貴さんを見て、実際にヌイたという口コミもあります。




ドラマ「同窓会」が始まったのが1993年です。実は、濃厚な濡れ場シーン以外にも斉藤由貴さんがオナニーする場面など大胆なエロシーンがあるのでヌキどころ満載のドラマです。

次のページ
【オマケ】斉藤由貴のセクシーな画像5つ
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る