1
大島優子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(胸チラ・寝取られSEX?)を解説

大島優子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(胸チラ・寝取られSEX?)を解説

9,421 views

AKB卒業後は「ヤメゴク」などのドラマで主演に抜擢されるなど女優としての活躍も見せている大島優子ちゃん。アイドルとして活動していたほうが印象的でイメージが強いのですが、実は1996年から子役としてドラマなどにも出演しています。あなのでアイドル活動と同等からそれ以上ぐらいに女優としての活動をしているので、過去の作品に濡れ場などのエロいシーンがなかった調べてみました。


子役からドラマに出ていた女優・大島優子





簡単なプロフィール


AKB48のエースとしてのイメージが強い優子ちゃんですが、実は一期生メンバーではなく第二期の追加オーディションで合格した二期生メンバー、前田敦子ちゃんが卒業するまでは常に4番手・5番手ぐらいにいる子でした。

女優としての活動はAKBとしての活動以前から行っており、子役としていくつもの作品に出演、AKBメンバーになってからも、アイドル活動をしつつ何本ものドラマにも出演しています。

女優活動をしていたもののドラマの主役を演じたのは「トリック」や「SPEC」でお馴染みの堤さんが演出を行った2015年の「ヤメゴク」が初主演、堤作品に出たのはこれが初ではなく、2年前にドラマ・映画になった「SPEC」に重要キャラとして登場しています。


語学留学でますます幅を広げる女優大島優子ちゃん





2017年の8月から語学留学のためニューヨークへ渡航、2018年の10月には帰国し、ファンには帰国と共に年齢も30歳になったことを報告しました。




堤作品の一つ「ヤメゴク」で女刑事の主人公を演じた大島優子ちゃん、初主演ということで話題に。共演していた勝地涼さんは後に前田敦子ちゃんと結婚しています。




劇場版SPECで向井理さんと共にキーパーソンとして出演した優子ちゃん、向井さんも優子ちゃんもSPECファンで出演することに喜んでいました。




舞台「NO.9」の一つで、ドストエフスキーの作品「罪と罰」にヒロインとして優子ちゃんが出演、主役の三浦春馬さんとは初共演となりました。


大島優子の濡れ場シーンは残念ながら無かった…


大島優子の濡れ場シーンは残念ながら無かった…

そんな大島優子ちゃんが過去に出演してきた作品の中に濡れ場・ベッドシーンがないかどうか調べてみたのですが、結果としては見つけられませんでした。ドラマの出演自体は子役から始まっており、女優活動をしながらアイドルになってしまったためそういった役がきたり、映画への出演はなく、卒業後も数本ドラマに出演して留学してしまっています。

2018年10月に帰国したことを報告、これからまた女優として活動していくので今後は濡れ場があるような役を演じる可能性はあると考えられるので期待できます。


想像力を働かせば… ヌケるシーンを紹介


今後女優として濡れ場やベッドシーンがあるような役をする可能性があるため期待できる大島優子ちゃんですが、やはり過去の作品でそういったシーンがなかったのは残念でしかたありません。

ただ、濡れ場・ベッドシーンはないものの過去のドラマ内で優子ちゃんがエロい格好やエロイシチュエーションになっている可能性はあります。例えばドラマ内でウェディングドレス姿を披露したり、ニットの服でオッパイが強調されてしまったりといっただけでも妄想の素材になります。


肩から胸近くまでまるっと出てしまっているウェディングドレスシーン





草彅剛さんが主役を演じたドラマ「銭の戦争」第3話にて、紺野未央(大島優子)が父親の借金を完済するために実業家との結婚を決めて、ドラマ内でウェディングドレス姿を披露しています。このウェディングドレス、肩から胸の上辺りまでまるっと露出していて今にもオッパイが見えそうな感じがエロくて堪りません。

また、AVにもウェディングドレス姿の花嫁が寝取られレイプされるような作品があり、それと重ね合わせてウェディングドレス姿の大島優子が寝取られレイプされると妄想したら何十回もオナニーのオカズとして使えてしまいます。


ニットの服を着てオッパイが強調されているシーン


こちらも「銭の戦争」での大島優子ちゃんなのですが、2話等で度々ニット・セーター姿を披露、オッパイが強調されまくっており、ネット上ではエロイと話題になりました。これまでAKBでアイドルの格好をしても着痩せしやすかったなのかあまりオッパイが強調されないのでわかりにくかったのですが、「銭の戦争」では優子ちゃんのオッパイの存在感に「デカイ」という声が多く聞こえました。

これだけ大きなオッパイをニット・セーター越しに揉みしだいたらその感触でフルボッキすること間違いなし、更に乳首部分を摘んでコリコリいじれば優子ちゃんのエッチな声が漏れまくり、なんてセックスするところを妄想すれば優子ちゃんのニット・セーター姿でオナニーが何度もできちゃいます。


AKB48時代には歌番組やバラエティ番組でエロいシーンを連発!


AKBのメンバーとしてアイドル活動をしつつもドラマに出演し女優活動もしてきた大島優子ちゃんは卒業後、本腰を入れて女優活動をしています。そんな優子ちゃんですがアイドル時代には音楽番組やバラエティ番組で何度もパンチラしまくりで何度もとりあげられています。また番組内で仰天の下ネタ発言もしており、アイドルらしからぬ言動で世間を騒がせました。


パンチラシーン





こちらはバラエティ番組で大島優子がうっかりやってしまった浴衣姿でのパンチラ姿、足の臭いを嗅ぐのに夢中でカメラにバッチリ浴衣の中のパンティが見えてしまっています。これ以外にもAKBの衣装で歌って踊っている最中に飛んだり回転したりして衣装のスカートがめくられてパンチラしてまっていることが何度もありました。極めつけはダンス中にしゃがみ込む振り付けで衣装がミニスカート過ぎて下に履いている黒いパンティが丸見えになった写真が雑誌に掲載されてしまうといったこともありました。


仰天の下ネタ発言


AKBでは前田敦子ちゃん卒業後はエースとなりAKBを牽引、可愛いアイドルのイメージが今でも強い大島優子ちゃんですが、バラエティ番組では周囲が仰天するような下ネタ発言を連発しています。とある番組では「裸エプロンは男のロマン」といったようなおじさんっぽい発言をしています。度々下品な下ネタ発言にAKBメンバーにはセクハラまがいなこともしているため、AKBメンバーからは「下ネタではなく下品でセクハラ好き」だと言われてしまっているほどです。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る