1
吉永小百合の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(手マン・バックなど)を解説

吉永小百合の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(手マン・バックなど)を解説

22,572 views

日本を代表する女優として今もなお活躍している吉永小百合。彼女のファンは「サユリスト」と呼ばれ、著名人や芸能人にも吉永小百合のファンがいるほどです。ベテランの大物女優として君臨する吉永小百合ですが、1985年に公開された映画で激しい濡れ場シーンを披露しています。今も色あせないセクシーさがあるこの映画を今回紹介します。


1960年代を代表する国民的伝説女優・吉永小百合




なんと2018年には芸能生活61年目は今でも老若男女から知名度が高い国民的女優の一人です。ラジオドラマで小学生の時にデビューを飾ったのち、高校在学中に本格的に女優デビューするとあらゆる映画賞を総ナメにする勢いで大活躍しました。70歳を超えた今もなお映画界で活躍する超ベテラン女優です。


簡単なプロフィール


1945年3月13日に東京都で生まれた吉永小百合は、1957年にラジオドラマ「赤胴鈴之助」でデビューし、同年同タイトルのテレビドラマで女優としてのキャリアをスタートさせました。高校在学中に出演した「キューポラのある街」でブルーリボン賞主演女優賞を史上最年少で獲得して以降、ギャラクシー賞・日本アカデミー賞、またレコード大賞を受賞するなど一時代を築いた実力派女優です。特に日本アカデミー賞は2018年までに4回受賞しており、これは歴代一位の記録となっています。

1989年以降テレビドラマには出演せず、映画やCMをメインとした活動をしていますが、それでも知名度がこれだけ高いのはさすが伝説の女優ですよね。2014年には初のプロデュース業として製作した「ふしぎな岬の物語」がモントリオール世界映画祭で審査員特別大賞を受賞するなど年齢を重ねても才能を発揮しています。


文化人としても活躍


女優の吉永小百合さん(73)が、平和への強い思いをうったえる朗読コンサートを、長野県上田市で9月21日に開きました。
引用:東京新聞


役柄で原爆症を抱える人を演じたことをきっかけとして、反戦・反核活動も精力的に行なっており、戦争の悲惨さを現代の人々に伝えています。2018年9月には第二世界大戦で戦死した画家の絵を集めた美術館「無言館」での朗読コンサートを自ら企画しています。

吉永さんは「戦争が二度と起きないためにも、無言館を守っていきたい」と話しました。
引用:東京新聞


第二次世界大戦から長い時間が経ち、戦争を知っている世代がどんどんいなくなっている中、彼女の活動はとても意義のあるものですよね。


吉永小百合の濡れ場が見れるのは映画「天国の駅」




真実の愛を求めて殺人を犯してしまう女の半生を描いた作品です。第一の殺人は出征前に結婚するものの初夜を迎えられず出征し、生きて帰ってくるも機能不全となり暴力を振るうようになった夫。第二の殺人は、二度目に結婚した夫。自分を取り巻く男たちに翻弄されながらも、二人の夫を殺し真実の愛を見つける女性の悲しい物語です。


問題のベッドシーンを詳しく紹介


吉永小百合演じるかよと津川雅彦演じる大きな旅館の主人・康治の濡れ場シーンです。康治に迫られるものの、複雑な思いを抱えているかよは無反応です。それに痺れを切らした康治は首を絞め、嫌がるかよを襖に押しやり、強制オナニーをしたのちにバックから襲います。裸が露わになるシーンではありませんが、当時の映画ではかなり珍しい濡れ場シーンとなりました。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説


康治に迫られ逃げ惑うかよが、無理やりオナニーさせられてて、意思とは裏腹に感じてしまうシーンは男のS心をくすぐります。1984年の映画ですが、吉永小百合の美しさは圧巻です。そして、その美しい姿で喘ぐシーンの艶っぽさがエロすぎます。抵抗していたものの、バックで犯されて感じる表情と声だけでもなんどもヌケちゃいます。

この映画はこのシーン以外にも濡れ場シーンが多く、その多くがS心に火がつくようなシーンが満載です。昔の映画ですから、今ほどの過激さはありませんが、そこが逆にエロくて想像が膨らみます。


実際に「ヌイた」という口コミも




最近ではベテラン大物女優としてのイメージしか持たない人が多いので、この濡れ場はある意味衝撃的ですよね。



昔の名作としてテレビで放送される事も多いですが、突然この濡れ場シーンに遭遇したらちょっとびっくりしてしまいます。一人でこっそり見たい映画ですね。



どのシーンでも無理矢理感が強めの濡れ場になっているので、この手のエロが好きな人には必見です。


【オマケ】吉永小百合のセクシーな画像5つ


若い頃は今の姿からは想像できないセクシーな姿を披露していた吉永小百合。今回はそんな彼女のセクシーな雰囲気たっぷりの画像をオマケで紹介しちゃいます。



こちらは1985年の「夢千年日記」からの一枚です。表情が色っぽいですね。



今ではこんなに着物が似合う女優さんもいないのではないでしょうか。服を脱いでいないのに妖艶です。

  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る