1
内田有紀の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(全裸で正常位SEX)を解説

内田有紀の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(全裸で正常位SEX)を解説

45,562 views

40代にして、少女のような可憐なオーラを持つ女優といえば、内田有紀です。結婚を機に一度は芸能界を去ったものの、離婚を機に約10年前に復帰し、再び活躍しています。近年は大河ドラマや朝ドラに出演するなどセカンドブレイクの真っ只中です。清楚なイメージの内田有紀ですが、過去には映画「ばかもの」で大胆な濡れ場を披露しています。本日は、内田有紀をオカズにしまくった筆者が、その見どころをお伝えします!


アイドル出身、アラフォーでも変わらず美しい女優・内田有紀





簡単なプロフィール


1975年11月16日、東京都の広尾出身。デビューのきっかけは、母親がマスコミの人と知り合いで、モデル事務所を紹介されたこと。中学2年生からモデルとして活躍し、「最初は、芸能は割の良いアルバイトのつもりだった」と語っています。



その後ドラマやCMで目覚ましく活躍し、芸能活動に専念するため、高校2年生で退学。この頃から、アイドル・女優として絶大な人気を誇りました。

2000年、演技の勉強を基礎からやり直すため「北区つかこうへい劇団」に入団、歌手は辞め、映像や舞台での女優業に専念。2002年に、出演した「北の国から」で出会った吉岡秀隆と結婚、芸能活動を引退しました。

3年後、「結婚観の違い」を理由に離婚、女優として芸能界に復帰します。近年は、アラフォーとは思えない美貌と確かな演技力を生かし、セカンドブレイク中です。


見た目も心も美しい演技派女優・内田有紀


そんな内田有紀ですが、2018年は、NHKの朝ドラ「まんぷく」にヒロインの姉、咲役で出演し、かなりの高評価を得ています。途中で死んでしまう役どころなので、視聴者からはもう内田有紀が見れない悲しみの声や、演技に圧倒されたという声が相次ぎました。




放送スタート直後から「内田有紀さん美しすぎる」などと話題を呼んでいた咲の早すぎる死に、SNS上では「内田有紀がもういなくなってさみしい」「始まってまだ2週間でロス気分」「内田有紀が死んでしまった…。悲しい」「咲姉ちゃん…こんなに早くいなくなってしまうなんて…」と悲しみの声が続々。

また、「内田有紀さんの迫真の演技に鳥肌…目が虚ろで視点合ってない様子とか、最期の目を閉じる瞬間まですごい気迫だった…」「内田有紀、演技上手すぎた~涙出ました」「内田有紀さんの演技が凄すぎてな…涙止まらんかった…」「内田有紀の寄り目の演技は圧巻だった」「内田有紀さんの演技が素晴らしかった…!」「内田有紀の演技すごかった…」と内田の名演に絶賛の声が上がっている。
引用:まいなびニュース


ヒロインと同じか、それ以上に愛されている役どころを演じて、かなりの話題になりました。

また、「土曜スタジオパーク」に出演して美の秘訣聞かれたとき、その意識の高さに出演者・視聴者ともに驚かせたことも。

番組終盤、NHK-BSのイメージキャラクター・ななみちゃんが「お2人はいつもおキレイだけど、美容とか健康のためにやってることはある?」と質問すると、

(中略)

内田は「食べることは大好きですし…あ、でも『ありがとう』っていう言葉を何に対しても。食べ物でも、『ありがとう』って言って頂くとより一層身体の中で栄養がいきわたってくれるんじゃないかなとか。出会う人たちにも『ありがとう』という気持ちを伝えるとか…それが美容ですかね」と回答した。

この答えに、MCの渡辺直美や足立梨花も「素敵!」と感激しきり。SNSでは視聴者からも「『ありがとう』が美しさの秘訣って…内田有紀さんさすが!」「内面から美しいわけだ」と納得の声が上がった。
引用:ライブドアニュース


アラフォーでも、見た目も心も美しい名女優として、これからも目が離せないですね。内田有紀なら、アラフィフ、アラ還になっても素敵に歳を重ねていきそうです。


内田有紀の濡れ場が見れるのは映画「ばかもの」




成宮寛貴演じる主人公・ヒデと、内田有紀演じる8歳年上の女性・額子の純愛を描いた作品です。

地元の高崎のレベル低めの大学に通い、気ままに生活している19歳のヒデは、近所のおでん屋で働く27歳の額子と出会います。数日後、偶然再会した日に、額子はヒデを部屋に連れ込み、やや強引に童貞を奪ってしまいます。ヒデは、年上の額子の危うい魅力にのめりこんでいきます。




楽しい時間を過ごしていた二人ですが、ある日額子が「他の男と結婚する」と、突然別れを告げます。ヒデは意気消沈ののち、日常に戻ろうと努力します。他の女性と同棲したり、大学を卒業して就職したりと暮らしも変わっていきますが、額子がいない虚しさは募っていきます。

そのうちヒデはアルコール依存症となってしまいます。酒に蝕まれたヒデは、会社で疎まれ、恋人や友人は去り、仕事を休んでは部屋で酒を飲み続ける荒れた生活に。そしてついに、飲酒運転で交通事故を起こしてしまいます。

事故を契機にヒデは酒から足を洗うことを決意し、依存症の治療を受け、苦しみながらも回復していきます。そんな中、ヒデは額子の母親と偶然再会し、額子がヒデと別れた後の10年間の苦しい時間と、交通事故に遭って片腕を失ってしまったという事実を知らされます。

額子に会いたい気持ちを抑えられなくなったヒデは、額子に会いに行きます。額子は、10年間の苦労とストレスのため、白髪になっていました。二人は、忘れたくても忘れられなかった相手への10年間の思いを爆発させるように愛し合うのでした。




原作ファンにも高く評価されている、完成度の高い映画です。

「ばかもの」の詳細はこちらから


問題のベッドシーンを詳しく紹介




「ばかもの」は、かなり濃厚な恋愛を描いている映画だけに、一回一回のセックスシーンは長くはありませんが、非常にたくさん登場します。ベッドでいちゃいちゃしているシーンも多いので、内田有紀ファンは成宮寛貴に嫉妬すること間違いなしです。

こちらの動画は、あまり過激な濡れ場は入っていませんが、年上の女性が、8つも年下の童貞の男の子を翻弄する雰囲気はよくわかると思います。

「ちょ!ちょっと待って!・・・俺本当にこうゆうの初めてなんだ!」というヒデに、「マジで(笑)みんな初めてはあんのっ♪」と言いながらベッドに押し倒す額子。ヒデはあっという間に額子とのセックスに夢中になり、しまいには「もう、本当に猿だな」と言われてしまうほどです。強めの年上女性好きな人にはたまらないですね。


  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る