1
西川史子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(上半身裸で騎乗位)を解説

西川史子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(上半身裸で騎乗位)を解説

15,753 views

女医でタレントの西川史子さんは、実は女優として濡れ場も経験していた!?普段は気が強い女性のイメージがあるだけに、濡れ場で見せる激しい騎乗位は、かえって興奮。ギャップに弱ければ弱いほどヌケますよ!この記事では、そんな西川史子さんの濡れ場をしっかりガッツリ解説していきたいと思います。


実は女優経験アリの女医・西川史子





簡単なプロフィール


西川史子さんといえば、本業は女医でありながら、タレントとしても積極的に活動している女性。25歳の頃には、ミス日本・フォトジェニック賞に選ばれたほか、明石家さんまさんが司会を務める日本テレビ系バラエティ「恋のから騒ぎ」に出演していたことでも有名です。

そのキャラクターは、恋のから騒ぎに出演していた頃から、「美人で高飛車かつ毒舌」といったイメージでしたが、それはアラフィフになった今も変わらず。気の強さが目立ち、男性からも女性からも好かれるか嫌われるかがハッキリ分かれるようなタイプです。


西川史子さんの最近とこれまでの活躍ぶりとは?





急性胃腸炎で入院していた西川史子さんは、復帰後に激痩せしてしまい、やや心配ですよね。








しかし、病気が心配される西川史子さんですが、復活前も復活後も自分を持っていて格好良いという評価がかなり多く見られます。







また、格好良いと言われる反面、 時折見せる弱さに「かわいい」という声も寄せられています。そのほか、過去にラジオ番組の中で「毎日オナニーしている」という過激なトークをくり広げたことも話題ですね。


西川史子の濡れ場が見れるのは映画「特命係長 只野仁 最後の劇場版」




そんな西川史子さんの濡れ場を見ることができるのは、映画「特命係長 只野仁 最後の劇場版」。これはテレビドラマでも放送されていた「特命係長」シリーズですが、映画版でもドラマ同様、普段はパッとしない係長が裏ではトラブルをクールに、時には熱く解決していくといったアクション映画です。

コメディタッチなシーンも多くありますが、大人の世界の物語ということもあり、毎シリーズお色気シーンが満載なのも、間違いなく人気の理由のひとつでしょう。


問題のベッドシーンを詳しく紹介


「特命係長 只野仁 最後の劇場版」では、西川史子さんが高橋克典さん演じる主人公・只野仁との濡れ場を見ることができます。西川史子さんが映画に出演というだけでも驚きですが、まさかの濡れ場。

「監督から激しすぎて、これはAVじゃないんだぞと怒られた」なんていう裏話すらあるその濡れ場は、かなり激しい騎乗位です。上半身裸で腰を振る西川史子さんの迫真の演技は本当に激しく、「これでも注意されて抑えたものなのか……」と思わず生唾を飲み込んでしまうほどエロいですよ。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説


西川史子さんの濡れ場はとにかく激しいです。騎乗位で振る腰の動きはもちろん、その表情も気持ち良さが高まりすぎているといった感じで、眉間にシワが寄り、苦しそうにすら見えるぐらい。

そんな迫真の演技そのものがエロいのはもちろんなんですが、濡れ場の裏話としてもうひとつ、「特命係長 只野仁 最後の劇場版」「普段のセックスと同じようにしてみたら、AVみたいだと怒られた」というような西川史子さんのコメントがあるんです。

つまり、西川史子さんは映画で見せる激しいセックス以上のものを普段からしているということ。毎日オナニーしているという逸話もありますし、西川史子さんのどエロっぷりを想像すれば想像するだけ、なおのことヌケると思います!


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る