1
長谷川京子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(下着姿・立ちバックシーン等)を解説

長谷川京子の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(下着姿・立ちバックシーン等)を解説

36,367 views

「ハセキョー」との愛称で女性からも男性からも人気がある長谷川京子さん。モデル時代を経てドラマや映画で活躍する女優に華麗に転身しました。元モデルさんなので、どのような物語の中にいても彼女の存在が際立ちます。今回は長谷川京子さんが出演している映画より迫真の「濡れ場」をご紹介します。彼女の色気が溢れまくる官能的な姿をご覧ください。


日本字離れした美しい女優・長谷川京子





簡単なプロフィール


長谷川京子、1978年7月22日生まれ、千葉県出身。1996年に女性ファッション誌「CanCan」の専属モデルになり、その他にも「セブンティーン」などの雑誌でもモデルを務めます。日本人離れした顔立ちとスタイルの良さから、おしゃれ好きの女性たちから絶大な人気を集めました。

2000年にはフジテレビ、ドラマ「らぶ・ちゃっと」で女優デビューをして、NTTドコモやコーセーなど10社に出演してCMの露出量が1位となり「CMの女王」と呼ばれるまでになりました。若い女性が彼女の日本人離れした美貌やファッションを真似をしようとする「ハセキョーブーム」が起こるくらいに、彼女の影響力は大きいモノでした。


美しさが際立つ女優、長谷川京子


最近の長谷川京子さんの活躍は、ドラマなら2016年、NHKプレミアムよるドラマ「ふればなおちん」で、冴えないアラフォー主婦が夫の派遣社員の男性と恋に落ちてしまい不倫の恋と、家族への思いの間で揺れ動く女性を長谷川京子さん演じています。

マンガの原作をドラマにしたものですが、原作では主婦のキャラクターが小太りで髪の毛ぼさぼさのお世辞にも美しいとは言えない女性だったので、長谷川京子さんが主演を務めた時は、「原作と違って美しすぎる!」と少しブーイングがあったようです。




長谷川京子さんの美しさがドラマの邪魔をしているようです。




…と、このような視聴者の声がポロポロと出てきました。美しいって時には罪ですね。

プレミアムよるドラマ「ふればなおちん」

映画では、「美しい夜、残酷な朝」「フィーメイル」「自由恋愛」「大帝の剣」「愛の流刑地」「七夜侍」「レインフォール/雨の牙」「桜田門外の変」「後妻業の女」「光」が主な主演作です。今回は「光」と「愛の流刑地」を中心に濡れ場をご紹介します。


長谷川京子の濡れ場が見れるのは映画「光」




東京から少し離れた島に、中学生の信之(井浦新)と美花(長谷川京子)がいました。二人は既に性交をするような深い仲で、その二人の様子を知っているのは信之の弟の様に可愛がっていた輔だけでした。美花の家は民宿を経営していて、美花は民宿の手伝いをしていたのですが、美花は男性客に襲われてしまいその様子を信之が目撃をしてしまい、激情の末に美花を凌辱した男性を殺してしまいます。

それから25年の月日が流れ、信之も美花も男性を殺したことは胸の奥にしまい、大人としてそれぞれの生活を送っていました。しかし、男性を殺した時に信之と美花の他にその様子を盗み見をしてカメラに撮っていた人物がいました。それは信之の弟のように慕っていた輔(瑛太)で、輔は、25年前の殺人を引き合いに信之に大金を強要してきます。信之と美花は再開をし輔の存在を対してどう接するかを話し合うのでした。そして信之は、輔の金の要求に対して変わった条件を交換しようとします。

「光」の詳細はこちらから


問題のベッドシーンを詳しく紹介


映画「光」の中で長谷川京子さんは、未喜を演じています。信之は未喜と別れてから結婚して妻も子供もある身でしたが、未喜と再会してセックスに溺れて行ってしまいます。中学生の頃、付き合っていて体の関係もあったということもあった二人なので割とすんなりとベッドインしてしまうのでした。




長谷川京子さんと井浦新さんの濡れ場は結構濃くて見ごたえがあります。美花は、信之が妻子持ちだと知りながらも、美しく妖艶な魅力を持った美花は、信之の心の傷を癒すかのように近づき体の関係を持とうとします。誰だって長谷川京子さんみたいな美人に迫られたら、どんな立場の男であろうと断ることはできませんよね。

男性は裸ですが、長谷川京子さんはワンピースを着ているし身体もぴったりと重ね合っているので乳首などは確認できませんが、その代わり男性が腰を動かしている間に見られる、長谷川京子さんのセックスを感じている官能的な顔やキスシーンも見られます。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説


ヌキどころは何と言っても、長谷川京子さんのセックスに感じている美しい表情と言えるでしょう。脱いでいないのは残念ですが、ヒールを履いたまま脚を絡ませているのでヒールフェチの人には堪らない部分と言えます。

胸は見えませんが、長谷川京子さんの下着が見えます。男性がワンピースの裾をジワジワと上へあげていき、腰辺りを手でまさぐります。その時に少し見えていますよ。「うぉー!これが長谷川京子の下着か!」と思える下着なので、確認したい方はぜひ「光」を見てくださいね。

ちょっと閲覧注意なのですが、男性が長谷川京子さんの首に唇を這わせて愛撫をしていくのですが、いつの間にか長谷川京子さんは首を絞められてしまいます。これを濡れ場と呼んで良いかどうかは分かりません。でも、そのような趣味がある方には、長谷川京子さんのような美しい人が首を絞められて顔を歪めている場面は最高のヌキどころだと言ってもいいでしょう。


映画「愛の流刑地」でも濡れ場がある!長谷川京子の「立ちバック」


寺島しのぶと豊川悦司主演の映画「愛の流刑地」でも、長谷川京子さんの濡れ場があります。”ん?長谷川京子、濡れ場あった?”と思われるかもしれませんが、ちゃんとあります。長谷川京さんは映画の中で敏腕検事を演じるのですが、愛ゆえに罪を犯してしまった豊川悦司の心の中を知り、過去に自分も不倫をしていたことを回想します。




その回想シーンで長谷川京子さんが過去にした妻子ある上司との情事の様子が出てきます。土砂降りの雨の中で不倫相手と激しく抱き合い、唇を重ねた後に立ったまま交わります。その時に後ろから持ち上げられた胸が盛り上がってエッチな谷間が見えますのでお見逃しなく!その他にも、濡れ場ではないのですが胸の開いたブラウスを着て前にかがんだときに胸がチラっと見えたり、タイトスカートからの長い形の良い長い脚が見えたりと、長谷川京子さんの魅力がたくさん楽しめます。


実際に「ヌイた」という口コミも





長谷川京子さんの演技は置いといて、谷間と濡れ場を見るためだけに「愛の流刑地」を見るのも良いでしょう。

  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る