1
柴咲コウの濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(おっぱい揉み・濃厚キス)を解説

柴咲コウの濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(おっぱい揉み・濃厚キス)を解説

34,124 views

今やテレビや雑誌で見かけない日が無いと言っていいほど高い人気を誇る柴咲コウ。彼女はミステリアスでクールなイメージが魅力的な女優ですよね。今回はそんな柴咲コウが出演している映画の中でも、特に濡れ場が魅力的で、何度でもヌくことができるおすすめ映画とヌキどころをご紹介していきます。


ミステリアスな女優・柴咲コウ




簡単なプロフィール

14歳の時、池袋を歩いているところをスターダストプロモーションにスカウトされて芸能活動を開始した柴咲コウさん。2004年、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で主演を務め、一躍有名になりました。

輝かしい芸能人生を歩んできて、きっととても明るく社交的な性格だと思ってしまいますが、本人はとても人見知りな性格とのこと。共演者と打ち解けるのにもかなり時間が掛かってしまうそうです。



そんな柴咲コウさんは大の猫好きとして知られ、熊本の猫カフェから引き取った2匹の猫を飼っているそうです。また、実家でも同じく2匹の猫を飼っているそうですよ。


音楽活動にも励む柴咲コウ

柴咲コウさんと言えば女優としての活躍を思い浮かべる人が多いかと思いますが、実は歌も上手く、音楽活動にも力を入れているんですよ。



特に有名なのは福山雅治さんとのユニットである「KOH+」。ドラマ『ガリレオ』の主題歌を歌ったことで一躍有名になり、オリコンランキングでは最高順位3位という快挙を果たしています。



また、2018年からは「MuseK」名義で国外向けに音楽活動も開始しています。海外での評判も上々なようで、これからも目が離せない女優・アーティストですよ!


柴咲コウの濡れ場でのヌキどころを解説

さて、そんな柴咲コウさんはさまざまな映画に出演しているものの、実は濡れ場のある映画にはあまり多く出演していません。その代わり、ある映画でとても濃厚なラブシーンを演じているんですよ。


濡れ場が見れる映画は「メゾン・ド・ヒミコ」



2005年に公開された「メゾン・ド・ヒミコ」はオダギリジョーさんと柴咲コウさんが主演しています。他にも西島秀俊さんや柳澤愼一さんら、豪華出演陣による映画となっています。

あらすじは、かつてゲイバーのママだった卑弥呼(田中泯)は、ゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」を作り、そこで他のゲイたちと暮らしていました。しかし彼は末期の癌を患っており、死期が迫っていました。

卑弥呼には沙織(柴咲コウ)という娘がいましたが、彼女は母親と自分を捨ててゲイとしての人生を選んだ卑弥呼を許せずにいました。それを知った卑弥呼の恋人の岸本春彦(オダギリジョー)は二人の関係を元に戻そうと、沙織に老人ホームでのアルバイトを持ちかけます。ゲイの人たちとゲイの親を持つ娘の複雑な心境を描いた映画です。

「メゾン・ド・ヒミコ」の詳細はこちらから


問題のラブシーンを詳しく紹介

「メゾン・ド・ヒミコ」で柴咲コウさんが見せた濡れ場は濃厚なベッドシーンではなく、キスがメインのラブシーンとなっています。

沈黙が流れる中、岸本春彦(オダギリジョー)は沙織(柴咲コウ)に静かにキスを何度かします。最初は軽いキスですが、だんだんと濃厚なキスになっていく二人。沙織はそのまま押し倒され、服のボタンを外されていきます。最後には春彦の手が沙織の胸元に入ってき、胸をゆっくりと揉まれるのです。

まるで本物のカップルのラブシーンを見ているかのようなリアリティ溢れるラブシーンとなっています。また、柴咲コウの数少ない濡れ場ということで思わず画面に目が釘付けになってしまいますよ。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説

最初はキスをされるがままだった柴咲コウさんですが、だんだんとその気になって自分からもキスを求めていく積極的なシーンがヌキどころとなっています。

また、普段はクールな表情の多い柴咲コウさんが、オダギリジョーさんにキスや愛撫をされてとろんととろけたような表情になっているのも興奮できるポイントですよ。

また、全編を通して柴咲コウさんのどこか儚げな美しい姿を楽しむことが出来ます。妄想力のある方にとっては、そんな柴咲コウさんの貴重なエプロン姿だけでも十分なヌキどころとなることでしょう。


  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る