1
ビビアンスーの濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(正常位・全身リップ)を解説

ビビアンスーの濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(正常位・全身リップ)を解説

11,497 views

いくつになっても変わることのないベビーフェイスが魅力的なビビアンスーさん。台湾出身の彼女ですが、日本でも幅広い活動をしていることで知られています今回はそんなビビアンスーさんがこれまでに出演した作品の中でも、濡れ場があるおすすめの作品をご紹介していきます。ヌキどころも詳しく書いていきますので、ビビアンスーさんが好きな方は必見ですよ!


台湾出身の女優・ビビアンスー




簡単なプロフィール

15歳の時、台湾のテレビ局が主催した「台湾美少女芸能コンテスト」で見事グランプリを獲得。「少女隊」という3人グループのメンバーとして芸能活動を開始させたビビアンスーさん。

1995年、20歳の時に日本のメディアに初めて登場。その1年後には日本のテレビ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」に出演し、その美貌やキャラクターから一躍有名になり、「ブラックビスケッツ」という音楽グループを結成し、日本で本格的に活動を始めるようになりました。

歌手、女優、タレント、など、幅広いジャンルで活躍するマルチな才能を持つビビアンスーさん。最近はシンガポールへと移住し、日本での活動は実質休止中となっています。


実業家男性と結婚し、シンガポールへ

ビビアンスーさんは2014年2月、シンガポール人の実業家男性と入籍したことを発表しました。その年の6月にはバリ島で結婚式を挙げ、林心如や保田圭など、さまざまな芸能人から祝福されました。



2015年8月にはシンガポールの病院で男の子を出産。育児に専念するため、芸能活動を控えめにすることに。

結婚や出産、そして芸能活動の頻度を減らしたことにより、ファンが減ってしまうのではないかと予想されましたが、減るどころか、子供を持つママ層からの人気がより一層高まりました。もちろん、男性からの人気も相変わらずです。



何よりも凄いのは、出産をしたにも関わらず抜群のプロポーションを保っていることです。きっと陰でかなりの努力をしているのだと思いますが、全盛期と比べても遜色のないそのスタイルには驚くばかりです。


ビビアンスーの濡れ場でのヌキどころを解説

そんなビビアンスーさんですが、実は若いころに濡れ場がある作品に出演したことがあるんです。ここからは、その作品の簡単なあらすじや、ヌキどころについて詳しく解説していきます。


濡れ場が見れる映画①「ビビアン・スーの天使の戯れ」

「ビビアン・スーの天使の戯れ」は1994年に台湾で制作された映画です。この映画はビビアンスーさんが初めて濡れ場を演じたことでも有名ですよ。

あらすじは、子供のころから仲が良かったキット、クランプ、シウンの3人は、香港の黒社会で生きていました。ある日、彼らの兄貴分であるレイが抗争を起こしてしまい、キットは台湾へ逃げることに。

15年が経ち、キットは香港へ戻りました。そこでキットは黒社会で大物になったクランプと、彼の娘であるシウホンに再開するという、スリルもありラブストーリーもある物語です。


問題のラブシーンを詳しく紹介

ラブシーンは、ビビアンスーさんが相手男性の上にまたがり、騎乗位で腰を振っているシーンから始まります。暗闇の中、ビビアンスーさんの体のシルエットがとても美しく映っています。

次のシーンでは二人がお互いを求めあうように激しくディープキス。二人の吐息が静かな空間に響きます。ディープキスが終わると、ビビアンスーさんは相手男性の体を丁寧に優しく舐めていきます。

最後は正常位での挿入シーン。二人はまた激しくディープキスをしながら、正常位で挿入をします。男性の腰や首筋を舐める動きにビビアンスーさんは体をビクンとさせながら感じています。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説

暗闇でビビアンスーさんの顔や体をはっきりと見ることはできないものの、逆に暗闇だからこそエロティックな雰囲気を感じることができます。暗闇の中に映し出されるビビアンスーさんの美しい体のシルエットには思わずドキッとしてしまいますよ。

ヌキどころは何と言っても、ビビアンスーさんの可憐な喘ぎ声です。まるで小鳥のさえずりのように綺麗に響く喘ぎ声は、たとえビビアンスーさんのファンでなかったとしてもヌキたくなってしまうこと間違いなしですよ。

また、相手男性の体を舐めるシーンでは、ビビアンスーさんの舌使いをしっかりと見ることができます。このシーンではきっと、自分が舐められているかのように感じることができるでしょう。


濡れ場が見れる映画②「ビビアン・スーの桃色天使」

「ビビアン・スーの桃色天使」は1995年に台湾で制作されました。この直前に日本でデビューを果たしていたこともあり、日本でも話題となった一作です。

あらすじは、ミャオウェイという青年は叔父の罪を代わりに被って服役していました。看守の理不尽な暴力に耐え、ミャオウェイはようやく出所しました。

出所後、ミャオウェイはかつての幼馴染であるウィニーと再会し、結婚します。しかしミャオウェイは以前に何度も受けた虐待がトラウマとなってしまい、ウィニーとの性行為ができなくなってしまっていた…という、切ないラブストーリーです。


問題のラブシーンを詳しく紹介

ビビアンスーさんがベッドの中から、相手男性に「来て」と手を広げます。それに誘われるようにビビアンスーさんの元へ行き、優しくキスをする男性。男性の顔はビビアンスーさんの首元へいき、首や鎖骨辺りを優しく舌で愛撫します。

男性がビビアンスーさんの服を脱がせると、小ぶりの綺麗な胸があらわに。恥ずかしそうなビビアンスーさんを押し倒し、男性は首元から胸元を舌で舐め回します。

二人の興奮が高まってきて、激しいディープキスへ。最初は受け身だったビビアンスーさんですが、だんだんと積極的にキスを求めるように。そして最後は正常位での挿入。男性の腰の動きに合わせてビビアンスーさんが小さな喘ぎ声をあげます。


【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説

先ほどの「ビビアン・スーの天使の戯れ」とは一変し、こちらの作品は明るい中で撮影されています。そのため、ビビアンスーさんの綺麗な体や綺麗な胸をしっかりと確認することができます。

ヌキどころはビビアンスーさんが積極的に男性を求めるシーンでしょう。最初こそ受け身でされるがままといったビビアンスーさんですが、次第にキスを自分から求めたり、男性の服を脱がせたりと積極的になっていきます。

可愛らしいベビーフェイスをしながらも、そのように積極的なビビアンスーさんの姿に、思わずヌキたくなってしまうことでしょう。


実際に「ヌイた」という口コミも













映画を見たのかどうかは分かりませんが、実際にビビアンスーさんでヌイたという意見もありました。また、多くの人がビビアンスーさんにエロさを感じているようです。書いていないだけで、ビビアンスーさんでヌイてしまった人もたくさんいるでしょう。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る