1
永作博美の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(濃厚キス・SEX)を解説

永作博美の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(濃厚キス・SEX)を解説

761 views

永作博美さんは、既にベテランの女優さんですが、年齢を重ねる毎にその美貌に磨きがかかっています。現在も舞台やドラマで大活躍中です。そんな美熟女の永作博美さんはいくつかの映画で濡れ場シーンも披露しています。今年49歳となる永作博美さんの濡れ場がとてもヌケると話題になりました。今回は、そんな永作博美さんのヌケる濃厚なラブシーンをご紹介させていただきます。


年齢を重ねる毎にキレイになっていく永作博美



永作博美の簡単なプロフィール

永作博美さんは田辺エージェンシー所属、1970年生まれ、茨城県行方市出身の女優です。女優業だけに留まらず、声優業や歌手もこなし、マルチな才能を発揮する女優さんです。

18歳の頃、ラジオ番組主催の美少女コンテストでベストパフォーマー賞を受賞します。その後、アイドルグループ「ribbon」のメンバーとして芸能活動を開始します。

その5年後には1stシングル『My Home Town』という楽曲で、永作博美さんはソロデビューを果たします。



その後、劇団に入団し、活躍の場を舞台に広げます。1994年にはドラマにも出演し、これ以降多数のドラマや映画に出演する人気女優となります。



また、2009年に映像作家である内藤まろさんと結婚したことも話題となりました。その翌年には第一子を出産し、3年後の2013年には第二子を出産しています。

年齢を重ねる毎にその魅力が増していく永作博美さんは、デビューから何十年も経った現在でも数多くのファンに愛されています。


永作博美は略奪婚だった?

上述の通り、永作博美さんは2009年に映像作家の内藤まろさんと結婚しています。しかし、この結婚は実は不倫の末の略奪婚ではないかと噂になっています。実際に夫の内藤まろさんは永作博美さんとの結婚が3度目の結婚となります。





現在ではこの噂の真偽はわかりませんが、結婚前、永作博美さんはインタビューで「好きという気持ちに素直になることはすごく大事なことだと思ったのです。」とコメントしています。この言葉に彼女の人生観が表れています。

そのような噂もありましたが、現在でも永作博美さんは数多くのメディアに出演し、今でも多くのファンが彼女を応援しています。自分の心に素直な彼女の魅力が、多くの人を惹きつけるのでしょう。

永作博美の濡れ場でのヌキどころを解説

ベテラン女優として数多くのキャリアを築いてきた永作博美さん。これまで数多くの作品に出演していますが、そんな長いキャリアの中で彼女は多くの濡れ場も演じています。今回はそんな永作博美さんのヌケる濡れ場シーンを、ヌキどころを解説しながらご紹介させていただきます。

永作博美の濡れ場が見れる映画は「人のセックスを笑うな」



「人のセックスを笑うな」は2008年に公開された映画で、井口奈己監督による作品です。作家の山崎ナオコーラさんの小説が原作となっています。19歳の男性と39歳の女性の純粋な恋愛を描いた作品となっています。女性は既婚者で、若き青年は女性との不倫関係に心を痛めますが、それでもなお愛情は深まるばかり。本当の愛とは何かを描いた名作映画です。

「人のセックスを笑うな」の詳細はこちらから

問題のラブシーンを詳しく紹介

映画「人のセックスを笑うな」でのセックスシーンは永作博美さんと松山ケンイチさんが布団の中で優しく身体を重ね合うといった具合で描かれています。直接的にセックスのシーンを描いてる濡れ場シーンではありません。

ですが、タンクトップを着た薄着の永作博美さんが、濃厚なキスをしているシーンが描かれています。キスの時間も長時間で、永作博美さんが愛する人を求める姿が、非常にリアルな具合で演出されています。

【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説

向かい合う2人の濃厚なキスシーンは、まるでお互いが本当に恋に落ちているようで、メスの表情を見せる永作博美さんの姿は間違いなくヌケます。静かに愛し合う場面の美しさといやらしさが背徳感を刺激します。

また、服を脱がすシーンも、本当の恋人にやるような優しい手付きで、映画とは思えないリアルなセックスシーンがとてもヌケると口コミで話題となっています。

直接的にセックスの最中のシーンを描かない演出が妄想を膨らませて、より興奮させてくれること間違いなしです。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る