1
榮倉奈々の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(足舐めシーン)を解説

榮倉奈々の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(足舐めシーン)を解説

30,687 views

人妻になった榮倉奈々ですが、可愛くて綺麗な顔立ちとストイックに鍛えたスタイルなども注目されて男性だけでなく、女性からも圧倒的人気ですね。これまで多くのドラマや映画に出演していますが、ある映画の濡れ場がめちゃくちゃエロいと話題になりました。そこで今回は話題になった榮倉奈々の濡れ場を徹底解説します。最後にセクシー画像もご用意してます。


清純派女優・榮倉奈々




榮倉奈々の簡単なプロフィール

1988年2月生まれで鹿児島出身の榮倉奈々は14歳の時に渋谷でスカウトされたことがきっかけで芸能界デビューを果たします。その後、『SEVENTEEN』で読者モデルデビューします。2006年7月ドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』で女優デビューも果たします。




その後も「プロポーズ大作戦やNHK朝の連続テレビ小説「瞳」更に「メイちゃんの執事」「泣かないと決めた日」など5年連続ドラマ出演し続けていて、多くの作品に女優として出演しています。





結婚しても榮倉奈々の人気は衰えない!

榮倉奈々といえば清純派女優のイメージがあると思います。しかし、密かに噂されていたのは「共演者キラー」だったようです。しかし、2016年に俳優の賀来賢人と1年半のおつきあいを経て結婚しました。




男女ともに人気がある榮倉奈々が結婚となれば人気が落ちてしまうのではないかと噂されていましたが、榮倉奈々に関しては周囲の反応が祝福ムードだったようです。







賀来賢人が榮倉奈々の少し控えめなのろけ投稿をすれば、ファンから10万いいね超えの反響があるほど結婚した後も大人気の夫婦になっています。結婚してからもドラマ「東京タラレバ娘」や映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」などにも主役で出演していて、女優として人気絶頂のようです。


濡れ場が見れる映画は「娚(おとこ)の一生」



2015年に公開された映画「娚の一生」は榮倉奈々と豊川悦二の初共演作品です。

「きいろいゾウ」「100回泣くこと」などで話題の廣木隆一監督がつらい恋愛をしてきた女性と謎多き年上男性の奇妙な共同生活を描いた作品です。

主人公のつぐみは東京でOLをしていましたが、仕事に追われて自分を見失いかけていました。そして、祖母が他界して空き家のままだった田舎の一軒家に引っ越すことにします。

つぐみの祖母を慕っていたという50代の大学教授・海江田が現われます。海江田はつぐみにほぼ一目惚れします。つぐみに一方的に好意を抱いた海江田は、その家になかば強引に住みつきます。

つぐみには元カレがいました。つぐみのことを心配に思った彼はつぐみの元へ向かいます。しかし、つぐみを愛している海江田に追い返されてしまいます。海江田との奇妙な共同生活に戸惑いを隠しきれないつぐみですが、一緒に暮らすうちに少しずつ心を開いていくと言う少し大人なラブストーリーです。

「娚(おとこ)の一生」の詳細はこちらから


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



TOPに戻る