1
AV女優・黒木香の全て(若い頃のお宝画像・現在の状況・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

AV女優・黒木香の全て(若い頃のお宝画像・現在の状況・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

694 views

1991年にヘアヌードが解禁される前に、AVやマスコミで華々しく大活躍した「黒木香」さんです。彼女の歴史的デビューやテレビでの活躍、引退後の生活など全てを曝け出します。これで貴方もAV業界にとっての重要人物のことも分かり、味わいのあるオナニーができることは間違いないです。


AV女優・黒木香のプロフィールやスリーサイズ




女優名 黒木香
身長 161cm
体重 -kg
バスト 83cm
ウェスト 53cm
ヒップ 86cm
生年月日 1965年1月21日


あどけなさが残る顔とエロティックな肉体で、激しく淫らなセックスをします。成熟した体に肉棒を受け入れる姿が、男性のエロ心を鷲掴みにします。快楽を我慢できずに漏れてしまう喘ぎ声は、しっとりしていて艶めかしいです。


AV女優時代の黒木香の経歴





1986年10月にAVデビュー




在籍中の1986年にイタリア留学の費用を自ら工面するため、アダルトビデオ (AV) に出演してデビュー作『SMぽいの好き』(クリスタル映像)が異例に大ヒットし、一般にもその名を知られる。
引用:Wikipedia


女子学院高等学校を卒業して横浜国立大学に入学して、教育学部美術学科でイタリア美術を専攻します。在籍中の1986年にイタリア留学の費用を作るために、クリスタル映像からAV女優としてデビューします。

デビュー作が異例の大ヒットとなり現役女子大生で大学名も公開していた彼女は、一般にも知られるようになります。16歳以降腋毛を剃っていないと、自ら腋毛を披露して有名になります。


腋毛と過激なエロの魅力で活躍

腋毛のエロさと恥かしがる姿が一体となって、セックスが更に淫靡に感じられます。可愛らしさとエグイくらいのエロのキャップが、男性の欲望を掴んで離さないのです。ストーリー性もあり彼女の演技力も抜群で、充実感を得られると大絶賛されています。

ナチュラルな反応の彼女にグッときてしまう男性も多く、本気で恥ずかしがる姿に女性のしとやかさを感じます。引いてしまうくらい内容は過激なものが多い中、ついチンコが勃起してしまう自然なエロさがあるのです。

大人になり、わき毛のある女の魅力にも目覚め、元祖わき毛女優の黒木香に興味を持ち観てみることにした。
この作品はストーリーがしっかりしており、黒木香の持つエロと羞恥を上手に引き出せている。
売りであるわき毛もしっかり見せているし、ちゃんと分かっているなと思う。
緊縛、浣腸などの一連の流れも不自然なく成立しており、カメラワークも自然で、その場で黒木香を弄んでいるような気持ちになりずっとビンビンで楽しめた。
引用:FANZA


妖艶なワキ毛の印象が強いが、約20年ぶりに見ると、彼女のあどけなさ、かわいらしさに驚く。
肌もきれいだし、本当にイイ女だ。
内容は2穴攻め、浣腸に多めの固形ウ×コ排泄など、当時は美女では実現しなかったであろうはずのハードなもの。
バカでかいモザイクも、気にならないよう、当時の工夫も感じられる。
引用:FANZA


その証拠としてレビューでも沢山の意見が実際にあります。当時はエロに対して規制も厳しい中、色々と工夫をして最大限にエロいAVを製作しています。今まで抑圧されていたAV業界を、一変してしまったくらいの衝撃的な内容です。

男性は待ちに待ったエロビデオに歓喜の声を上げたのです。男性はこぞって買い求め、爆発的にヒットしています。


マスコミでも絶大な存在感










過激なAVが話題になり、ゴールデンタイムのバラエティーやトーク番組、ドラマ出演を果たしています。彼女はテレビでも臆することなく自分を曝け出して、視聴者にも愛されるキャラクターになったのです。

彼女の話す内容は性交に関する事ですが、「わたくし」「ございます」という丁寧で独特な口調が爆発的人気を呼びます。彼女の才女で良家の令嬢としての影響力は凄くて、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」で文化人パネリストとして出演したのです。




知的で頭脳明晰な彼女は、真面目で社会的なことも雑誌で語っています。社会性と分析能力が高く、記事の内容は知性の高さを物語っています。AV女優をしていると思えない程の記事に、現在でも驚く人が多数います。




多方面にわたる才能により、ミニアルバム「小娘日和」でレコードデビューも果たしています。テクノ歌謡の曲調と彼女の不思議な魅力が合わさった、最高傑作の曲だとファンの間でも話題になっています。

透き通るような彼女の声に、癒しを感じるのは私だけではないです。


著書も出版

豊富な語彙と世俗的な言い回しをないまぜにしつつ例のワタクシ言葉で重厚かつ軽妙に語るセンスに脱帽。父親とのくだりは白日夢として描かれるが、実は事実だったというのが僕の想像。ゲスい?
引用:読書メーター


最近、友達間で黒木香が話題になり、興味本位で読んでみました。彼女のあの懐かしい語り口の流れるような文章、一気に読了。今どこでどうしておられるのか。自意識が邪魔して対人コミュニケーションは得意ではないと書かれているけれど、確かに彼女の才能は第3者に見出されて輝くものなのかもしれない。AV女優になった経緯もあっけらかんとしていて、やはりただものではないおかたでした。
引用:読書メーター


彼女は「フルーツ白書」1987年8月ワニブックス、「自堕落にもほどがある」1987年10月ネスコ)「女と男の間には―黒木香対談集」1987年12月飛鳥新社、「爆笑対談集 パブロフの犬のよだれ―欲望の条件反射」1988年1月ライトプレス出版社、を出版しています。

他に共著で「性の構造」1987年6月作品社、も出版されていて赤裸々で飾らない素のままの自分を曝け出しています。独特の語り口調で自身の生い立ちや価値観を、恰好をつけずにストレートに表現しています。

軽快で文章のセンスが良いのでスラスラ読めてしまい、本当の彼女の姿が手に取るように理解できると大評判です。


  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る