ママ活したい男達に警鐘!僕がBBAにヤラれた失敗談|美人局・詐欺

ママ活したい男達に警鐘!僕がBBAにヤラれた失敗談|美人局・詐欺

3,903 views

この記事を書いた人
ネット出会い専門
碇シン編集チーム
ネットナンパ歴20年を超えたアラフォーの碇です。20代前半から本格的にネットナンパにハマり、ハメた人数は200人を超える。会ったその日にハメるのがモットー。最近は年のせいか成果は若い時ほどあがらないが、たまに若くて可愛い子をゲットすることがある。まだまだ引退は当分先になりそう。積み重ねたネットナンパのノウハウを元に5名体制の編集チームで記事を執筆。
年上女性とデートして簡単にお小遣い稼ぎができると話題のママ活。しかし、そううまくいくの?逆に騙されたりしないの?と不安になる男性の方もいるでしょう。そこで今回は筆者が実際に経験したママ活の失敗談を公開。BBA(ババア)にヤられて、お金をもらえなかったせつない話、さらに詐欺被害や美人局に暴行された話まで。ママ活をこれからやろうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。


ママ活とは

ママ活とは、女性の方に経済的支援をしてもらう活動のことを言います。ママ活よりもパパ活の方が有名なので、まずはパパ活の説明からした方が早いでしょう。

パパ活は女性がデートをする代わりに男性(パパ)に経済的支援をしてもらうことです。援助交際とは違って、基本的にはカラダの関係は持ちません。お食事やショッピングなどを一緒にすることがほとんど。ドラマ「パパ活」が放送されたこともあり、一般の方もよく知るところとなりました。

ママ活はパパ活の逆バージョン。だいたいママ活で稼いでいるのは男子大学生です。利用する女性は、若い男性と遊びたいと思っている30~40代の女性が中心。中には主婦で中高生のお子さんがいるマダムも少なくありません。


筆者がママ活を始めたきっかけ

筆者は大学3年生なのですが、ママ活を始めようと思ったきっかけはズバリ小遣い稼ぎ。大学に入学したころはばりばりバイトやっていて稼いでいたのですが、授業行かなかったせいで単位があまりとれてなくて…。今年は授業たくさん入れた分、前ほどバイトする時間を持てず、貯金額もだんだん減ってきてました。


パパ活で稼いでいた女子大生のライフスタイルが気になり…

そんな中、友だちからママ活なるものの存在を聞きます。もともとは同じゼミの女子大生が密かにパパ活して稼いでいるって話から、出た話題でした。その女子学生はいきなりブランド物のバッグを買ったり、春休みでドバイや香港などで豪華な旅行に行ったりしてたので、周囲から訝しく思われていたんですよね。

そこでパパ活の実態を調べたときに、どうもママ活なるものがあることに気づきました。まぁパパ活は分かるのですが、まさかママ活なんて…。ネットの中の情報で都市伝説的なものかとその時は思っていたんですね。


友人が出会い系でママ活に成功したという話を聞き…

あるとき、冗談半分で友だち同士でママ活のことを話題にしていました。そんな中、イケメンの友人が「俺、一回やってみようかな」と言い出したんです。彼はたまに遊び半分でやっている出会い系サイトの掲示板でママ活相手を募集する旨を投稿しました。

その2週間後。なんと彼から驚きの報告が。なんとママ活に成功したとのこと。一緒にカジュアルな雰囲気のバーでご飯を食べただけで、ご飯代を奢ってもらったのはもちろん、お小遣いとして10,000円もらったとのこと。たった2時間ちょっとご飯を食べて一緒にお酒を飲んで談笑しただけでそれだけもらうなんて…。

手っ取り早く稼げて、自分の都合のつく時間で活動できるのが、ママ活の良いところ。しかも、最近マンネリ化していた大学生活に刺激も得られそうで、筆者も興味半分でママ活を始めてみようと思ったのです。


ママ活の失敗談①Twitterで探すも業者からのメールばかり

筆者はそれまで出会い系に登録したことがなかったので、普段からよく使っているTwitterでママ活相手を探そうと思いました。もちろん本アカウントだと堂々とできないので、裏垢と呼ばれるサブアカウントを作成。誰からもバレないようにして相手探しを始めました。

探し方は「#ママ活」で相手探しの投稿をする方法。短い文で相場などのせるとやらしく感じるので、一旦「詳細はDMにて」という内容で投稿を続けました。

しかし、そううまくはいきませんね。DM(ダイレクトメール)が来たと思ってみても明らかに業者と思われる詐欺のメッセージばかりでした。

また、「#ママ活」で投稿している女性もいて、その方に直接DMも送ろうかとも考えましたが、やはりこれもほとんど業者でしょうね。いくつか例を出してみましょう。







さすがにこんなかわいい子からママ活を希望する連絡は来ないでしょう。さすがに連絡する勇気も出ず、Twitterでの相手探しは断念しました。


ママ活の失敗談②30代後半のおばさんにトンヅラされた話

続いて、ママ活の相手探しには成功したものの、その後うまくいかなかったという失敗例です。やっと相手が見つかったと喜んでいたのですが、結果は散々でした。


出会ったのは某アプリ

Twitterではママ活の相手探しは難しそうとのことで、友人に聞いた出会い系アプリを使うことにしました。掲示板にてママ活をしている旨を書きこみ。連絡を待つことにしました。

こちらも同じように業者と思われるいかにも怪しそうな女性から連絡が来ます。しかし、中には一見普通の見た目の女性からの連絡も。実際にメールを返してみてやりとりをする中でも詐欺ではないことが伺えました。


金額をろくに交渉せずにデートを開始

業者じゃない女性から連絡が来ただけでも嬉しく思っていた筆者。会う予定もすぐにとれそうだったので、アポをとる連絡をとりました。今思えば、このときの対応が後々混乱を招くことになるのです…。

そして、デート当日。駅前のモニュメントのところで待ち合わせをしました。事前に聞いた通り、現れたのはおばちゃん。36歳と聞いていたのですが、実年齢よりもやや老けて見えます。年齢を聞いていなかったら40代前半だと思ったでしょう。もしかしたらサバを読んでいるのかもしれません。

とはいえ、生理的に無理という訳ではなく、まだこのときも実際に来てくれたという喜びの方が勝っていました。お互いに改めて自己紹介をして、近くのレストランへ行くことにしました。


流れでラブホに行き、SEX

向かったのはイタリアンレストランで、カジュアルなバーのような雰囲気。個室ではないですがしっかりとテーブル間が区切ってあり、周囲の目線もそう気になりません。

お酒がおいしくて段々と打ち解けた雰囲気になります。話好きの女性で最近の出来事や過去に付き合っていた彼氏とのエピソードをどんどん話します。筆者は料理やお酒に夢中であまり聞いてなかったかもしれませんが。

お酒を飲んでしまったからか、ただのおばちゃんと思っていた女性の頬が赤く上気し、色っぽく見えてきます。しかも、女性からのモーションも増してきました。本当は食事だけにするつもりだったのですが、店を出て帰りの方向が一緒だからとタクシーで向かった先がラブホだったのです。

最初のママ活相手だからと少し隙を作ってしまった筆者。セックスする気は当初全くなかったのですが、ホテルに来てしまったのだから悪いなという気持ちも出てきて、ついにカラダの関係も持つことになりました。


帰りに金額要求するも…

最初は久々のセックスということもあり、多少興奮していたのですが、相手はやはりババア。おっぱいも垂れ始めていて、マンコがしわしわだったので、一気に萎えてしまいます。一応最後までやったもののあまり気持ちよくは無く、途中からは完全に義務感で腰を動かしていました。

Hが終わってラブホの休憩時間も終わり、そろそろ帰ろうと思っていたとき。当初の予定までなかったセックスについて、お金を要求することにします。しかし、彼女はセックスは流れでやったものだからと主張し払おうとせず

食事代は事前にもらっていたからよかったのですが、とはいえ金額はたった5000円。それだけのお金でカラダを売ったと思うと、やるせない気持ちになってしまいました。


ママ活の失敗談③美人局で男達から暴行され、財布とられかけた話

女性とやりとりしていていざ当日となったときに、ひやりとした目に遭ったこともありました。郊外のゲームセンターの駐車場で待ち合わせした時。向こうが車を用意するからと、指定された場所だったのですが、人目につきにくいところなのでもともと多少不安を抱えていたのです。

すると、不安的中。ゲーセンから現れた男たち3人に囲まれてしまいました。そのまま裏に連れていかれ暴行の嵐。腹を思いっきり蹴られて、頭をはたかれました。男たちはすぐに財布を出せと言ってきますが、念のためと思って持ってきていなかったのは不幸中の幸い。

向こうも財布を本当に持ってきていないと分かると用無しだと思われたのか、あと2発ほど殴られただけで帰っていきました。しかし、今後は公衆がいない場所での待ち合わせは絶対に辞めようと誓いました。


失敗もあれば、成功もあり!成功体験談も紹介

ここまで失敗談を話してきましたが、懲りずに続けりゃ成功することもあります。成功体験談も紹介しますね。


成功体験談①

1回目のママ活は例のBBA(ババア)にカラダを持って行かれ失敗に終わったのですが、2回目のママ活は順調でした。1回目の失敗を活かし、事前に帰りの時間を決め、お金もはっきり決めてからの交渉。全てうまくいったのです。

高級ホテルのバーでお酒を飲むデートでした。とても大学生同士じゃ行かないところだったので、興奮しましたね。会話もおしゃべりな感じの女性ではなく、いろいろ話を聞いてくれるお母さんといった感じで居心地もよかったです。

その女性からは気に入ってもらい、それからも月1くらいで会いました。遠慮がちな女性で向こうからは困ったことは要求してこないので、とても過ごしやすいです。金額も相場の1時間あたり3000~5000円よりやや高い3時間弱で15000円なので、とても助かっています。


成功体験談②

もう一つお伝えしたいのが、お小遣い以外にあるものまでもらった例です。その女性とは3回目のデートだったのですが、2回目会ったときに自分の誕生日のことを伝えていたんです。そのことを覚えてくれていて、3回目のデートで食事をしているときに、プレゼントを渡してくれました。

しかも、プレゼントはもともと筆者が欲しいと思っていたポールスミスの長財布。ちなみにプレゼントなどのモノを貰える活動はアネ活というらしいですね。

食事ではサプライズケーキまで出してもらい、とても良い時間でした。


失敗に合わないために…ママ活で気を付けたい注意点

いかがでしたか?ここまでの内容及び筆者の体験を踏まえ、ママ活に興味がある方へ向けて僭越ながらアドバイスさせていただきますね。


相手がどんな女性かしっかり確認する

まずは相手がどんな女性か知ることが大事です。調子が良すぎる女性は要注意。業者もしくは美人局といった危険性があります。筆者の経験上、大事なお客さんとなってくれるママは、遠慮がちで優しそうな女性です。

Twitterや掲示板サイトでママ活相手を探すのは辞めましょう。経験上、最も使いやすいのはやはり出会い系サイトです。サイトでは自分の顔を出しているケースは少ないので、メッセージのやりとりをする中で必ず顔出ししてもらうようにしましょう。不安なのはお互い様なので、まずはこちらが顔がハッキリ分かる写真を送ることが大事です。


金額は事前にしっかり交渉しておく

金額などの条件面は先にしっかり決めておきましょう。そうでないと、筆者の失敗談②のようにタダでカラダを売って痛い目に合うかもしれません。

まずは相場を知るところから。だいたい1時間あたり3000~5000円が妥当な金額です。また、一日まるまるデートする場合は、3万円くらいを目処に交渉するとよいでしょう。

内容もしっかり決めておくことが大事です。もし肉体関係も伴う場合は、相場はかなり高くなります。メッセージでやるのは野暮な感じがするので、その場の流れでHまで行きそうになった場合は、そこは一旦冷静にヤる前に金額交渉をすることが大切です。


ママ活におすすめアプリやサイト3選

最後に、ママ活の相手探しにおすすめの出会い系アプリをご紹介します。筆者が実際に使ってよかったものもあるので、ぜひ使ってみてください。どれも有料ではありますが、それ以上に稼げると思うのであまり気にならないかと思いますよ!


おすすめアプリ①ハッピーメール

ハッピーメール(R18)へ無料登録 ハッピーメール android,iphone,PC
総合評価
★★★★★(4.6)
ポイント制出会い系サイトの最大手!累計登録者数なんと1500万人!

料金
登録無料(ポイント制) 会員数
1500万人
運営
株式会社アイベック 男女比
7:3
リリース年
2001年 口コミ数
800件


使いやすさ ★★★★★
(4.8)
出会える度 ★★★★★
(4.6)
ママ活の安全性 ★★★★☆
(4.0)
登録女性の経済力 ★★★★☆
(4.0)
ユーザーの稼働率 ★★★★★
(4.8)
コスパの良さ ★★★★★
(4.9)
総合評価 ★★★★★(4.6)

使いやすい上に、登録している女性が多いのが特徴の出会い系アプリです。皆さんも一度は名前くらい聞いたことがあるのではないでしょうか。筆者も実際に使っていたアプリがコレです。

掲示板サイトで投稿すれば反応が良いですよ。書き込み数が多く、実際に筆者以外でもママ活にかんする投稿している男性がけっこういました。連絡返してくるのは業者が多いのですが、中には一般女性からのレスポンスもありますよ!


おすすめアプリ②Jメール

Jメール Jメール android,iphone,PC
総合評価
★★★★☆(4.1)
運営実績17年以上!選べるコミュニティーで気の合う人がすぐ見つかる出会い系アプリ!

料金
登録無料(ポイント制) 会員数
500万人
運営
有限会社エムアイシー総合企画 男女比
7:3
リリース年
2000年 口コミ数
300件


使いやすさ ★★★★☆
(4.3)
出会える度 ★★★★☆
(4.4)
ママ活の安全性 ★★★★☆
(3.7)
登録女性の経済力 ★★★☆☆
(3.2)
ユーザーの稼働率 ★★★★☆
(4.2)
コスパの良さ ★★★★☆
(4.2)
総合評価 ★★★★☆(4.1)

出会いやすさでは定評のある出会い系アプリ。運営会社が九州・福岡に本社を置く会社ということもあり、地方で使いやすいのが良い点。ママ活ではシングルマザーの方も利用している人が多いのが特徴です。

無料で使えるポイントが多いので、試しに使いやすいのも嬉しいですね。登録女性の経済力がやや低いのがデメリットですが、交渉次第では相場位の金額で応じてくれる女性もいるでしょう。


おすすめアプリ③PCMAX

PCMAX(R18)へ無料登録 PCMAX android,iphone,PC
総合評価
★★★★★(4.6)
年間広告費10億円以上で女性会員激増!女の子が圧倒的に多いから飲み友・恋人・セフレ作りはPCMAXで!

料金
登録無料(ポイント制) 会員数
900万人
運営
株式会社マックス 男女比
6:4
リリース年
2007年 口コミ数
500件


使いやすさ ★★★★★
(4.6)
出会える度 ★★★★☆
(4.8)
ママ活の安全性 ★★★★☆
(3.9)
登録女性の経済力 ★★★★☆
(3.9)
ユーザーの稼働率 ★★★★★
(4.6)
コスパの良さ ★★★★★
(4.7)
総合評価 ★★★★★(4.6)

オトナの出会い目的で登録している男女が多い出会い系サイトです。18歳以上の掲示板ではかなりアダルティーな話題で盛り上がっています。ママ活の内容を投稿するのは、ピュア掲示板と呼ばれる、18禁じゃない方の掲示板で行う方が賢明です。

筆者の友だちが使っていた出会い系サイトがこちらでした。普段はセフレ作りで使っているサイトですが、ママ活目的でも十分使えますよ。


まとめ:失敗談を活かして、ママ活を成功させよう!

いかがでしたか?筆者のママ活失敗談を惜しげ無く披露させていただきました。恥ずかしい失敗談で黒歴史として封印したいところですが…。その代り筆者も失敗したことを活かして良い思いもさせてもらいました。

もし、これからママ活しようと考えている方がいたら、筆者の経験を踏まえてぜひ良い成果を得てくださいね!まず相手探しをしようと思っている方は、ハッピーメールやJメールの無料登録から始めてみるとよいでしょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

ハッピーメール(R18)無料登録はこちら
Jメール公式サイト(R18)無料登録はこちら

◯関連記事
今すぐできるママ活のやり方まとめ|募集方法・相場・交渉の仕方など
ママ活におすすめの人気アプリ・サイト・掲示板ランキングTOP10


【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人とセックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。


たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る