AV女優「凛音涼子」のデビュー前から現在までを丸裸に

AV女優「凛音涼子」のデビュー前から現在までを丸裸に

4,783 views

この記事を書いた人
孤高のAVソムリエ
桜小路すばる編集チーム
小3でオナニーを覚え、河原で拾ったエロ本でヌキまくる少年期を過ごす。生まれながらのコミュ障体質が幸いし、青年期も彼女よりAV好き。20年来のAV鑑賞歴を活かすため、panpanでAVレビューを中心に執筆してます。最近はVR作品にドハマリ中。別名義でDMMレビューも書いてます。
お姉さん系やギャル系の痴女作品で活躍した、AV女優・凛音涼子(りんねりょうこ)。張りのある美巨乳おっぱいやピン勃ちした乳首、プレイで魅せるド派手な潮吹きが非常に印象的でしたね。

そこで今回は凛音涼子のデビューから現在までをご紹介!おすすめの動画も取り上げているので、当時のファンの方はもちろん、潮を吹きまくるエッチなお姉さんが好きならぜひともチェックしてください!




AV女優「凛音涼子」のプロフィール

AV女優「凛音涼子」のプロフィール
引用:マドンナ

生年月日 1987年6月5日
出身 東京都
スリーサイズ B90(Gカップ) W59 H86
女優タイプ スレンダー、ギャル、人妻
総出演本数 55本
現在 引退

美形のルックスと90cmGカップおっぱいが魅力的な凛音涼子さん!東京都出身のAV女優です。167cmの高身長で、太すぎず細すぎない丁度いいスタイルが素晴らしいですね。彼女をパッと見て、まず目が行ってしまうのが豊満なおっぱい。

AV女優「凛音涼子りんねりょうこ」のプロフィール
引用:FANZA

綺麗なおわん型でまん丸としており、長めの乳首が常にピンと立っています。服上からでも乳首が突起するほど目立つのは、かなりエロいです。しかも乳首がとても敏感で、舐められるたびにビクビクするほどのエロ乳首。

おっぱいは「豊胸しているのでは?」と思わせるほど完璧ですね。本人からのコメントなどがないので、豊胸しているかどうかは不明となっています。おっぱいの形が明日花キララと似ていることを考えると、豊胸していない可能性も高いです。

もう1つの特徴は「潮吹き」でしょう。脱水症状になるくらい何度も潮吹きします。彼女のハメ潮は芸術的ですね。ピストンされるたびにビシャビシャと飛び出る潮吹きは必見です。

凛音涼子はAV女優として活動していたときは、アスタープロモーション(現・株式会社viola)に所属していました。趣味は映画鑑賞と編み物で特技がバレーボールとダンス。綺麗でスタイルも良く、編み物やスポーツもできる…まさに良妻兼備な女性です。


AV女優「凛音涼子」の重要トピック3選|デビューから現在まで

ギャルや熟女、レズにSMプレイ……と、オールラウンダーに活躍したAV女優の凛音涼子。そんな彼女のデビューから現在までを時系列順に紹介していきます。


2008年「SOD女子社員としてAVデビュー」

2008年「SOD女子社員がAVに出演!という形でAVデビュー」
引用:FANZA

凛音涼子は2008年11月20日に「片桐怜奈」名義でAVデビュー。デビュー作はSODクリエイトの「今まで頑なに出演を拒否していた、経営統括室 片桐怜奈 超絶美人女子社員がついに脱いだ!! グラビアアイドル顔負けのSOD女子社員が奇跡的にAV出演!! 」です。

タイトルだけ見ると「SOD女子社員がAVデビューした!」と思うかも知れませんが、シリーズ作品なので凛音涼子はSOD女子社員ではありません。今とは異なり、2008年当時は上半期だけでも200タイトル以上もリリースれされた人気シリーズでした。SOD女子社員がどれだけAVデビューしているのかって話ですよね……。

凛音涼子がAVデビューした2008年は、「AV史上最高の美少女」と言われた初美りおんやトップAV女優の波多野結衣、同じ11月にはグラビアあがりの佳山三花などがいました。そうそうたる面々です。

凛音涼子がデビューしたきっかけは不明。どこから来たのかまったく謎ですね。当時は自らAVに出演希望する人も少なかったので、王道のスカウト経由かも知れません。


2009年「他の名義でも活動開始」

2009年「他の名義でも活動開始」
デビュー作では「片桐怜奈」名義で出演していましたが、その後は「凛音涼子」名義で活動するように。一方で、他の名義で出演している作品も多数あります。確認できた名義は以下の通りです。

・加瀬 ますみ
・松山 樹里
・小関 美沙
・長谷川 美香
・山下 涼子
・REIRI
・松山さゆみ(イメージ作品のみ)

かなりの頻度で名義を変えていますね。名義を変更する理由として事務所移籍や身バレ防止などが考えられますが、凛音涼子が事務所を移籍している気配もなく、2009年は多くの作品に出演しています。


2009年「熟女・人妻作品の出演が増える」

2009年「熟女・人妻作品の出演が増える」
引用:FANZA

2008年から2009年中盤までは、ギャル系やお姉さん系作品の出演が多かった凛音涼子。しかし2009年終盤から一気に熟女・人妻作品への出演が増えました。当時の彼女はまだ22歳です。

新妻ならまだ分かりますが、「凛音涼子 31歳」というがっつり熟女系の作品もありました。けっこう無理のある設定だったものの、しっかりと役をこなしていましたね。

ギャルやお姉さん系の作品に定評があった凛音涼子ですが、熟女まで演じ切るのでビックリです。いろんな役をこなすオールラウンダーな女優だけに、今後の活動にも期待が高かったですが……。


2010年「AV業界を徐々にフェードアウト!現在は不明」

ハイペースで出演した凛音涼子ですが、2009年以降、新作リリースがパタッと止まります。本人からの引退宣言もなく徐々にフェードアウトしていった感じですね。

一応公式ブログを2つほどやっていたようですが、あまり更新されていませんでした。ブログ内でも引退をほのめかすようなこともなく閉鎖しています。AV女優としての活動は約1年ですね。

2010年「AV業界を徐々にフェードアウト!現在は不明」
引用:DUGA

最後の作品は、2010年6月の競演作「おっぱい大好き」(EROTIC STONES FILMS)。本番シーンはなく、ひたすらおっぱいを攻められるフェチ作品でした。こちらはFANZAでは販売されておらず、DUGAなど一部の動画販売サイトで購入できます。

彼女のコンディション的にも、まだまだ活動できたはずです。「男ができた?」「風俗堕ち?」などさまざまな憶測が飛んでいますが、引退理由も分からないまま消えてしまいました。

もっとも別の女優名を使ってまで、ハイペースの出演を続けた彼女。1年ちょっとのAV活動は、デビュー時からの既定路線だったのかもしれません。


次のページ
AV女優「凛音涼子」のセックス事情やプライベートの噂は?
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る