AV女優・立花さやの全て(かわいい画像・現在・出演作品等)まとめ

AV女優・立花さやの全て(かわいい画像・現在・出演作品等)まとめ

1,344 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
とにかく可愛いAV女優が好きな方におすすめしたいのが、「立花さや」。現在は引退してしまっていますが、現役時代は「グラビアアイドル・AV女優・ストリッパー」と幅広い分野で活躍していた素晴らしい方です。しかし引退してからかなりの日が経っているため、「現役時代の活躍を今一度確認したい」という方も少なくないでしょう。そこで今回は、元AV女優・立花さやの全てを徹底解剖していきます!


今だけ!期間限定でAVが無料で見放題に!! 楽天TV 公式サイト
30,000本以上のAVが見放題の「楽天TV」が今なら""""完全無料""""で配信中!

今やAVは無料サイトでも見れますが、広告まみれだったり、ロードに時間がかかったり、AV一本見るのにもストレスを感じがち。さらにはウイルスなどのセキュリティ上のリスクも。
「楽天TV」ならそんなストレスまみれのオナニーライフから解放してくれます。これから紹介するおすすめAV女優も見放題!

登録にかかる時間はたった1分。31日間無料は今だけです!
まずは下のボタンを押して配信作品をチェックしよう!

※31日以内の解約で追加料金は一切発生しません!
配信作品を見に行く

AV女優・立花さやのプロフィールやスリーサイズ


女優名 立花さや
身長 159cm
体重 非公開
バスト 85cm(Eカップ)
ウェスト 57cm
ヒップ 88cm
生年月日 1989年9月18日


立花さやと書いて「たちばなさや」と読むAV女優。彼女の特徴は何と言っても「ルックス、ボディスタイル共に完成された女優象」にあります。ルックスはいわゆる妹系で、髪型もショートカットが印象的。体の方もくびれが付いていながらEカップの美乳おっぱいが目立っているので、一人のAV女優として非常に魅力的な存在です。

そんな立花さやのセックスの特徴についてですが、責めの時は「吐息を吐きながら吸い付きの強いピストンフェラでペニスを愛撫する」のが生々しくてドスケベ。受けの時は「恥ずかしがっているような表情で自然に喘ぐ」のがエロくて可愛いです。


ちなみに立花さやが現時点でDMM(現:FANZA)にて公開している作品数は、「218本
」。このように本数がかなり多い上にジャンルのバリエーションも豊かなので、引退した今でも様々な角度から堪能できるAV女優でもあるのです。


AV女優時代の立花さやの経歴


現在は引退している立花さやにも当然現役だった時代は存在しており、その時の活躍も輝かしくて素晴らしいものでした。ただ彼女が引退してから約5年が経った現在においては、そんな立花さやの活躍が時の流れと共に風化していっているのも事実。なので彼女の現役時代の記録は今一度皆さんに知って欲しいです。そこでここからは、AV女優時代の立花さやの経歴について紹介していきます!大きく分けて

・デビュー前から引退前までの立花さやの活動記録
・立花さやの中でも特に受けたジャンル・作品
・立花さやが引退したその後

これらについて説明していくので、彼女を知りたい方は要チェックです!


2010年6月にAVデビュー


立花さやがAV女優になる前は、グラビアアイドルとして活動していました。グラビアデビューを果たしたのは2009年8月の時で、グラビア時代はオルスタックピクチャーズの「美少女にプロレスしてもらいましたシリーズ」のイメージビデオに2作出演していたことが確認できます。

そして2010年6月7日に、エスワンの「新人NO.1 STYLE 現役グラドル×エスワン」にてAVデビュー。当時の年齢は20歳と、女性として十分成熟した上でのAV女優スタートとなりました。グラビア時代の彼女を知る人は少なかったですが、それでも「純粋な可愛さ」に注目され瞬く間に人気になったのです


さらに2010年12月31日には、ストリッパーとしてもデビュー。「エスワン→マキシング→SOD ACE→ティーパワーズ→アタッカーズ」と移籍しながら、AV女優兼ストリッパーとして活発な活動を見せてくれました。


挑戦的な痴女らしさが魅力で活躍

立花さやは王道系作品を中心に、「レズ・オナニー・アナル」などのマニアックな作品にも沢山出演しています。ただその中では「シンプルな王道系作品」が視聴者に好まれる傾向にあり、それら作品は安定した高評価率を記録しているのです。

そんな立花さやの王道系作品の中で特に人気なのが、プレステージの「WATER POLE 11 立花さや」。特に目を見張るべきなのが「立花さやの痴女らしさ」で、騎乗位中に射精を我慢するために逃げる男優を追い詰めてさらに責めるなど、挑戦的でエロに積極的な彼女のキャラクターがとてもスケベなのです。

本作の女優は沢木和也が恐れ戦くほどに求めてくる。騎乗位で腰をガン振りされ思わず漏れそうになったところを何とかなだめて少し気持ちを治めようと逃げる沢木の太腿にしがみつき、とことん真剣勝負を挑んでいくあたりが○。
引用:WATER POLE 11 立花さや



とにかく積極的で高い技術にスタイルの良さ。
このシリーズで満点はあまり付けないのですが、
これは文句無し。

モザが有るのかどうか分からないくらいの親切さ。
引用:WATER POLE 11 立花さや



その他のマニアック系統の作品はそれぞれがバランス良く受けており、「立花さやならこのジャンル!」と一言におすすめすることはできません。ですが出演比率的には「レズ系作品」が目立っているので、その手のフェチの方でも十分に立花さやを楽しめるでしょう。


2014年3月に惜しまれつつも引退


AV女優、そしてストリッパーとして活発な活動を見せてくれた立花さや。そんな彼女は2014年3月をもって引退することを、自身のTwitterにて発表します

次のページ
引退してその後、立花さやの現在の状況は?
  • 1
  • /
  • 6
1/6 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る