1
AV女優・橘メアリーの全て(狩野英孝と交際?画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

AV女優・橘メアリーの全て(狩野英孝と交際?画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

464 views

肉感あるボディと美しいルックスで人気の橘メアリー(たちばな めありー)。今回は彼女のAV女優としてのこれまでを大解剖し、デビューから現在までを丸裸にしていきます。インタビューやSNSを通して、彼女のプライベートや気になる噂の真相も明らかになりましたのでご期待ください!もし彼女の存在を知らなかった方は最後にご紹介するエロ動画をぜひ見てください。きっと一目でファンになってしまいますよ。


AV女優・橘メアリーのプロフィールやスリーサイズ



女優名 橘メアリー
身長 167cm
体重 非公開
バスト 92cm(Hカップ)
ウェスト 65cm
ヒップ 86cm
生年月日 1993年7月7日


高身長にムチムチなグラマラスボディの橘メアリー。出身は東京ですがこのグラビアアイドル顔負けのド迫力ボディが生まれたのは、彼女がスペイン人と日本人のハーフであることも関係しているのでしょう。顔立ちはかなり日本の血が濃くなっており、西洋的な感じはほとんどしません。



彼女の特徴といえばやはりおっぱい。しずく型の重量感ある形をしており、その重さからか多少垂れた感じはしますが、よく見るとハリのある揉みごたえのあるおっぱいです。ぷっくりした茶色の乳輪や乳首はHカップの割に小さく、バランスのとれた見た目をしています。

プレイではアナルセックスを始め、乱交や緊縛、中出しなどハード路線もこなします。化粧や服装によって雰囲気がガラッと変わるので、ギャルやOL、人妻まで幅広い役柄を演じられるのも橘メアリーの特徴となっています。

単体作品よりも共演作品の方が多く、素人設定のAVにも多数出演しているので、女優ジャンルとしては企画女優に位置づけられます。橘メアリー以外の名義作品もFANZA(旧DMM R.18)にたくさんあるので、ぜひ探してみてください。


AV女優・橘メアリーの経歴

では橘メアリーのAV女優としての経歴から見ていきましょう。現在まだAV女優として現役を続けていますので、これまでの活躍ぶりやデビュー秘話を中心にお届けしてます。この後、徐々に深堀りしていくのでまずは概要をご覧ください。


2014年2月にAVデビュー

橘メアリーは2014年2月にTokyo247「メアリー」でAVデビューを果たします。当時は非常に素人感のあるルックスで、こんな子がAVに出るの?と思えるほど。なぜこのような女の子がAV女優になろうと思ったのか気になりますね。

矢口が「どうしてこの業界に入ろうと思ったの?」とたずねると、新宿でスカウトされたという橘は、同じ頃にバイト先の上司に「俺の元カノ、AV女優になったんだよねー」と言われたことで業界を意識し始めたという。そして「気づいたらなってました」と明かすと、思わず矢口は「間すっ飛ばしすぎでしょ!」とツッコむ。
引用:Abema TIMES


AV業界を意識したことがきっかけですぐにAV女優になったようです。彼女のAVを見ていると、この選択が間違っていないことは一目瞭然。自分に合っていると直感で決めてしまったのでしょう。

そんな橘メアリーですが意外な一面も持ち合わせています。

「私、両親だけ知らないんですよ」と、親バレはしていないという。
(中略)
橘は「私、歯科衛生士の大学出てるんですけど、そのまま歯科衛生士になってる“ことに”なってます!」と説明。
引用:Abema TIMES


歯科衛生士の資格を持っているというのは予想外ですね。他にも中国語検定1級を取得するなど多数の資格を持っています。また絶対音感の持ち主でもあり、フルートの演奏やDJもこなす彼女。エロだけでなく多才な能力を持っている橘メアリーは、女性としても非常に魅力的なことが分かります。


SOD AWARD 2019ではBest of 接客賞にノミネート

SODが経営している「女子社員酒場」での接客が良いAV女優に贈られる「Best of 接客賞」。残念ながら受賞には至りませんでしたが、栄えある第一回目にノミネートされたのは素晴らしいことですね。

この賞にノミネートされるということは、AVの中だけでなく現実でも魅力的だという証明になります。女子社員酒場に行って彼女と直接話してみれば、より彼女の魅力が分かりAVでヌクときの気持ちよさも跳ね上がることでしょう。

本業のAVではデビュー直後の「素人お姫様生中出し 025」で中出し。「初アナルの女の子が痛がらず最高の笑顔でアナルSEXしているところが見たい!」でアナルセックスと、最初からハードなプレイもこなしてきました。

2019年には中国向けの作品にも出演しており、中華圏でも橘メアリーの名は知られています。ちなみにそちらで活動する際は「橘瑪麗」という漢字名になっており、台湾エキスポなどのイベントにも参加しています。

そこでは非常にドスケベな催しが行われていました。これは行きたくなりますね!




現在もマルチな現役AV女優として活躍中

橘メアリーは現在(2020年2月現在)もAV女優として活躍中です。企画女優のため単体での作品数が少ないのですが、VR作品や共演作品に多く出演するなど私たちにオカズを提供し続けてくれています。

また女子社員酒場での勤務やイベント、DJ活動などAV以外でもマルチな活躍を継続中。画面の中だけでなく実際に会える可能性の高いAV女優なので、ぜひ皆さんも機会があれば彼女のイベントなどに参加してみてはいかがでしょうか。


橘メアリーについて、気になる噂やエピソードを調査

橘メアリーはマルチなAV女優として活躍していることがお分かりいただけたことでしょう。そんな彼女ですから気になる噂やエピソードも豊富です。アダルト関連の話題から一時期日本中話題となったあの噂の真相まで詳しくご紹介していきます。


橘メアリーは無修正動画を解禁している?

最近は有料の無修正動画サイトも多くなり、有名AV女優のありのままの姿を見る機会が増えてきています。またここ数年はAVの無修正流出が相次いでおり、大物AV女優も例外ではありません。

そこで橘メアリーについても無修正動画を解禁しているのか調査を開始。しかし残念ながら彼女の無修正動画は公開されていないことが分かりました。念のため画像も検索してみましたが丸見えのものはありません。あの極上ボディをいつか公に解禁してほしいと願わずにいられませんね。

そして流出動画の有無についても調査。やはりこちらも同様に無修正は出回っていませんでした。作品数自体が少ないので今後流出する可能性は低いと考えられますが、引退して数年してからの流出もあり得るので期待しましょう。


橘メアリーの年収は?

橘メアリーの作品数は単体女優や企画単体女優と比較しても少ない方ですが、これは多方面に渡る活動のおかげでAVに専念しなくてもいい年収が得られているとも取れます。そこで2019年をベースに彼女の年収が一体どれくらいあるのか考察してみました。

まずはAVの収入から。2019年の出演作品数は46でした。企画女優の1本あたりの単価は3~15万円とされていますので、彼女の人気ぶりや作品のリリース頻度から考えると大体10万円といったところでしょう。このことから2019年のAVでの年収は、460万円であると推測できます。

他の活動で目立つのが女子社員酒場でのアルバイト。詳しい給与の情報はないので東京都の居酒屋を基準に考えます。相場は時給1,200~1,500円くらいなので、AV女優という付加価値を加えると時給2,000円ほどではないかと思われます。月に3回、それぞれ5時間の出勤と仮定すると1年で36万円ほど。趣味でやっているような感じですね。

その他クラブでのDJやイベントの出演料をプラスしていくと、橘メアリーの年収は600~800万円ほどであると推測できました。これくらいの収入があればAV一本でなく、いろいろな活動をしているのも頷けますね。


橘メアリーはストリップにも出演している?

橘メアリーがストリップにも出ているという情報を見かけたので、こちらも調査してみました。すると2016年1月にストリップでもデビューしていたことが判明。ときどき出演しているようなので、無修正の生まんこを見れる数少ないチャンスです。

ナイスバディー。爆乳とまではいかないけどかなりの美乳。
顔立ちもハーフっぽくてお色気たっぷり。
初めて会うので最初のポラは立ちで前後全身。
次にヒョウの耳と衣装でツーショット。左腕にムニューっとしてくれました!
引用:note


こちらは橘メアリーのストリップを見た方の感想です。見るだけでなく撮影会でもいい思いをされたようですね。あのおっぱいが腕に当たったらと考えるだけでもムラムラしてしまいます。気になる方は香盤をチェックして実際に行ってみましょう。

さらにストリップについて調べていると、過去にデリヘルでも働いていたことが分かりました。働いていたのはAV女優も多く在籍する「デリヘル東京」。エリーという源氏名だったようです。2017年に退店し現在は風俗業界での勤務はありません。

彼女とプレイした男性がいると思うと、羨ましい気持ちでいっぱいになりますね。


橘メアリーはアダルトグッズのイメージキャラクターになっている?

噂やエピソードの調査でネットを徘徊していると、あるWeb広告を発見しました。それは電マの大御所「ピンク電マ」のもの。橘メアリーとどのような関係があるのか気になったので急遽調査項目に入れることにしました。

そこで分かったのは、橘メアリーがアダルトグッズメーカー「ワイルドワン」のグッズ紹介担当になっていること。YouTubeでもしっかりピンク電マについての紹介動画に登場しています。



このような活動のきっかけになったのは、2018年のパラダイスTVの生番組出演でした。タイトルは「デンマは恥丘を救う2018~淫乱美女軍団が生でイキまくり!」。何とも凄いタイトルですね。

  • 1
  • /
  • 4
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る