1
売り専(ウリセン)の体験談レポ5選|ゲイ向け風俗店のリアルな実態

売り専(ウリセン)の体験談レポ5選|ゲイ向け風俗店のリアルな実態

574 views

男好きな利用客を相手に、お店のイケメンボーイがマッサージやエッチなサービスでおもてなし……そんなゲイ向け風俗店・売り専(ウリセン)のことはご存知でしょうか。ネットでも情報が少なめとあって知名度が低いだけでなく、「違法?」「売春?」のようなさまざまな誤解があるのも事実。そこで今回はゲイ風俗歴10年の筆者が、ユーザーの体験談などをもとに、売り専のリアルな実態についてまとめて紹介します!


売り専(ウリセン)の実態をリアルな体験談を元に解明します!

売り専(ウリセン)とは、男性が男性客を相手に性的なサービスを行うお店や仕事のこと。簡単に言うとゲイ向けの風俗サービスであり、接客を行う男性を売り専ボーイ(または、単純にボーイ)と呼びます。

現在の売春防止法は
男性器を女性器に挿入する事を前提としているため、
法律上はアナルセックスは売春行為にはあたらない
引用:アナルセックス|Wikipedia


売り専では、男性客に対してボーイが本番行為を行うのが基本です。なお、男性どうしのセックスは売春防止法における売春の定義(セックスの有無)に当たらないため、合法的に堂々と行われています。デリヘル嬢のAFオプションと同じと言えば、分かりやすいかと思います。


今や日本においても、LGBTの方が8.9%(11人に1人)いると言われていますので、売り専に興味アリな男性も多いでしょう。そこで、ここからは売り専を利用した方やボーイの体験談をご紹介します。


体験談①「初の売り専体験でトコロテン絶頂!」

先日、初めて売り専を利用してきました。

以前から男の人に興味があり、色々な体験談を読んだり、
画像を見ては「こんな風にされたい」てのがありましたが、
(中略)
お店に連絡をして、指定された部屋に行き、
そこでしばらく待っていると、20代半ばの男の子がきました。
引用:初めての売り専で|GNT24/365


最初に紹介するのは、初めて売り専を利用した男性の体験談。ちなみに、売り専では店舗型と派遣型を兼ねているお店が多いです。利用したいけど人目が気になる……という方は、自宅に呼んでみるのもアリですね。

口、首筋、鎖骨、乳首を念入りに舐めてくれました。
その間、彼の右手は僕のものをカリから玉にかけて愛撫してくれ、
自分でも気がつかないうちに喘ぎ声がもれだし、
だんだん大きな声で喘いでいました。

でも、その時も彼は「かわいい声だね」とか、
「もっと気持ちよくしてあげる」といってさらに激しい愛撫をされ、
そこで一回イキました。
引用:初めての売り専で|GNT24/365


売り専初心者の方でも、プレイ前に相手に伝えておくと優しく手ほどきしてくれます。投稿者の方も、ボーイからの初めての全身リップ+手コキで、早くもイッてしまったようですね。

ケツにローションを塗り、
初めは指を、そしてだんだん指の本数が増えていき、
ケツマンコを口で愛撫してくれました。

僕は初めてケツマンコを他人に見られて恥ずかしがっていると、
更に音をたて吸ってくれ、
やはりその間もチンポはしごかれ続け、2回目を出しました。
引用:初めての売り専で|GNT24/365


もちろん、ボーイはアナルも攻めてくれますが、最初にネコ(受け)かタチ(攻め)か、あるいは両刀かを伝えておくと、スムーズにプレイが進みます。女性がいる風俗店と同様に、受付の時点で自分の性癖を正直に言っておくのがコツです。

ケツマンコがうずきだし、不安もあったけど入れてほしくなり、
入れて欲しい、て伝えると、彼は少し微笑み、
コンドームをつけてゆっくり入れてきました。
(中略)
彼にほられながら、
初めてのアナルセックスでトコロテンをしてしまいました。
そして、プレイは終わり、帰りましたが、
次は彼をいかせてあげたいと思いました。
引用:初めての売り専で|GNT24/365


投稿者の方も、無事に初めてのアナル挿入を経て、気持ち良くトコロテン発射をキメたとのこと。プレイが終わるとボーイに情が移りがちなところも、一般の風俗店と同じですね。


体験談②「巨根のイケメンボーイに、念願の顔面騎乗!」

期待と不安が入り混じりながら
インターホンを押す(一番緊張するところ)
一瞬の沈黙の後 中から出てきたのは・・・

ガチャ・・

中から出てきたオーランドさんと目が合う

えっ・・・

一瞬固まってしまいました。あまりにもカッコ良すぎて。
引用:Shikiのゲイマッサージルーレット(体験記)


続いては、ホテヘル系の売り専の体験談。売り専でもイケメン系やガチムチ系、ノンケ系など、さまざまなタイプのお店があります。こちらは、イケメン+巨根系の売り専を利用した方のお話です。

その後、ベッド上でお互いのズボンを脱ぎ脱ぎ。 
(中略)
たしかにもっこりはデカかったです!
オーランドさんは私の顔をその膨らみに何度も押し付けてくれました。 

そう、あの変態メールをちゃんと読んでくれていたのです。
引用:Shikiのゲイマッサージルーレット(体験記)


こちらの方は、事前にメールで「顔面騎乗希望」と伝えており、無事に希望通りのプレイをしてもらったとのこと。風俗店と同じように、マニアックなリクエストに対して寛容なお店もあります。

それを咥える。太いし、
オーランドさんが私の頭を掴んでスイングするので
吐きそうになりました(笑)

ムクムクと大きくなるオーランドさんのブツ。
公称 18.5cmですが、本当かどうかは定規を当てないと
わかりませんでした・・
引用:Shikiのゲイマッサージルーレット(体験記)


なお、巨乳専門店と同様に、巨根専門店のボーイの股間のデカさも半端ナイです。イラマ願望のある方は、このような巨根の売り専がオススメですね。

久しぶりの顔面騎乗でしたが、とても良かったです。

あっという間に時間になってしまい、
シャワーを浴びる(同伴ではありません)

浴びたあと、少しのおしゃべりタイム
そこでオーランドさんが履いていた下着を貰う。
ほんと変態でごめんなさい・・
引用:Shikiのゲイマッサージルーレット(体験記)


売り専のプレイは客の好み次第の要素が強く、本番(アナルファック)がなかったり、いちゃいちゃするだけで終了というパターンもあります。この部分が、一般の風俗店と大きく違うところでしょうか。


体験談③「ノンケの若いボーイが、男性客のチンコにハマって……」

若い時、金が無くて売り専に入った頃から
種付けにはまっちまった。
初めての客。
写真指名されてホテルへ行く。
引用:男尻祭


続いては、売り専ボーイの体験談をご紹介しましょう。「ボーイ=100%ゲイ」という認識の方もいると思いますが、手っ取り早く稼ぎたい目的で売り専ボーイになる若いノンケ男子も結構多いんです。

客はまだ30歳手前の普通な感じのリーマン。
『写真より男ぽいけどやっぱり可愛いね、外周りでムラムラしちゃって…。』
客は俺の服を脱がす。
『立ちが悪くてすみません…。』
『いいんだよ、オシリ…、イケるんだろ?そうマスターから聞いて指名したんだよ?』
引用:男尻祭


売り専ボーイの年齢層は、18歳~20代前半がメイン。中年の男性客が若いボーイをハメるというプレイが基本です。

ベロベロ舐めて舌入れてほぐれてくるとオイルを取りだしほぐす。
十分にゆるんだところで竿が浸入してきた。

『痛くない?』

アナルは緩くなっていたので苦なく根本まで入った。
(中略)
『かわいいねかわいいね』と言いながら腰を振り、
俺も若かったから本気にし、客を好きになりそうになっていた。
客を喜ばせる為俺も感じてる声を出した
引用:男尻祭


こちらは初めて接客した時の体験談ですが、アナル挿入を受け入れて感じてしまったとのこと。ノンケだったものの、売り専の仕事をキッカケにゲイに目覚めるボーイも少なくありません。

ボーイのバイトは楽しかった。
はたから見れば大人が子供のケツ掘ってるように見えたろうな。
子供に中出し子作りの行為。
女に中出ししたら本気妊娠するマジ精子ボーイ俺に中出しだもんな。
(中略)
今は俺も多少おとなしくなりました。
たまにヤリ部屋で遊んでるくらい。
引用:男尻祭


ちなみに、売り専を辞めた今でも、ゲイセックスにハマっているようです。このように、ノンケの若いボーイを調教するのも、売り専で遊ぶ醍醐味と言えますね。


体験談④「スタッフ目線での、売り専の実態とは……」

男の従業員が男性相手に性的マッサージを行う店の
受付業務をしていた。要はウリ専の受付だ。
引用:Innocent LIFE


お次は視点を変えて、売り専のスタッフとして働いていた方からの告白コメント。厳密に言えば体験談ではありませんが、売り専の実態を知る上で、合わせて紹介しておきます。

応募した店は分類上「マッサージ店」で、
本番行為はなし、ヌキはあり、というタイプの店だった。
引用:Innocent LIFE


こちらの方が勤務していたのは、本番(AF)なしの性感マッサージ店。売り専では通常の風俗店のように細かいカテゴリー(ソープ・デリヘル・ピンサロなど)があまりないので、性的サービスはお店ごとで大きく異なるケースが多いです。

なんとなく身体を売ってる人は「訳あり」なイメージがあったが、
「俺たちしょうもないよな」という自虐的な雰囲気はどこかに漂いつつも、
全体的に和気あいあいとしていて飄々としている姿が印象的だった。
引用:Innocent LIFE


ゲイサービスである売り専は、ノンケな方にはどこか卑屈なイメージをしがちですが、実際のところは、風俗店のそれとあまり変わりありません。サークルのような雰囲気のところもあれば、「お仕事」としてサバサバしているところも……。

風の噂で聞いたが、
古株の40代のマッサージスタッフを除いて、
自分が顔を知っているスタッフは
もうほとんどその店に在籍していないという。
引用:Innocent LIFE


ボーイの定着率は、一般の風俗店と比べてかなり低めです。稼ぐためにカラダを売っているノンケも多いとあって、お金が貯まればあっさり退店してしまう男性も多いです。お気に入りのボーイを見つけたら、すぐにリピしておくことが、売り専遊びのポイントですね。


体験談⑤「ヌキ無しのゲイマッサージ店でフル勃起!」

続いては、東京・錦糸町のゲイマッサージ店を使った方の体験談です。売り専のマッサージ店でも、派遣と個室(店舗)を選べるお店も多いです。こちらの方は、店舗の個室でサービスを受けたとのこと。

マッサージ部屋で服を脱ぎベッドに横たわると、
くにまささんが登場。
Tシャツに短パンスタイルですがムチムチして可愛い(笑)

施術は整体とオイルの融合スタイル。
ときどき骨をポキポキ鳴らすような技があり心地良かったです。
やや強押しで僕の好みでした。
引用:都内ゲイマッサージ体験談


店にもよりますが、売り専系でも本格的なマッサを受けられるところもあります。ただし、ヌキ無しのところもありますので、事前に店舗サイトをチェックしておくことは必須ですが……。

一転、オイルは優しく全身を撫でまわされて
気持ちよかった…別の意味で(笑)

人生初のオイルマッサージなので
ヌルヌル感にたまらず勃起してしまいました(笑)
(中略)
仰向けになっても勃起はおさまらず、それを見たくにまささんは

「元気ですね!」

と軽く触ってくれました。
引用:都内ゲイマッサージ体験談


こちらも健全店とあって、ヌキはナシ。しかし、的確なマッサでフル勃起してしまったとのことです。

マッサージ歴が長いようで、とても気持ち良かったです。
(中略)
これを機に、僕は次から抜きありのお店に挑戦するのでした(笑)
引用:都内ゲイマッサージ体験談


セラピストが男性とあって、鼠径部などのマッサージテクは女性と比べて絶品!いきなり売り専でハードなプレイを行うのが不安な方は、まずは抜きナシのマッサ店で慣れてみるのも良いでしょう。


体験談を通して分かった、売り専(ウリセン)の知られざる実態

ネットでもあまり情報が出ないとあって、ベールに包まれている「売り専」の世界。ここからは体験談を踏まえて、売り専(ウリセン)の知られざる実態についてまとめていきます。


若いボーイの中には、ノンケも多い


体験談のところでも触れたとおり、売り専で働くボーイの中にはノンケ男子も多いです。もっとも、キャバクラからソープまでさまざまな夜の職種がある女性と比べれば、男性が働けるのはホストクラブか売り専ぐらいですので、これは仕方が無いかもしれません。

なお、ボーイのバック率は風俗店と同じく70%程度。売り専の料金相場は、60分で12,000~18,000円程度ですので、客付きがよければ、日給4~5万円ぐらいは余裕で稼げますね。


プレイ内容は客次第。本番もあればいちゃラブを楽しむ客も……

「売り専=男どうしでセックス」というイメージがある方も多いですが、決してそんなことはありません。もちろん、がっつり本番プレイ(AF)を楽しむ男性客も多いですが、一方で手を握ってイチャイチャするだけで満足という客もいます。

一般の風俗店の場合、例えばデリヘルなら「シャワー→前戯→ヌキ」というように、大まかなプレイの流れが決まっています。一方で売り専は、ボーイが入室してきたら後は男性客まかせといったお店がほとんどです(店によってNGプレイは異なります)。この曖昧なところが、風俗店と売り専の最も大きな違いでしょう。


なお、最近増えている「ゲイマッサージ店の方」は要注意。ヌキ禁止の健全店もあれば、ほぼ売り専のようなお店(本番アリ)まで多岐にわたっています(女性セラピストの「メンズエステ店」と「性感エステ店」のような関係)。こちらを初めて利用する方は、店の公式サイトで禁止プレイをチェックしておくと良いでしょう。


売り専ボーイの定着率はシビア!移籍する子もいれば卒業する子も……


売り専ボーイの年齢層は、10代~20代前半がほとんど。さらに、貯蓄目的のノンケも多いので、ボーイの移籍や退店(卒業)といった人の動きは非常に激しいです。お気に入りだったボーイが、ある日突然、店からいなくなっていた……というのは、売り専のあるある話ですね。

――“二丁目出身”とうわさされるタレントも多いですが、実際に、ゲイバーに勤務している、もしくは勤務していた現役タレントを知っていますか?

X 最近売れてきたイケメン俳優・Oや、『紅白』出演アーティスト・Nも、かつてウリ専に勤務していたそうです。今でも“タレント志望”みたいな子は、大勢いるんでしょうね。
引用:サイゾーウーマン(2017年の記事)


なお、売り専を卒業した後にブレイクする俳優やミュージシャンも多いようで、今では一世を風靡している男性芸能人が「元売り専だった」というウワサは後を絶ちません(詳しくは話しませんが)。そのような若い子をサキドリするのも、売り専の醍醐味のひとつと言えます。


ゲイ風俗通い10年の筆者がおすすめする売り専(ウリセン)5店

店舗名 業態 所在地
新宿エンブレイス ヘルス・マッサージ 東京都新宿区新宿
CHANCE東京 ヘルス 東京都新宿区新宿
男子学園 池袋店 ヘルス 東京都豊島区池袋2丁目
New Revolution ヘルス・マッサージ 東京都台東区上野2丁目
core tokyo 代々木店 ヘルス 東京都新宿区代々木

最後にオマケとして、ゲイ風俗歴10年の筆者がオススメする売り専をご紹介!初心者でも優しくサポートしてくれるお店ばかりですので、なかなか足を踏み出す勇気が出ない未経験の方も、ぜひとも参考にしてみてくださいね。


①新宿エンブレイス


▼基本情報
業態 ヘルス(個室/派遣)・マッサージ
住所 東京都新宿区新宿
予約電話番号 03-3356-6218
営業時間 13:00~24:00
定休日 年中無休
▼コース料金
60分 13,000円~
90分 17,000円~
120分 20,000円~
入会料金 無料
指名料 無料
▼店舗評価
総合評価 ★★★★☆(4)
ルックス・スタイル ★★★★☆(4)
プレイ充実度/テクニック ★★★★★(5)
料金の安さ ★★★★☆(4)
受付対応・お店の安全性 ★★★☆☆(3)

最初に紹介するのは、大手の売り専・新宿エンブレイス。東京・新宿御苑駅近くにある店舗で、通常の個室ヘルスのほか、マッサージや出張ヘルスも利用できるお店です。

ボーイのラインナップは、20代前半のスポーツ系男子が多め。体重60kg台のヤセマッチョ系なイケメンがそろっていますので、マッチョ系より爽やか系なボーイが好みという方にピッタリですね。

ボーイの手つきがいやらしく、
終始興奮状態でしたが、
とにかく背中と下半身のマッサージが気持ち良くて天国でした。
引用:【ゲイ】新宿エンブレイスにいってみた。イケメンを指名!


売り専の中では老舗とあって、マッサージを含めてのテクニックや力強さも◎。利用料金は平均的な価格ですが、店内より出張コースの方が1,000円安くなっていますので、ボーイを呼んで楽しみたい方はコスパ良く遊べるお店です。

なお、マッサージコースは、当然ヌキあり(手コキのみ・フェラ受けは有料)。オプションとしてボーイへのフェラ攻めもありますので、施術中の若いボーイを攻めて困らせたり……と、マニアックな楽しみ方ができるところも特徴的です。

「新宿エンブレイス」公式サイトはこちらから


②「CHANCE東京」


▼基本情報
業態 ヘルス(個室/派遣)
住所 東京都新宿区新宿
予約電話番号 03-6339-5847
営業時間 13:00~24:00
定休日 年中無休
▼コース料金
40分 12,000円~
90分 18,000円~
120分 22,000円~
入会料金 無料
指名料 無料
▼店舗評価
総合評価 ★★★★☆(4)
ルックス・スタイル ★★★★★(5)
プレイ充実度/テクニック ★★★★☆(4)
料金の安さ ★★★☆☆(3)
受付対応・お店の安全性 ★★★★☆(4)

同じく新宿エリアにある売り専・CHANCE東京。もともとは大阪や名古屋で展開していグループ店ですが、2018年5月に東京に進出。現在では30名以上のボーイをそろえている大規模なお店です。


在籍しているボーイの傾向は、徹底したイケメン系。プレイの方は、ウケとタチの両刀使いに加えて、ソフトSMや3PもOKというオールラウンダーが多いのが特徴的です。

料金コースのも他店と比べてバラエティに富んでおり、40分(12,000円)から24時間貸し切り(80,000円)、さらには二人のボーイを連続で楽しめるスワップコースまで用意されています。ちょっとイチャイチャしたい方や、彼氏気分で濃厚に楽しみたい方まで押さえているお店と言えますね。

「CHANCE東京」公式サイトはこちらから


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る