1
セックスで出る愛液は気持ちいい証?溢れ出るしくみ・成分・味まとめ

セックスで出る愛液は気持ちいい証?溢れ出るしくみ・成分・味まとめ

9,558 views

セックスで愛液が出るのは、気持ち良く感じている証拠……と言われますが、まったくの誤解であることはご存知ですか?愛液が分泌される仕組みや成分を覚えておくと、彼氏とのセックスで濡れやすくなって、お互いに気持ち良いセックスを楽しめます。そこで今回は、愛液で濡れるメカニズムと、成分・味・匂いについて徹底解説!セックスで彼氏を喜ばせたい女性は必見ですよ!


セックスで出る愛液の正体は、複数の分泌液


愛液(ラブジュース)の正式名称は「膣分泌液」。具体的なメカニズムは後ほど解説しますが、女性や膣の入口や膣内、子宮内から分泌される液をまとめて「愛液」と呼びます。

愛液は、セックスやオナニーの時に性的興奮が高まると分泌され、ペニス(または、指やおもちゃ)が挿入される際の潤滑油として働きます。なお、分泌される量は個人差があるため、愛液が少ない女性はローションやゼリーを併用するケースがあります。


なお、よく誤解されがちですが、平常時に膣口から分泌される液は「下り物(おりもの)」で、愛液とは別のものです(色や粘度、臭いが違う)。おりものの分泌量が多いと性病の可能性があるので、注意しましょう。


セックスで愛液が出るのは気持ちいい証拠?メカニズムを解説

「こんなに濡れてるじゃん」「もう、シミができてるよ」など、セックスの気持ち良さの目安として使われている愛液。それでは、どのような仕組みで分泌されるのでしょうか。ここからは愛液のメカニズムについて解説します。


愛液で濡れるのは、興奮して女性器が充血するため

女性器が性的な刺激を受けると、膣やクリトリスに血液が集まって充血します。この血液の成分のひとつである血漿(けっしょう)が血管から漏れて、膣壁から分泌されるのが「膣液」です。

分泌された膣液は、膣の中でバルトリン液やスキーン液(膣の入口から分泌)、子宮頚管粘液(膣奥から分泌)と混ざって「愛液」となります。なお、「愛液」がネバっとした分泌液なのは、この時に混ざるバルトリン液や子宮頚管粘液が粘度が高いためです。


なお、女性器の充血はエッチな妄想で興奮するだけでも起こります(個人差あり)。セックスする前から女性器が濡れている場合があるのは、これが理由です。


また、体調や水分補給によって愛液の分泌量が変わることもあれば、痛みに対する防御反応として愛液が分泌されるケースもあります。必ずしも「濡れる=興奮している」ではないことを、合わせて覚えておきましょう。


「気持ち良い=濡れる」は間違い?絶頂前には愛液が減る

愛液が大量に出るのは、この4段階でいえば最初の「興奮期」。
キスや愛撫などの性的な刺激によって、女性の身体に変化が起こります。
引用:婦人科・松村圭子医師|NEWSポストセブン


愛液が最も多く出るのは、最初に性的な刺激を受けて興奮が高まる間(「興奮期」)です。それ以降は分泌量は減少し、絶頂を迎えるころには非常に少なくなります。


セックス中に「すごく気持ち良いのに、濡れていない……」と感じた経験はありませんか?興奮が高まった後は、いくら気持ち良くても愛液の量は徐々に減ります。そのまま長く続けると、愛液が乾いて膣内を痛めるリスクがあるので、一度セックスを中断して興奮を抑えた方が良いでしょう。


愛液の成分・色・味・匂いなど、全てを解説します

「他人より臭くないかな……」「クンニしている彼氏は、どんな味がしてるんだろ」など、女性にとってもナゾが多い愛液。ここからは、他人には聞けない愛液の成分や色、味などを細かく解説します。


愛液の主な成分は、血液中の血漿

性的興奮にかかわる液の中で、分泌量が多いのは、
圧倒的に潤滑液。
引用:婦人科・松村圭子医師|NEWSポストセブン


愛液の大半を占めるのが、膣壁(ちつへき、膣の中の側面)から出る膣液(潤滑液)。仕組みのところで解説したとおり、膣液の主な成分は血液に含まれる血漿(けっしょう)とされています。

血漿は血液の約55%を占めており、水(91%)やタンパク質(7%)、脂質などで組成されている成分です。血漿は細胞に栄養分を運搬する役割があるため、血管の外にしみだす性質があります。この血管から出た血漿が膣内に分泌されたものが、膣液となります。

バルトリン腺とは、汗腺や唾液腺のような分泌物を出す器官です。
腟前庭の後部にあります。
引用:南足柄レディースクリニック


膣液と膣内で混ざるのが、バルトリン液やスキーン液、子宮頚管粘液などの分泌液。バルトリン液は、膣の入口にある小さな穴(お尻側、バルトリン腺)から出る分泌液です。粘度があるのでセックス時の潤滑液として機能します。

スキーン液は、尿道口の横にあるスキーン腺から出る分泌液です。バルトリン液と同じく潤滑液として働きますが、こちらは粘度が低くサラサラしています。なお、現在も医学的に解明されていませんが、スキーン液は絶頂する時に分泌しやすくなるため、潮吹きの正体とする説があります(オシッコ説もあり)。


愛液の色は、基本は無色透明だが……

膣液やバルトリン液、スキーン液は透明なので、愛液の色は基本的には無色です。ただし、愛液がパンツに付着して乾燥すると、うっすら黄ばむことがあります。

下着に色が付くのは、愛液中の膣液(血漿)が乾いたためです。汗ジミのようなものと言えばイメージしやすいでしょう。ただし、色があまりに濃すぎると何らかの感染症を起こしているケースがあるので、注意が必要です。

一方で、セックス中に白い愛液が出る場合があります。これは、愛液がペニスとの摩擦によって泡立つためで、「本気汁」とも言われます。また、排卵期前後になると子宮頚管粘液(白色)が多く分泌されるので、愛液が白くなるケースがあります(個人差あり)。


なお、男性だけでなく女性の中にも「白い愛液=本気で感じている証拠」という認識が広まっています。この考えは男性の白い精液に由来するものですが、まったくの誤解です。愛液の色(と量)と女性の快感度はまったく関係がありません。


  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る