ちんこの入れ方、教えます!体位ごとにスムーズな挿入方法を解説

ちんこの入れ方、教えます!体位ごとにスムーズな挿入方法を解説

53,107 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
セックスのときちんこの入れ方で失敗、気まずくなった経験を持つ男性は多いでしょう。できればコンドーム装着後はスムーズに挿入、流れるようにピストンへ移りたいですよね。そこで今回は正常位・バック・騎乗位など人気の体位ごとに、ちんこの入れ方を徹底解説!もうあなたに、恥ずかしい思いはさせません。挿入に欠かせない彼女が濡れまくる愛撫法を交え、彼女×自分が最高に気持ち良くなれるセックスのコツをご紹介します。


チンコの入れ方の基本|まずはガチガチに勃起し、女性も十分に濡らす

体位問わず一番大切なのは、硬いちんこと濡れ濡れのマンコです。ちんこの入れ方うんぬんの前に、十分勃起させるよう意識しましょう。

次に重要なのはマンコの濡れ具合。これをおろそかにすると、女性は痛いだけでなくあなたを「自己中」と思う可能性があります。

興奮はそのままにスムーズで最高に気持ち良い、挿入までの基本のイロハを解説します。


女性を十分に濡らすための前戯のやり方

ヒダが密着した膣内へ挿入するときは、十分に濡れていないと摩擦で痛みを感じます。動画を参考に、濡らすテクを学びましょう。


STEP1 乳首はつままない!優しくが基本


エロ動画のような乳首への強い愛撫は、痛がる女性が大半です。男女問わず乳首はとてもデリケート。指先でつまんだり擦ったり、強い刺激はNGです。

STEP2 潮吹きは狙わない!手マンは性感帯を狙う


愛撫で最も愛液を出しやすい手マンは、クリトリスと膣内の性感帯を意識しましょう。潮吹きは狙わず、気持ち良い場所を優しく触ります。

STEP3 極上のクンニでベチャベチャに導く


直接マンコを舐めるクンニは、唾液との相乗効果でさらにマンコを濡らせる優れ技。女性の性感帯を見つけて攻めてみましょう。


コンドームをつける際に萎えてしまうかも…スムーズなつけ方を覚えよう



つけるタイミングは、挿入前のキス中、クンニ中がベスト。キスやクンニしながら装着すると、装着中に気まずい思いをさせることもありません。

いざ挿入の場面になり、焦りがちなのが袋の開け方。しっかり片方に寄せてから、封を切ってください。袋から取り出したら、先端をつまんでクルクルとちんこに沿って下におろします。

ポイントは焦らないで、根元までしっかりと装着すること。途中で取れないように、気を抜かずにちんこ全体に被せます。

もしセックス中にモタモタして気まずくなりそうなら、事前に対策を考えておくのがベスト。こちらの記事を読んで、リスクマネジメントを行いましょう。

◯関連記事・【コンドームをつけるのに手間取った時、気まずくさせない一言・7選】


なかなか勃起しない場合は根元を押さえて強制勃起

勃起が弱くなったら彼女とキスしたり、おっぱいを触ったりして興奮を高めてください。半立ちくらいの硬さになったら、ちんこの根元を軽く締め付けるように握ります。亀頭部分が充血して硬くなったら、挿入して膣内で復活させましょう。

男性は挿入前にちんこが柔らかくなると、気持ちだけが焦りますます勃起しなくなる、フニャチンループに陥りがち。セックス前は彼女とイチャイチャして、リラックスしておくことが大切です。

それでもダメなら恥骨の上にある勃起のツボを押すと効果的。こちらの動画で詳しく紹介しているので、場所をチェックしてくださいね。




正統派の体位・正常位でのちんこの入れ方を解説

女性が大好きな正常位は、いつもよりスマートにちんこを入れたいですよね。そこで誰でもスムーズに挿入できる、ポイントを紹介します。


脚は100度以上に開きマンコの入り口を大きくする

ます女性の膝を持って脚を100度以上に開き、マンコをパカッと開くようにします。膣がきつめの女性は、十分に濡れていても入りづらい場合があるので、少しでもスムーズに入るよう開いておきましょう。

彼女のマンコがお尻側を向いている「下付き」なら、腰の下にクッションを入れるのがおすすめ。挿入角度がちんこと同じになるので、スムーズに入ります。

ちんこを入れる前は、亀頭で膣口をなぞるように愛撫します。このとき十分に濡れていると、ヌルヌルしてお互いに気持ち良いですよ。


入れるときにベストな角度は斜め45度!

ちんこを入れるときは彼女の体に対して、斜め45度の角度を意識します。ちんこの角度だけに合わせるなら、30度くらいがちょうどいいです。しかしマンコが見えなく挿入しづらいので、体を起こし接合部を見ながら入れましょう。

まず彼女の脚を開いたまま、自分のちんこを握ります。膣口と周辺を亀頭で滑らかになぞったら、やや上に向ける気持ちで亀頭を挿入。抜けないようにゆっくりと奥まで入れます。

動かし始めるときは、15~20度の角度で彼女と密着します。45度を保つには腕で上半身を支える必要があり、体力の消耗が激しくなるためです。


挿入した直後は5〜10秒ほど静止するべし


挿入後はそのまま10秒くらい腰を動かさず、彼女と密着したままでいます。膣内の形状記憶機能を利用して、ちんこの形にマンコをフィットさせましょう。

また入れた後すぐに動かすと、女性は痛みを感じやすくなります。一度痛いと思ったら、その記憶を払拭するのは至難の業。10秒間はキスや愛撫をして、お互いの体温を感じましょう。

また膣がちんこにフィットすると、ピストン時に抜けづらいメリットがあります。相手だけでなく自分も気持ち良くなれる、10秒静止法をぜひ実践してくださいね。


正常位で挿入した後の腰の動かし方についても解説

腰の振り方を練習しようとして、エロ動画を見まくるのはNG行為です。多くのAV男優が証言する通り、エンタメとしてのセックスと気持ち良いセックスは違います。女性が気持ち良い正常位のテクを、さっそく身につけましょう!


Gスポットを刺激するためのコツは

女性が手軽に気持ち良くなれるGスポット。自分は正座して相手の腰を両手で持ち上げ、腰を上方向へ突き上げるように動かします。亀頭で膣をグイグイ押すか、擦る感じで刺激しましょう。

エロ動画でありがちな大きなストロークは不要です。Gスポットの刺激は、小刻みな動きだけで充分。彼女の反応を見ながら、強さに変化をつけてみましょう。

しかしこの体位は女性にとって負担大。5分程度行ったら通常の正常位に戻ってください。そして少し体を起こし、同じように膣上部を擦るように動かします。

彼女の負担を減らしつつGスポットを刺激するには、クッションや枕を入れるといいでしょう。彼女の腰を持ってクイクイと腰を動かします。


疲れないように腰のベクトルを意識して腰を動かすのがコツ

正常位が疲れるという男性は非常に多く、その理由は大半が無駄な動きをしているから。ピストン時は肩の位置はそのままで、腰だけを細かく動かすのがコツです。常に一方向のベクトルを意識して、無駄な動きが出ないようにします。

まず自分の体がぶれないように、支点を作りましょう。足を開いた正常位なら、彼女の肩を両手で持ちます。足を閉じた体勢なら、相手の両膝を持つといいでしょう。

支点ができたら腰だけを、前後&小刻みに動かします。一定方向だけに力が加わるよう、リズミカルに動かしましょう。

正常位は奥までちんこを入れるのが、ゴールではありません。いかに膣内の性感帯を亀頭で刺激できるかがカギ。Gスポットを経由して、奥にあるポルチオを目指すことが大切です。


緩急の付け方|Gスポット狙いな時は早く、ポルチオ狙いな時はゆっくりと


腰の振り方は、どこの性感帯を狙っているかで変わります。手前×お腹側にあるGスポットは早めに、奥×子宮口にあるポルチオはゆっくり動かしましょう。

Gスポットはお腹の手前側にあるため、短いスパンで圧迫するように突いていきます。Gスポットにちんこが当たっているかの判断は、女性の喘ぎ声。さっきより明らかに感じている…と思ったら、Gを直撃している証拠です。

子宮口にあるポルチオは、Gスポットより強い快感を与える場所。こちらは何度も刺激して、開発する必要があります。ゆっくりなストロークで、確実にポルチオを狙いましょう。

女性は感じてくると子宮が下に降りてくるので、膣内の感覚が微妙に変わってきます。体勢や角度を変えつつ、彼女の反応を見てポイントを探ってくださいね。


女性主導の騎乗位でも挿入時には男性が意識すべきポイントがある!

揺れるおっぱい、結合部などエロいビジュアルが魅力の騎乗位。男性が受け身になる体位ですが、ただ寝ているだけでは女性が疲れる原因に。騎乗位のときに大切な、男性側のポイントを紹介します。


女性のグラインドをサポートする


一般的に騎乗位の動きは上下ピストンではなく、前後に大きく揺れるゆりかごのようなグラインド。女性の腰の動きを邪魔しないように、上への突き上げは控えましょう。

前後に動いている女性の腰に対し、男性が上下の動きを加えると、動きのミスマッチが生まれます。違和感を与えるだけでなく、上手く性感帯を刺激できません。

あくまでも女性をサポートをする気持ちで、腰が前方へ来たら少しだけ押し付けるくらいがベスト。奥まで入れたい気持ちを我慢して、女性の補佐役に徹しましょう。

もし女性が上下の杭打ちを始めたら、そのときは腰を上下に動かしサポートします。呼吸を合わせ彼女の腰が下に打ち下ろされた瞬間に、グッとちんこを突き上げてください。


次のページ
騎乗位中は手をつなぐ、おっぱいを触るなどの小技を出す
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る