1
「ラブボディ」シリーズ全6商品を徹底比較|口コミ評価やレビューまとめ

「ラブボディ」シリーズ全6商品を徹底比較|口コミ評価やレビューまとめ

79 views

オナホールよりも、セックスに近い感覚が味わえるラブドール。正常位をはじめ、騎乗位や立ちバックなど、さまざまなスタイルで楽しめるのが魅力です。そんなラブドールの存在を一気に知らしめたのが、A-ONE(エーワン)の大ヒットシリーズ「ラブボディ」。リーズナブルながら、細部までこだわった美しいボディラインに大興奮です。そこで今回は、「ラブボディ」シリーズの全6商品を比較し、最もおすすめできるタイプを決定しました。参考になるクチコミ・レビューも載せていますよ。


「ラブボディ」はA-ONE(エーワン)が誇る人気のアダルトグッズ

アダルトグッズの総合卸売メーカーであるA-ONE(エーワン)。そのA-ONEが手掛けているのが、「ラブボディ」シリーズです。元々アダルトグッズの中ではマイナーな扱いを受けていたラブドールでしたが、存在感を一気に高めてくれたのがラブボディです。

空気で膨らませるタイプのエアードールながら、女性特有の美しいボディラインを細かい部分まで再現。さらに、有名な3DCGデザイナーの「H.K氏」による個性あふれる美麗なCGを採用したことで、製品ごとのイメージをうまく取り込むことに成功しています。

A-ONE公式サイトに掲載されている通り、ラブボディは6つのタイプに分かれています。それぞれポージングが異なるので、お好みのプレイに合わせて選べますよ。ウィッグやおっぱいなどのアクセサリを付ければ、自分だけのオリジナルドールにカスタマイズも可能です。


「ラブボディ」シリーズ全6商品を徹底比較してみました!

商品名一言ポイント
ラブボディ Akiどんな体位も楽しめるお座りスタイル
ラブボディ Renバックで腰振りを存分に楽しみたいならコレ!
ラブボディ Miyuロリ好きも大満足の愛くるしいミニマムボディ
ラブボディ Hina内股ぎみのM字開脚が興奮を高めてくれる
ラブボディ Aki Type-B大人気のAkiに待望の頭部が追加!
ラブボディ Coco立ちバックで突き上げたいイヤらしい腰つき
今回紹介するラブボディシリーズは、上の6商品です。目的に合わせてある程度はっきり分かれているので、初心者も選びやすいのではないかと思います。

オールマイティーな体位で楽しみたい人は、ポーズの癖が少ないAkiやその進化版のAki Type-Bがおすすめ。専用ホールも用意されているので、つまづきやすいオナホールの取り付けがスムーズになります。

バックからの挿入がメインの人は、RenやCocoを選ぶといいですね。Renは四つん這いスタイル、Cocoは立ちバックの姿勢となっています。ガンガン腰振りオナニーができますよ。オナホールの取り付けがやや難しいので、中級者以上に向いています。

コスプレさせて鑑賞目的で使用するなら、MiyuやHinaでしょう。ロリ体型となっており、妹がほしい人にピッタリ。HinaのM字開脚は、絶妙な角度でパンチラするので、見ているだけでも楽しめます。Miyuは添い寝しやすいので、抱き枕の代わりにもなりますよ。

それでは6商品を個別に紹介していきます。


①ラブボディ Aki




女の子座りが可愛らしい丸みを帯びたデザイン

最初に紹介するには、前作から大幅にリニューアルされた「ラブボディ Aki」です。大きめのバストから、B~Cの控えめなサイズに変更されていますが、成長途中の少女のイメージピッタリでいいですね。

M字開脚された足の付根は、ホール挿入口が大きめに設計されています。前作では相性が悪かった、ミドルクラスのハンディホールも、ある程度余裕をもって取付可能となりました。オナホール選びに困っている場合は、Aki専用ホールのVersus(ヴェルサス)を取り付けると、ピッタリフィットしてくれます。正常位をはじめ、騎乗位や対面座位、さらにはバックまで楽しめるオールマイティーなラブドールとなっています。

ただしM字開脚なので、バックを楽しむとなると、脚の開き加減が邪魔に思うときも。バックのみを求めるなら「ラブボディ Ren」もしくは「ラブボディ Coco」を選びましょう。


ラブボディ Akiの口コミ・評価・レビューまとめ

今まで、kumi、nana、risaと購入してきましたが、このakiは個人的には性欲処理として使いたくない!!!!
あまりにも「可愛すぎる」!!!
引用:NLSお客様の声


他シリーズと比べても、Akiの可愛さは1つ飛び抜けています。オナニーのために使うだけでなく、恋人のように大切に扱うのもいいでしょう。

自分的にはドストライクな体形でやばいですね。コスプレさせると破壊力抜群ですね。
専用コスチュームが豊富なのでその点もいい。
引用:NLSお客様の声


「ラブボディ Aki」には、専用コスチュームが豊富に用意されています。コスプレさせるとさらに可愛らしい姿になるので、是非試したいですね。

スク水をきせると、とくに腰まわりがリアルで、少女のような後ろ姿が気にいってます。ロリ好きにはたまらないです。
引用:NLSお客様の声


スク水を着せた後ろ姿は、本物の少女にしか見えません。見ているだけで欲情してきます。

コスチュームなどを着せて使用すると、よりリアルな使用感になります。
ただし足の部分がM字になっていて、太ももとふくらはぎが、くっついているため、若干動きにくいことがあります。
引用:NLSお客様の声


下半身が若干動かしにくいデメリットがあります。無理に脚を曲げると破損の原因になるので、注意してください。


②ラブボディ Ren




思わず後ろから突きたくなる”世界一のお尻”

Akiから1年半後にリリースされたのが「ラブボディ Ren」。最大の特徴は、見事なポージングの四つん這いスタイルです。コスプレさせれば、本当に生身の女の子がお尻を突き出しているように見えますよ。”世界一のお尻”のキャッチコピー通り、惚れ惚れするような曲線美です。

上の写真は、オナホールを装着したときのものです。おすすめの体位は、もちろんバック一択!セクシーなお尻めがけて、バンバン腰を突き立てていきましょう。一方で、バック以外の体位には向いていません。対面座位までは大丈夫ですが、正常位は人によっては難しいと感じるかもしれません。


ラブボディ Renの口コミ・評価・レビューまとめ

売りにしているようにお尻はふっくらしていてエロい!!
それよりもおっぱいが思ったより大きくて興奮しました!
ロケット型です!
引用:NLSお客様の声


ヒップラインばかり注目されがちですが、実はバストラインも秀逸なのがポイント。バストは大きめの89で、後ろからの揉み応え十分です。

ラブボディはいくつか購入しましたが、私のように添い寝&鑑賞目的で買うならRenがダントツで一番だと思います。まずヘッドがあるのでウイッグをかぶせて視覚的に楽しめます。それと椅子に座らせやすい体形なのが良いです。
引用:NLSお客様の声


添い寝であれば、次に紹介するMiyuがベストだと思っていましたが、Renも使いやすいようですね。四つん這いのポーズは見ているだけでエロいので、観賞用として購入するのもおすすめです。

本番のように「パンッパンッ」とは鳴りませんが、それに少し近い音が鳴ったことに非常に興奮しました。
あと、お尻を強めに叩いても今のところ問題ないです。
引用:NLSお客様の声


腰を打ち付けたときの音がかなりリアル。スパンキングも問題ないので、Sっ気の人も楽しめます。

バック好きの人にはお薦めします。他の体位は、ちょっとやりずらい
です。
引用:NLSお客様の声


バックが好きなら文句なくRenが一番です。他の体位も楽しみたい場合は、オールマイティーのAkiが無難です。


③ラブボディ Miyu




少女をイメージした、添い寝にピッタリのラブボディ

「ラブボディ」シリーズで最もロリ体型に近いのが、こちらの「ラブボディ Miyu」。身長は158cmで、スリーサイズはB75、W59、H84と、妹をイメージした華奢なスタイルとなっています。

直立タイプなので使いやすく、コスプレとの相性抜群。制服を着せて痴漢プレイを楽しんだり、スク水を選んでじっくり眺めるのもいいでしょう。ちなみに筆者は、毎晩の添い寝のパートナーとして使っています。抱き枕のように使えて便利ですよ。また、太ももから下は取り外しが可能です。オナホールを取り付けてセックスする際は、脚を取って上半身だけにしたほうがピストンしやすいです。

ただし、マジックテープ式なので、接着力が不十分なのは残念でした。マジックテープ自体の面積も小さめなので、使用中に取れてしまうことがあります。取り付け方法は改善してほしいですね。現状は添い寝や観賞用として使うのが最適です。


ラブボディ Miyuの口コミ・評価・レビューまとめ

身体のラインの美しさは歴代トップクラスでしょう。あくまでもHの対象でなく、等身大バービー人形としてコスチュームや匂い系グッズで変化をつけて楽しむことを前提にすれば良いドールでしょう。
引用:NLSお客様の声の


セックス用としてではなく、コスプレさせて楽しむのがいいですね。JKのニオイがするグッズを付けるのもあり。

抱き枕代わりとして購入。
そのままでは触感がビニールそのものなので、別で購入したセーラー服と
ニーハイを着せてみましたが、なかなかの再現度にびっくり。
あまりに気に入ったので、綿入れして使っています。
引用:NLSお客様の声の


抱き枕として使っている人も多いです。使用を続けると空気が減ってくるので、綿詰めするのがいいでしょう。

胴体と足のマジックテープの面積が小さい為に、片足を連結している最中にもう片方が外れる事が多く、何とか取り付けてもかなりグラグラでコスプレを着させている最中に再度外れるなど一苦労させられます。
引用:NLSお客様の声の


大きい全体設計の面で言うと、「脚の着脱ができる!」というのはナイスアイデアではあるのですが、接着方法がゆるゆるのマジックテープ&脚パーツ側の余った皮(?)のみですので、常に「脚が落ちるのではないか」という不安感がつきまといます。
引用:NLSお客様の声の


マジックテープへの不満はかなり多く寄せられています。どうしても外れてしまう場合は、ストッキングを履かせるといいですよ。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る