AV女優「小川桃果」の全て|ついに解禁された無修正作品も徹底レビュー

AV女優「小川桃果」の全て|ついに解禁された無修正作品も徹底レビュー

3,969 views

この記事を書いた人
エロ過ぎてアダルトライターになった男
匿名アニキ
生粋のアダルトライター。匿名だけで記事1千本超の実績あり。AV観賞歴は20年以上。永遠の推しは石原莉奈。「華やかになった今のAV業界を前にして、乗りきれないおっさんたち、ひと昔前のAVばかり観ている時代遅れのおっさんたちの、心の友でありたい」
AV女優には、色んな経歴の女の子がいますよね。大体は誇張してデビュー時の話題作りに使われるのが一般的ですが、中にはとんでもない経歴の子も存在します。

そんな今回は、人気AV女優「小川桃果(おがわももか)」ちゃんについてご紹介!

現役の学校教師ながらAVに出演し、クビになったという異色の経歴の持ち主です。本人のインタビューも多数引用した詳細情報に加え、おすすめAVや無修正動画情報も一挙にまとめました!



AV女優「小川桃果」のプロフィール

小川桃果
引用:FANZA

生年月日 1990年3月10日
出身 千葉県
スリーサイズ B91cm(Gカップ)・W61cm・H92cm
女優のタイプ 巨乳・巨尻・元教師
総出演本数 82本(FANZA調べ)
受賞歴 無し
現在 現役
SNSアカウント ▶小川桃果公式ツイッター

▶小川桃果写真アカウント

▶小川桃果公式ブログ

小川桃果ちゃんは、1990年生まれ、千葉県出身です。プロポーションは、バストとヒップが90センチオーバーのグラマラス体型。顔立ちが幼いのでロリ巨乳な印象が強いですが、雰囲気は大人っぽいです。身長も160センチあって、腰や脚なども細くてメリハリがあります。ちなみに空手経験者(黒帯)でした。

AV出演歴は、無修正も含めると100本前後。アダルトアワードの実績こそないですが、メーカー専属でデビューしているので、素材は一級品です。見た目と雰囲気のギャップもありますし。

SNSに関しては、デビュー直前時期からブログを更新。こちらは1年足らずで更新がストップ。同じくデビュー時から更新していたツイッター1本に切り替えましたが、現在はアカウントが変わっています。一応は現役AV女優のようですが、モザイク有りのメーカーAVではしばらく新作も出ていないので、裏専門で活動している模様ですね。興味のある方はぜひSNSもチェックしてみてください!


AV女優「小川桃果」の重要トピック5選|デビューから現在まで

まずは小川桃果ちゃんの経歴を見てみましょう!

AV女優としての経歴は、2015年から現在まで。またデビュー前のレアなエピソードも一緒にまとめました。一見は知的でごく普通の美女が、どうしてAV女優になったのか。本人のインタビュー記事なども併せて載せています。映画やドラマを鑑賞するみたいに、ぜひ楽しんでご覧ください!


デビュー前「中高一貫の名門校で物理教師をしていた!」

小川桃果
引用:FANZA

小川桃果ちゃんは、プロフィール上の生年月日が1990年3月生まれ。AVデビューが2015年5月ですから、25歳と遅いスタートです。

元々は、とある名門の学校で、物理と数学の教師をしていました。しかしお給料の安さや、仕事の大変さなどもあり、こっそりと秘密のアルバイトに手を出しちゃいます。それがエッチなグラビアとAV撮影でした。


20日に発売された写真週刊誌に掲載日の約束を一方的に破られ、表紙に大きく“物理の現役教師がヘアヌード!”と書かれて記事を掲載されてしまいました。顔に目線は入っていましたが、黒板に書かされた私の字などから特定され、その日のうちに学校から連絡があり、懲戒解雇になりました
引用:「NEWSポストセブン」

ヘアヌードが掲載されたのは、週刊ポスト2015年3月9日号。当初の約束では、年度が終わってから退職してAV女優になるつもりでしたが、まさかのフライング被害。学校にもバレてしまい、クビになりました。エッチな仕事だからではなく、そもそも国家公務員は副業禁止です。

ちなみに教師になる以前は、営業職も経験したとか。人前に出る度胸は、社会人時代に十分身についたのでしょうね!


2015年「マックスエー専属女優としてAVデビュー」

小川桃果
引用:FANZA

教師をクビになった小川桃果ちゃんは、マックスエー専属女優としてAVデビューします。デビュー作は「新人 DearTEACHER現役の教師AVデビュー 小川桃果」。話題性は十分でしょう。ちなみにデビュー作の撮影は、現役教師だった2月に行なっています


すごく緊張してたんですけど、カラミが始まるとカメラを忘れて没頭できました。
(中略)
あんなに潮が出るとは思わなかったし、「名器だねー」なんて言われたのも初めてでした。
引用:「デラべっぴんR」

デビュー作では、本番セックスを2本と、オナニー、フェラパイズリパートを撮影。熟年のAV男優・田淵正浩さんの手マンで、豪快な潮吹きも披露。撮影後は顔射された精子をつけたまま「人生で1番(気持ちよかった)」とコメント。インテリ才女のギャップあふれるデビューカラミになりました。


2016年「浅草ロック座でストリップデビュー」

小川桃果
引用:FANZA

インテリ出身のAV女優として活動しながら、2016年6月には浅草ロック座でストリッパーデビューも果たします。ロック座といえばストリップの名門で、2009年には小向美奈子さんが出演して話題になりましたね。現役やOBのAV女優も御用達です。


1日5公演なので、約100回近くは踊りました。踊って終電で帰って寝て、の繰り返し。私が舞台にあがったストリップ場は、ショー要素が強く、グループで踊り曲によって各々がメインに。私は“巨乳担当”という感じで、とにかく胸をユサユサ揺らしてました(笑)
引用:「FANZAニュース」

またこの当時、20日連続の舞台出演も経験しています。調べてみると、6月の11日から30日までの30日間連続公演「PEARL」出演欄に名前を確認。ストリップ小屋では、こういった強行スケジュールはザラですね。また共演陣には、元エスワンのAV女優・水城奈緒さんや伊沢千夏さんの名前もありました。


2016年「溜池ゴローに専属移籍」

小川桃果
引用:FANZA

ストリップ20日連続出演から間もなくの、2016年7月には、人妻熟女系の大手メーカー・溜池ゴローに専属。第1弾作品は「在職期間中に話題を沸騰させた元・本物女教師 溜池ゴロー専属移籍SPECIAL」でした。時期を考えると、ストリップ出演前に撮影は済んでいますね。ちなみにマックスエー専属は2月で解除して、しばらく休養していました。


胸もロケット型ではなく、正直少し垂れている感じ。柔らかいんですけどね(笑)。鍛えてもこの形なんだったら、逆に全体的に体型を丸くしたほうがバランスが良いかな、って。(専属2本目のパッケージを見て)うん、肉感いい感じ!(笑)。
引用:「FANZAニュース」

本格的な人妻熟女系メーカーへの移籍とあって、事前にアダルトショップなどで作品を研究したそうです。このジャンルはドラマ作品が大半なので、演技力も求められます。移籍後のインタビューでは、カラダをぽっちゃり気味にして、熟女っぽさを演出したとのこと。むちむちの肉感がエロいです!


2017年「キカタン女優に転身」

小川桃果
引用:FANZA

2017年2月には、溜池ゴロー専属を解除。自身初のキカタン(企画単体女優。メーカー専属していない)女優となります。

直近が溜池ゴロー専属だったこともあり、出演メーカーは「マドンナ」「タカラ映像」「アキノリ」など人妻系が多くなりました。また企画モノや共演モノにも積極的に出演しています。

しかし2018年頃には、国内のメーカーAV出演はほぼなくなり、カリビアンコムやHEYZOなどの無修正動画サイト作品(配信元はモザイク規制のない海外)に出演するようになります。現在でも新作リリースは継続中。名門校の女教師から、今は裏モノのAV女優にまでなった、史上稀に見るAV女優です!


AV女優「小川桃果」のセックス・プライベートの噂3選

続いて、小川桃果ちゃんのエッチなエピソードもご紹介!

AV女優になれば、エッチなインタビューはお約束ですね。性癖や体験談など、根掘り葉掘り聞かれます。FANZAや雑誌のインタビューなどから、とびきりエッチでそそる内容だけをまとめました。これから小川桃果ちゃんのAVをオカズにしたい方は、ぜひ必読!


①AVデビュー後、元生徒たちが一斉にSNSフォロー!

小川桃果ちゃんは、現役教師をクビになってAVデビューしたという異例過ぎる経歴ですが、もちろん学校にも知れ渡っていたみたいです。


きちんと挨拶できなかったのが心残り。でも、AV女優の「小川桃果」としてツイッターを立ち上げて、最初にフォローしてくれたのが元生徒たち。その反応の早さに驚きました。
引用:「アサ芸風俗」

お盛んな男子生徒たちは、すぐさま小川先生のAV女優名義やデビュー情報をキャッチ。顔立ちも個性的ですし、すぐに特定されたようですね。AV女優になった先生を生徒がフォローして応援するという、とんでもない関係性になりました。

ちなみにデビュー後のSNSでは、面識のある生徒とDMでやり取りもしていたと明かしています。恋愛相談をされたり、勉強などの悩み事に答えてあげていたとのこと。AV女優になっても、生徒にとって先生は先生でした。何て美しくてエロい関係なのでしょう!


②敏感オマンコのおかげでフェラ上手になった!

AV女優を長く続けるには、持ち前の美貌やメンタル以上に、何よりオマンコが丈夫なことが必須条件ですよね。マンコが傷んでAVを引退したという女優も星の数ほどいます。

小川桃果ちゃんも、肌の白さなどからわかる通り、敏感マンコの持ち主だそうです。


最初の頃はセックスが痛くて大の苦手。それで少しでも挿入時間を減らそうと、一生懸命フェラしてるうちにうまくなったみたい。イク寸前まで舐めて、ハメてすぐフィニッシュみたいな感じで(笑)。
引用:「アサ芸風俗」

ちなみにAVデビュー前の経験人数は4人。付き合ったのは5人でしたが、最初の彼氏とは痛みのあまりセックスができなかったそう。そのおかげでフェラばかり頑張るようになり、舌使いや、相手の気持ちいいポイントを掴むのが上手くなったとのこと。頭のいい小川桃果ちゃんらしいエピソードです!


③お仕事でもねっとり濃密な関係をお望み!

エロとインテリの同居する小川桃果ちゃんですが、気になるのは好きな男性のタイプでしょう。インタビューでもたびたび聞かれ、理想の男性像について色々と語ってくれていました。


あんまり「仕事感」が強いサバサバした方は苦手なんですよ。私が心配症なので、淡々としていると「あ、この男優さん私のこと変とか思っているかな!?」とか悪い妄想しちゃって(笑)。
引用:「FANZAニュース」

仕事上に関しては、情熱的な男優が好みだそうです。小川桃果ちゃんが相手のことを気遣うタイプなので、余計気になっちゃうみたいですね。

ちなみに彼氏としては、あまり自分に夢中にならない男性が好きみたいです。仕事や夢に没頭する人が好きという女性は結構いますが、小川桃果ちゃんもそのタイプでした。


次のページ
AV女優「小川桃果」のおすすめAV5選
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る