ドリルバイブおすすめモデル10選|暴力的なまでのピストンでパートナーを失神寸前に

ドリルバイブおすすめモデル10選|暴力的なまでのピストンでパートナーを失神寸前に

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。

コンパクトタイプ(電池給電式)のドリルバイブおすすめ5選

ここまでは、早いピストンと回転で責めるハードタイプのドリルバイブを紹介しました。普通のバイブやローターでは満足できない中級者以上の猛者なら、ハードタイプでオーガズムの波を楽しめると思います。

その反対に、そこまでは無理…という女性もいるでしょう。普通のバイブよりは刺激があるけど優しめのドリルバイブを求めている人には、コンパクトな電池給電式がおすすめ。

ハンディサイズでありながらも、電動ドリルに近めの刺激を備えたバイブがあります。普通のバイブとは一線を画しながらも、持ち運びに便利なコンパクトなドリルバイブを5つ紹介しましょう。


①ぐるぐるハリケーン

■砲弾状のヘッドがグルグル回転して膣を掘る■

ドリル バイブ
引用:NLS

ドリルタイプ ローリングタイプ
参考価格 3,938円
サイズ 本体 長さ:21cm×太さ:3.4cm
重さ
振動のバリエーション 回転パターン:3段階/振動強度10種
おすすめ評価点 100点/100点

ヘッドの竿部分に、斜めにスジが入っており、その部分がぐるぐると回転して膣壁に摩擦刺激を与えるタイプのドリルバイブです。

よくあるスイングバイブとは、膣癖に与える刺激が違うんですね。電動ドリルで膣に穴を掘るイメージ。

ガチの工具のようなモデルよりは刺激は優しいものの、十分なトルクがあるので、使う時はしっかり手元を固定しておかないと乱暴に動く可能性もありますよ。

素材はシリコン製で肌に優しく、回転・振動ともに比較的静か。先に紹介したハードタイプよりも、音漏れの心配はありません。

優しいお値段の割には使い勝手がよく、ドリルバイブとしての働きも十分にあります。


購入者の口コミレビュー


ドリル バイブ
引用:NLS

膣とバイブとの程よい摩擦感が気持ちいい、ぐるぐるハリケーン。見た目はピンクで可愛らしいですが、上級者でも楽しめるくらいのパワーも持ち合わせています。

電池式ではありますが、膣で締め上げても回転が止まることがありません。数あるバイブの中でも膣の中でグルグル回転するものは少なく、あまり経験したことのない刺激が楽しめますよ。

リモコン式ではないので、スイッチの入れ替えが自分ではちょっとやりにくいです。パートナーに操作してもらった方が便利かも。

ローションをタップリ使って、常に膣の中が潤っていた方が回転の気持ち良さを味わえます。




②完全防水 リニアピストンバイブ25

■やわ突きからオニ突きまで!膣を揺さぶるドリルバイブ■

ドリル バイブ
引用:NLS

ドリルタイプ ピストンタイプ
参考価格 5,544円
サイズ 本体 長さ:20cm×太さ:3.6cm
重さ
振動のバリエーション ピストンパターン:5段階/振動強度5種
おすすめ評価点 98点/100点

ドドドッと膣を揺さぶるような振動と、早いスピードでピストンを繰り返すバイブです。ブルブル震えながら、奥に入っていくので、普通のバイブとは一味違った振動を楽しめます。

やんわりとした振動にも調節できるので、最初は優しいピストンで。慣れてきたら徐々にハードな揺さぶりを楽しんでいただければと思います。

素材は高品質なシリコンなので、敏感な場所でも安心して使用できますし、完全防水なので使い終われば丸洗いが可能。お風呂の中でも使えます。

振動が膣の奥のポルチオまで届くので、使っているうちにポルチオ性感帯の開発にも一役買ってくれますよ。


購入者の口コミレビュー


ドリル バイブ
引用:NLS

5段階で調節できる奥突きノッキングが、気持ちいい刺激。すでにポルチオが開発されている人なら、気持ち良すぎて連続イキができるかも。

この商品のように、バイブ全体が前後に振動するタイプのほうが、奥まで迫ってくる快感を味わえます。

クビレがなだらかなので「抜け落ちるかな?」って思ったけど、そんなこともなく、手を放しても全然平気でした。
引用:NLS

ストレート型のバイブではありますが、挿入してしまえばハンズフリーでも大丈夫。オナニーでなら、空いた手でおっぱいを触れるので、ここも便利なポイントと言えますね。

充電式なので、電池の準備は必要ありません。




③驚愕ディルドパニック2

■小突きと身震いの2パターン!ドリルバイブの慣らしに最適!■

ドリル バイブ
引用:NLS

ドリルタイプ ピストンとローリングの2種類
参考価格 7,480円
サイズ 本体 小突き:長さ:17cm×太さ:4cm
身震い:長さ:18,7cm×太さ:3.9cm
重さ
振動のバリエーション どちらも強さ3段階4リズム
おすすめ評価点 90点/100点

ピストン運動とローリング機能の2種類のバイブが販売されています。「小突き」の方は膣の奥を突き上げるピストンの動きを。「身震い」の方は膣壁を擦るようにローリングします。

特に「身震い」の方は膣の中をトルネード状に動くので、新感覚が味わえますよ。ハード系のドリルバイブと比べるとパワーは弱いですが、こちらに慣れてから段階を踏んでハード系に進むとGOOD。

ドリルの速さはゆっくり目ですが、「身震い」の方は膣壁を擦りながらピストンするので、個人的には「身震い」推しです。

ディルドなので吸盤が付いています。床に張り付けてもいいですが、お風呂のようなツルンとした壁にくっつけてバックの体勢で挿入するのもいいですよ。

男性がリモコンを持って、前からチンポを咥えさせれば疑似3Pも楽しめます。


購入者の口コミレビュー


ドリル バイブ
引用:NLS

ディルドのサイズは大きめです。巨根好きな人におすすめのバイブ。挿入する時は、潤滑剤が必須と思ってください。

画像のように、ディルドの素材はぷにゅぷにゅですが、芯がしっかりあるので大きめでも入れやすさがあります。

「小突き」も「身震い」も、膣の奥を突き上げてくるので、ポルチオが開発されている人におすすめ。奥を突かれると痛いと感じる人は、浅めに挿入する方がいいですね。

ローターでクリを触りつつでしたが、身震いで中をこね回されながら突かれる感覚に何度も中イキしました。
引用:NLS

挿入部分はほぼディルドなので、クリバイブがついていません。クリトリスも同時刺激したい人は、レビューにあるように、ローターとの同時使いがおすすめです。




④マイバニー

■ウサギの耳のようなクリバイブを搭載したピストンバイブ■

ドリル バイブ
引用:NLS

ドリルタイプ ピストンタイプ
参考価格 12,815円
サイズ 本体 :長さ:24.4cm×太さ:3.7cm
重さ
振動のバリエーション ピストンパターン:7種/振動強度10種
おすすめ評価点 88点/100点

ピストン式のドリルバイブに、クリバイブがついたタイプです。クリバイブにもローターが内臓されているので、クリトリスが大好きな人におすすめします。

クリバイブの先端はプニプニの柔らかいシリコン。ウサギの耳のように2股に別れていて、上手い具合にクリトリスを挟んで振動を送ってくれます。

ピストンする竿部分のヘッドは硬めで挿入しやすいです。細かく上下にピストンしながら振動も与えてくれるので、初心者でも気持ち良く感じます。

充電式なので、連続稼働時間は45分とパワフル。全身をヘッド部分でゆっくりと愛撫してから挿入しても、十分な時間作動しています。

個人的には、もう少し値段が安かったら最高かな…と思いますね。


購入者の口コミレビュー


ドリル バイブ
引用:NLS

一般的なバイブよりもパワフルな分、若干音がうるさめです。その分、パワフルに膣の奥を突き上げます。挿入部分の竿は直径3.6cmなので、日本人男性のチンポと同じか若干太めです。

ヘッドの部分が硬めなので挿入しやすいですが、潤滑油は必須の太さです。

他のパイプ全部捨てていいぐらい、外も中も気持ちよくする機能が揃ってるいい商品です。ただ、うるさすぎて気が散るので、★は1つ減らして4つです。
引用:NLS

クリトリスに振動を与えながら、膣の中も激しくピストンする有能バイブですが、音は確かに気になります。

ハード系ドリルバイブよりは静かですが、布団をかぶせて使っても音漏れする感じの音量ですね。




⑤シオフキングP

■竿部分のパールがぐりぐり回転しつつ、ヘッドがピストン!■

ドリル バイブ
引用:NLS

ドリルタイプ ローリングとピストンの両方
参考価格 2,750円
サイズ 本体 :長さ:26.2cm×太さ:3.5cm
重さ
振動のバリエーション ピストンパターン:12種/振動強度6種
おすすめ評価点 80点/100点

潮吹きを促すとして一躍有名になったバイブ「シオフキング」のニューバージョンです。竿部分の蛇腹が上下しながらピストンして奥を突き上げ、回転パール部分で膣の中をローリングしてくれる代物。

値段の割に、いい仕事をしてくれます。ローリング部分の横にイボイボがあり、そこでGスポットを擦りながら、亀頭でポルチオをノックするという形状。

一見、子どものおもちゃのようなスケルトンですが、女性を責めるには十分な威力を発揮します。クリバイブも付いているので、クリトリス・Gスポット・ポルチオの3点攻めができます。

電池式なので若干のパワー不足と、作動音が大きめなのがウイークポイントと言えそうです。


購入者の口コミレビュー


ドリル バイブ
引用:NLS

前作の「シオフキング」はGスポット特化型で潮吹きを狙いましたが、今作品はポルチオを刺激するピストン型。前作ファンの人は、潮吹きできないんじゃないかと、心配するかもしれませんが、Gスポットもしっかりと刺激できるので安心してください。

竿が上下にピストンするたびに、イボイボがGスポットを擦り続けます。潮吹きをしたことがある人なら、その刺激で十分に吹けるはず。

素材が柔らかいので膣の奥を突き上げても痛くありません。柔らかな刺激で、これからポルチオを開発する人にもおすすめです。

表面のイボイボも一役買ってるようで、中をほじくられながらポルチオを突かれる快感が、病み付きになるとのことです。
引用:NLS

ポルチオを突き上げるだけでなく、膣壁も擦るのが気持ちいい原因。ローリングとピストンの両方が1本のバイブでできるという点に惹かれました。




パートナーにドリルバイブを使う時の注意点

ドリルバイブは、基本的にハードなプレイに使うもの。AVを見ていると凌辱シーンやSMのシーンで使っているのですから、それくらい刺激が強いものだと男性は理解するべきです。

パートナーが「ヤメテ〜」と言いながらイキ狂いしていると、つい「もっと狂わせたい」とS心に火が付くかもしれせんが、そこは理性を保っていただきたい。

膣やマンコは粘膜でできていて、非常に傷つきやすい場所なんです。百戦錬磨のマンコを持つ女性ならともかく、初心者には優しさファーストで、じっくりゆっくり育てていきましょう。

ドリルバイブを使う時の注意点を5つ紹介します。


ドリルバイブを使う時は必ずバイブとマンコに潤滑材を塗る

ドリルバイブの威力は男性が思うよりパワフルです。これはピストンタイプにもローリングタイプにも言えること。

挿入前は愛液で濡れていても途中で乾いてきたら、マンコに傷がつく可能性があります。特に粘膜部分は傷がつきやすい場所。

挿入する前に、マンコとバイブの両方にタップリと潤滑剤を塗って、滑りを良くしてください。

セックスで痛い思いをすると、そこから恐怖心が植え付けられて、セックス嫌いになることも…潤滑剤は
膣にも使えて、できるだけ粘度の高いものが、滑りが良くなっておすすめです。


粘膜を傷つけないためにも高速にしすぎない

AVさながらの本格的なドリルバイブを手にすると、つい興奮して最高速でピストンやローリングさせがちです。そうなると潤滑剤を使っていても、膣に傷がついてしまいます。

膣は出産のときに赤ちゃんが通る道なので意外と鈍感。プレイ中には気が付かなくても後でバイブを抜くと血が付いていた…ということもあるのです。

本格的なドリルバイブを最高速で使うのは正直言って危険。弱めのパワーでも女性は十分感じるので、女性に合わせたプレイをしましょう。


挿入部分のバイブは綺麗に洗ってから保管する

ドリルバイブに限らずですが、アダルトグッズを使用した後はきちんと洗って除菌してから保管します。膣に雑菌が入ると、膣炎や膀胱炎などの病気になることもあるのです。

アダルトグッズ専用のメンテナンスグッズがあるといいですね。コンドームが装着できるタイプなら、被せて使用することをおすすめします。

装着できないタイプは、きちんと洗って、アルコール除菌シートで拭いて、乾かしてから保管してください。


音が大きいものが多いので使う場所に気をつける

基本的にドリルバイブは音が大きいと思ってください。モノによっては、工事現場で使うドリルのような音を出すタイプもあります。

自宅に誰もいない時か、ラブホで使うのが無難ですね。普通の部屋では窓を閉めても隣の部屋に聞こえるくらいの音がします。

経験上、据え置きタイプなら、布団やクッションの上で使うと音が軽減できます。自分なりに色々工夫してみて使ってください。


ドリルバイブを使いすぎると普通のセックスで満足できない可能性も

ドリルバイブの刺激はセックスでは実現不可能です。1分間に300回のピストンなど、超人でもできる技ではありません。

ドリルバイブは機械だからこそできる動作。刺激的なプレイではありますが、使うのは時々にしておきましょう。

人間同士のセックスが一番気持ちいいと思えない身体は不幸ですよ。パートナーを調教するのもいいですが、ヤリすぎるとそれでないと満足できない身体になって、お互いに悲しい結果になるかもしれません。


パートナーを調教するためには順序立ててドリルバイブを使うのだ!

ドリルバイブには、工事現場で使うようなハードなタイプから、持ち運びできるハンドタイプまで、さまざまな種類があります。

行きつく先は、AVで見るようなハードなプレイであっても、そこまで行くには順序を踏まえるのが大事。

いきなり強力なハードタイプを登場させたら、女性は恐怖心で逃げ出してしまうかもしれません…ものには順序があります。

ライトなドリルバイブから使って徐々にパートナーを育てていけば、AV並みのプレイも夢ではありません。これこそが調教の醍醐味。

最初は記事内で紹介した「ぐるぐるハリケーン」からスタートして、最終的には工事現場のドリルのようなハードなドリルバイブが使えるように、パートナー調教していきましょう。

彼女をドMに仕立て上げたなら、こっちのものです!そうなるまで焦らずプレイしてくださいね。

以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


◯関連記事
バイブ調教プレイの基本的なやり方やバリエーション、注意点などを徹底解説
最強の2穴バイブおすすめ5選│女をイキ狂いさせる【アナルと膣の同時責めタイプ】


  • 2
  • /
  • 2
2/2 ページ目

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る